ここからサイトの主なメニューです

民間企業の研究活動に関する調査-調査の概要

調査の目的

民間企業の研究活動の動向を把握、分析することにより、今後の科学技術政策の立案・推進に資する。

調査の沿革

調査開始年

昭和43年(1968年)

調査の根拠法令

統計法

調査の対象

総務省「科学技術研究調査」において、社内で研究開発活動を行っていると回答した資本金1億円以上の民間企業に悉皆で行う。

抽出方法

全数調査

調査事項

「研究開発費」「研究開発者」の次年度見込みに関する質問や、「採用した研究開発者の資質」などの継続的に調査している項目の他に、毎年重点となる分野を定めている。

調査票

調査の時期

調査周期

毎年

調査期日

調査開始から1カ月

調査の方法

調査系統

NISTEP-(委託業者)-調査客体

調査票の配布収集方法

対象企業の研究開発部門等に調査票を郵送し、記入された調査票を郵送又はインターネット回答により回収。

お問合せ先

科学技術・学術政策研究所 第2研究グループ

(科学技術・学術政策研究所 第2研究グループ)

-- 登録:平成22年04月 --