ここからサイトの主なメニューです

学術情報基盤実態調査(旧大学図書館実態調査)-用語の解説

大学図書館編

2.個別事項

1.図書館・室の職員

 1-1 職務内容別

  • 「管理職」には、課長補佐、事務長補佐相当以上を含む。館長・分館長及び副館長は専任の場合のみ含む。
  • 「その他」は、「管理職」、「一般」、「専門」、「業務全般」以外の業務に従事する職員の数である。
  • 「業務全般」は、業務分掌が不明確か、あるいは業務分担がなく、業務全般に従事する職員の数である。

  1-2 資格別

  •  「情報処理技術者」は、「情報処理の促進に関する法律」に定める「情報処理技術者試験」に合格している職員の数である。
  • 「司書」、「司書補」は、それぞれ「図書館法」にいう「司書」、「司書補」の資格を持つ職員の数である。
  • 「国立大学法人等職員採用試験」は、国立大学図書館職員のうち、「国立大学法人等職員採用試験」、人事院が平成15年度まで行っていた「国家公務員採用2種試験(図書館学)」(昭和47年度から59年度まで実施されていた「国家公務員採用上級・中級試験(図書館学)」及び昭和38年度から46年度まで人事院と文部省が共同で行った「国立学校図書専門職員採用試験」を含む)の合格者数である。

2.施設・設備

 2-1 面積、閲覧座席数

  • 「サービススペース;閲覧スペース」は、学生用、教員用等の閲覧スペースである。
  • 「サービススペース;視聴覚スペース」は、映写室、マイクロリーダー室等の視聴覚資料の利用スペースである。
  • 「サービススペース;情報端末スペース」は、OPAC専用端末コーナー、CD-ROM等の電子資料の利用や、ネットワーク接続のためのコンピュータが設置されたスペースである。
  • 「サービススペース;その他」は、ラーニング・コモンズ、ロビー、ロッカー室、出納ホール、休憩室、展示室、語学研修室等である。

 2-2 書架収容力

  • 「収容可能冊数」には、既に使用されている部分を含めて棚板90cmあたり25冊で計算したものを集計している。

3.蔵書数

  • 「雑誌」は、少なくとも2か年以上継続して受け入れ、かつ2か年以上保存しているもののみを示す。 学術雑誌の他、一般の雑誌も含む。
  • 「電子ジャーナル」は、オンライン及び電子媒体によって配布された学術雑誌(ジャーナル)で、図書館が購入しており、掲載論文等の「本文」が読めるものを示す。「出版社」は、出版社(学協会を含む)から購入している数、「その他」は、多くの出版社の電子ジャーナルを包括的に収集・提供するサービスを行う業者(いわゆる「アグリゲータ」)から購入している数を示す。
  • 「電子書籍」は、オンライン及び電子媒体によって配布された書籍で、図書館が購入しており「本文」が読めるものを示す。
  • 「データベース」は、オンライン及び電子媒体によって配布されたデータベースで、図書館が購入しているものを示す。検索が主たる目的であるものを指し、「ジャーナル」や「書籍」の「本文」が読めるものは除く。

4.図書・雑誌受入数(前年度)

 4-1 図書受入数

  • 「寄贈」には、他大学等との交換を含む。
  • 「その他」は、雑誌を合冊・製本し図書台帳に記載した、いわゆる図書扱いしたもの、学内において移管したもの等の数である。

 4-2 雑誌受入数

  • 「その他」は、「購入」、「寄贈」以外で、図書館又は大学の予算で自家生産したもの及び移管したものなどの数である。

5.サービス状況

 5-1 開館状況

  • 図書館職員が常駐せず、自動(無人)入退館管理システム等により開館している時間、日についても、開館時間、開館日数に含める。
  • 「授業実施日」とは、平日・土曜日・日曜日・祝日等に限らず、図書館が所属する学部・学科において、大学が定めた通常授業及び試験が行われる日を指す。

6.経費

 6-1 図書館資料費

  • 「図書館資料費」には、図書、雑誌、新聞等の印刷資料だけでなく、電子ジャーナル、電子書籍、データベース、各種の写本、文書、マイクロフィルム、マイクロフィッシュ、カセットテープ、CD、DVD、ビデオテープ、小型ハードディスク、その他情報の媒体として図書館が収集し利用者に提供する必要のあるものを示す。

 6-2 図書館・室運営費

  • 「人件費」には、専任職員に支払われた給与、臨時職員、アルバイトの賃金、講師謝金等を含める。館長・分館長・副館長の給与については専任の場合のみ含める。法定福利費及び退職金は除外する。

7.外部委託業務について

  • この外部委託には、非常勤教員を雇用して館内で行う業務は除く。

9.他機関との連携について

  • 「他機関との連携」には、国立大学図書館協会、公立大学協会図書館協議会、私立大学図書館協会や、大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)など、包括的な協会・連合体やその支部協会等は除く。

