文科省政策創造エンジン 熟議カケアイ

おすすめ熟議

熟議(じゅくぎ)カケアイ宣言

子どもたちは、どう育ち、育てられ、未来の日本をつくっていくのでしょうか。

今、この国の教育は大きな困難と不確実な岐路に立っています。
複雑で多様な問題をどのように解決し、どんな将来像を描いていくのか。

文科省の教育政策にとっていちばん必要なもの。原点にあるもの。
それは、ビビッドでリアルな現場の声にあると考えました。

教育者、保護者、市民、識者、教員をめざす若者たちの声やつぶやきが集まり、自由に議論される場をつくる。議論が議論を呼び、「熟議」されていき、政策形成が確かになっていく。そして、その政策が次の入り口になっていく。

この市民主役のプロセスこそ、今、求められており、実行しなければいけないものだと考えました。

熟議カケアイ。参加してください。
子どもたちの教育が変われば、日本の未来が変わります。

<<「リアル熟議」の実施状況について>>
対面で行う「リアル熟議」を全国で開催しています。
全国リアル熟議実施結果・予定一覧
「リアル熟議(現場対話)」開催のお誘い

熟議(じゅくぎ)カケアイ宣言

リアル熟議

ネット熟議



文部科学省では、学校・家庭・地域の教育現場の方々の声を集め、「熟議」を通じて教育政策を創り出すことを目指して、平成22年4月にWebサイト「熟議カケアイ」を開設し、教育現場での対面での 熟議(リアル熟議)と、インターネットでの熟議(ネット熟議)を実施してまいりました。

平成25年度からは、リアル熟議の推進に重点を置くこととし、ネット熟議は終了いたしました。また、Webサイト「熟議カケアイ」も閉鎖いたしました。

ネット熟議では、各種の政策課題等について約20テーマで熟議が実施され、全国47都道府県・海外(登録者約3千人)から約1万5千件の声をお寄せ頂きました。御礼申し上げます。なお、熟議に関する資料やネット熟 議のこれまでの議論は、本ホームページから引き続き御覧いただけます。