ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設(近代五種)の公募について

平成29年4月27日

1 公募趣旨
文部科学省は、トップレベル競技者が同一の活動拠点で集中的・継続的にトレーニング・強化活動を行うための活動拠点として、冬季、海洋・水辺系、屋外系のオリンピック競技、パラリンピック競技及び高地トレーニングについて既存のトレーニング施設を「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設」として指定している。今回は、平成28年度末で指定期間が満了し、次期指定施設が決定するまで指定期間の暫定延長中である近代五種の公募を行う。


2 拠点施設必須要件
 (1) 水泳:25メートルまたは50メートルの屋内プールを有すること。
  (2) フェンシング:フェンシングピスト(1.5メートル×18メートル)を6セット程度設置できる体育館を有すること。
  (3) コンバインド(射撃+ランニング):国際近代五種連合の規格に適合する電子標的用の射撃スペース(射程10メートル、射座幅1メートルほど)を20射座程度設置でき、800メートルのランニングコースを設定できるグラウンドと併設していること。
 (4) 上記の種目が同一敷地内で行えること。
  (5) 施設内にウエイトトレーニングを実施できるトレーニングスペースを有すること。
 (6) データ解析・映像分析等の医科学サポートや、メディカルスタッフが選手への対応を行える部屋を有していること。


3 指定期間
(1)指定された日から平成31年3月末日までとする。ただし、指定期間終了時に公益財団法人日本オリンピック委員会(以下「JOC」という)及び中央競技団体(以下「NF」という)の意向を踏まえ、指定施設の同意が得られたときは1年間延長する。さらに1年間の延長時終了時も同様とし、延長時における最大の指定期間は平成33年3月末日までとする。
(2)文部科学省は、指定期間内であっても、次の事項のいずれかに該当する場合は、指定を解除する。
1)NTC競技別強化拠点施設において、スポーツ庁が委託する「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設活用事業」の実施が困難になった場合。
2)指定施設の設置者が指定の解除を求めた場合。
3)JOCが合理的な理由により指定施設の変更又は解除を求め、文部科学省が承認した場合。
4)NTC競技別強化拠点施設において、JOCに加盟するNFが行う選手強化等の事業の利用実績が少なく施策の効果が得られないなど、文部科学省が指定を解除することが適当と判断した場合。
5)当該施設がNTC競技別強化拠点施設としての拠点施設必須条件に合致しなくなった場合。


4 公募に参加する者に必要な資格に関する事項
(1)予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。
なお、未成年者、被保佐人又は被補助人であって、契約の締結のために必要な同意を得ている者は、同条中、特別の理由がある場合に該当する。
(2)文部科学省の支出負担行為担当官等から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと。


5 公募申請書の提出方法等
(1)公募申請書の提出方法
1)申請様式は、別紙1のとおりとする。
2)用紙サイズはA4縦判、横書きとする。
3)公募申請書は、記載例を参考にして、日本語で記載するものとする。
4)提出は、公募申請書15部を送付(受領の確認ができる方法が望ましい)又は持参した上で、E-mailにより下記(2)のアドレス宛に送信すること。
(2)公募申請書提出場所及び問合せ先
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
     スポーツ庁競技スポーツ課 整備係
電話番号     03-6734-3492(直通)
ファクシミリ番号 03-6734-3793
E-mail      kyosport@mext.go.jp
(3)公募申請書の提出期限
平成29年5月26日(金曜日)必着(持参及びメールは18時まで)
(4)その他
    公募申請書の作成費用については、選定結果にかかわらず申請者が負担するものとする。また、提出された公募申請書については返却しない。


6 選定方法等
(1)選定方法
選定委員会において、提出された公募申請書にて書類選考を実施する。
なお、指定する拠点施設は原則として1競技1施設とする。
(2)審査基準
別紙2審査基準のとおり


7 誓約書の提出等
(1)本公募に申請を希望する者は、公募申請書の提出時に、暴力団等に該当しない旨の別添の誓約書(別紙3)を提出しなければならない。
(2)前項の誓約書を提出せず、又は虚偽の誓約をし、若しくは誓約書に反することとなったときは、当該者の公募申請書を無効とするものとする。
(3)前2項は、地方公共団体、独立行政法人及び国立大学法人には適用しない。


8 指定に当たっての条件
(1)指定期間内における拠点施設の運営に当たっては、NFが行う選手強化等事業が優先されるよう、最大限配慮するものとする。
(2)スポーツ庁は、拠点施設本来の維持及び管理に要する一切の経費を負担しないものとする。


9 スケジュール(予定)
(1)募集締切:平成29年5月26日(金曜日)
(2)審査:平成29年5月下旬
(3)指定:平成29年6月上旬


10 その他
スポーツ庁は、原則として、NTC競技別強化拠点施設の設置者又は指定管理者等に対して、「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設活用事業」を予算の範囲内で委託する。事業に係わる事項については、「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設活用事業委託要項」等によるものとする。
委託の契約締結については、選定の結果、契約予定者と事業計画書を基に契約条件を調整するものとする。なお、契約金額については事業計画書の内容を勘案して決定するため、契約予定者の提示する金額と必ずしも一致しない。また、契約書締結後でなければ事業に着手できないため、事業計画書作成に当たっては、事業開始日に柔軟性を持たせた上で作成する必要があることに十分留意すること。なお、再委託先がある場合は、この旨を再委託先にも十分周知すること。なお、契約条件等が合致しない場合には契約締結を行わない場合がある。

※ 国の契約は、契約書を締結(契約書に契約の当事者双方が押印)したときに確定することとなるため、契約予定者として選定されたとしても契約書締結後でなければ事業に着手できないことに十分留意すること。なお、再委託先がある場合は、この旨を再委託先にも十分周知すること。

お問合せ先

スポーツ庁競技スポーツ課

電話番号:03-5253-4111(内線3492)
ファクシミリ番号:03-6734-3793

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Word Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Word形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Excel Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Excel形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Excelが必要です。
Microsoft Excelをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ庁競技スポーツ課)

-- 登録:平成29年04月 --