10.電子図書館的機能について

  • 「電子的サービス」とは、ウェブサイト等を通じてオンラインで電子的に提供される図書館サービスを示す。
  • 「情報検索サービス」とは、二次情報を主体として提供しているサービスを示す。
  • 「依頼申込サービス」とは、利用者がウェブ上で各種依頼の申し込みができるサービスを示す。
  • 「閲覧・検索方法」の「学外サービス」とは、自大学以外が構築ないし提供しているデータベースや検索システムを利用して、自大学のデジタル化資料を検索できたり、閲覧できたりするものを示す。

11.機関リポジトリについて

  • 本調査の対象である「機関リポジトリ」とは、OAI-PMHに準拠しており、全学的なものの数である。
  • 「JAIRO Cloud」とは、国立情報学研究所の提供する共用リポジトリサービスである。

12.アクティブ・ラーニング・スペースについて

  • 本調査の対象である「アクティブ・ラーニング・スペース」とは、複数の学生が集まって、電子情報も印刷物も含めた様々な情報資源から得られる情報を用いて議論を進めていく学習スタイルを可能にするために提供されるスペースである。その際、コンピュータ設備や印刷物を提供するだけでなく、それらを使った学生の自学自習を支援する人的サービスも提供する。

コンピュータ及びネットワーク編

2.個別事項

1.組織・運営体制

 1-1 情報戦略の策定状況

  • 「情報戦略」とは、大学におけるコンピュータやネットワークといった学術情報基盤を持続的に整備・運営するための全学的な計画を指す。

 1-2 コンピュータやネットワークの管理・運用の実務を行う主たる組織

  • 「コンピュータやネットワーク」とは、大学において全学的な利用を目的としたものを指す。研究室・教室内等建物の一部のみで利用するものは除いている。
  • 「職種・職務別」において、管理職は課長補佐や事務長補佐相当以上を指している。

 1-3 業務の外部委託の状況

  • 「コンピュータやネットワークの管理・運用の実務を行う主たる組織」における業務の外部委託の状況についての回答である。
  • 非常勤職員を雇用して学内で行う業務は除いている。

4.教育への活用

 4-1 情報リテラシー教育

  • 「情報リテラシー」とは、コンピュータやネットワークの基礎的な理解、コンピュータやソフトウェアの操作、情報検索能力等を指す。

 4-2 ネットワークを介した遠隔教育

  • 「遠隔教育」とは、インターネット等を用いた授業で、大学等において面接授業に相当する教育効果を有すると認めるものを指す。
  • 「単位付与」とは、履修することにより進級・卒業の要件となる単位を取得できる授業等のことを指し、「単位なし」とは履修してもそのような単位を取得できない授業等を指す。

 4-3 講義のデジタルアーカイブ化

  • 「双方向の参加が可能な講義」とは、インターネット上でオンライン講座として公開し、講義だけでなく、試験問題やフィードバック等を提供することが可能な講義として配信されるものを指す。

5.セキュリティ

 5-1 セキュリティ対策の実施状況

  • ここでいう「セキュリティ機器の経費」とは、機器購入費・機器保守に係る維持管理経費等を指す。
  • ここでいう「セキュリティソフトウェアの経費」とは、全学的なコンピュータに対するウイルス対策ソフトや、セキュリティ機器管理・監視ソフトウェア等に係る購入・契約経費等を指す。
  • ここでいう「セキュリティ対策に係るその他の経費」とは、機器経費・ソフトウェア経費・人件費以外の経費を指す。

 5-2 認証基盤の構築

  • ここでいう「学内認証基盤」とは、一つのユーザーID・パスワード又は公開鍵暗号方式等による電子認証などを活用して、教職員や学生等が学内に複数ある情報システムを利用可能とするシステムのことを指す。
  • ここでいう「シングルサインオン」とは、認証を一元的に行うサーバを通じて一度ログインすることにより、ユーザー認証を前提とした各種サービスを受けられるようになる仕組みのことを指す。

6.高速計算機

  • ここでいう「高速計算機」とは、科学技術計算用の高速計算機(最大理論性能が10TFLOPS以上)を指す。※平成24年度までは、基準となる最大理論性能を100GFLOPS以上としていたが、平成25年度より1.5TFLOPS、平成28年度より10TFLOPSとしている。

7.クラウドの運用

  • ここでいう「クラウドの運用」とは、大学における電子メールシステム、ファイルサーバ、ホームページサーバ等情報システムの一部または全部を、学内の情報センター等または学外の施設に集約して運用していることを指す。

お問合せ先

研究振興局参事官(情報担当)付学術基盤整備室

(研究振興局参事官(情報担当)付学術基盤整備室)

-- 登録:平成22年04月 --