ここからサイトの主なメニューです

学校における教育の情報化の実態等に関する調査-用語の解説

教員

校長、副校長、教頭、教諭、助教諭、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭、常勤講師をいう。

教育用コンピュータ

主として教育用に利用しているコンピュータのことを表す。

クラス用コンピュータ

普通教室又は特別教室等において児童生徒が1人1台あるいは数人に1台で使用するために配備された可動式コンピュータをいう。

教員の校務用コンピュータ

教育用コンピュータ以外の、主として教員が校務に使用するコンピュータのことを表す。

超高速インターネット

接続回線速度(理論上の最大値)が30Mbps以上のもの。

特別教室等

以下の教室等をいう。
教科専用の教室(理科室、音楽室等)及び準備室、多目的教室(新世代型学習空間等)、特別支援学級教室、視聴覚室、実習室、学校図書館(室)、進路資料・指導室、自立学習室及び準備室、保健室・教育相談室(心の教室)

教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数[人/台]

児童生徒数を教育用コンピュータ総台数で除したものである。

普通教室のLAN整備率[パーセント]

全普通教室数のうち、LANに接続している普通教室数の割合としている。

超高速インターネット接続率[パーセント]

超高速回線(30Mbps以上)に接続している学校数をインターネット接続総学校数で除したものである。

教員の校務用コンピュータ整備率[パーセント]

教員の校務用コンピュータ台数を教員数で除したものである。

お問合せ先

生涯学習政策局情報教育課

-- 登録:平成22年04月 --