ここからサイトの主なメニューです

科学技術要覧 平成21年版

目次

【1】海外及び日本の科学技術活動の概要

(1)研究費 

1 研究費総額
1‐1 主要国等の研究費の推移
1‐1‐1 主要国等の研究費の推移(IMF為替レート換算)
1‐1‐2 主要国等の研究費の推移(OECD購買力平価換算)
1‐2 主要国等の研究費対国内総生産(GDP)比の推移

2 研究費の負担及び使用
2‐1 主要国等の研究費の負担
2‐1‐1 主要国等の組織別研究費負担割合
2‐1‐2 主要国等の政府負担研究費の推移(IMF為替レート換算)
2‐1‐3 主要国等の政府負担研究費の推移(OECD購買力平価換算)
2‐1‐4 主要国等の政府負担研究費割合の推移(国防研究費を含む)
2‐1‐5 主要国等の政府負担研究費割合の推移(国防研究費を除く)
2‐1‐6 主要国等の政府負担研究費対国内総生産(GDP)比の推移
2‐2 主要国等の研究費の使用
2‐2‐1 主要国等の組織別研究費使用割合
2‐2‐2 主要国等の組織別実質研究費の推移
2‐3 主要国等の研究費の流れ
2‐3‐1 日本(2007年度)
2‐3‐2 米国(2007年度)
2‐3‐3 ドイツ(2006年度)
2‐3‐4 フランス(2006年度)
2‐3‐5 英国(2006年度)
2‐3‐6 中国(2007年度)
2‐3‐7 韓国(2006年度)
2‐3‐8 ロシア(2007年度)

3 研究者1人当たり研究費
3‐1 主要国等の研究者1人当たり研究費
3‐2 日本の研究者1人当たり研究費
3‐2‐1 日本の研究者1人当たり研究費の推移(組織別)
3‐2‐2 日本の企業等の研究者1人当たり研究費(産業別(上位5業種))(平成19年度)
3‐2‐3 日本の大学等の教員1人当たり研究費(組織別・学問別(自然科学系))(平成19年度)

4 性格別研究費
4‐1 主要国等の性格別研究費
4‐1‐1 主要国等の性格別研究費割合
4‐1‐2 主要国等の基礎研究費割合の推移
4‐2 日本の性格別研究費
4‐2‐1 日本の性格別研究費割合(組織別)(平成19年度)
4‐2‐2 日本の性格別研究費割合の推移(組織別)

5 産業別研究費
5‐1 主要国等の製造業の業種別研究費割合(各国毎)
5‐2 主要国等の研究費総額(産業)に占めるサービス業の割合の推移

6 日本の組織別研究費
6‐1 日本の組織別使用研究費の推移
6‐2 日本の負担源別研究費の推移
6‐3 日本の企業等の研究費の推移(産業別)
6‐4 日本の非営利団体・公的機関の研究費の推移(組織別)
6‐5 日本の大学等の研究費の推移
6‐5‐1 日本の大学等の研究費の推移(組織別)
6‐5‐2 日本の大学等の研究費の推移(学問別(自然科学))

7 日本の費目別研究費
7‐1 日本の費目別研究費の推移
7‐2 日本の企業等の費目別研究費割合((産業別)主要製造業)(平成19年度)
7‐3 日本の非営利団体・公的機関の費目別研究費割合(平成19年度)
7‐4 日本の大学等の費目別研究費割合(組織別・学問別(自然科学系))(平成19年度)

(2)研究人材

8 研究者数
8‐1 主要国等の研究者数の推移
8‐2 主要国等の人口及び労働力人口1万人当たりの研究者数の推移
8‐2‐1 主要国等の人口1万人当たりの研究者数
8‐2‐2 主要国等の労働力人口1万人当たりの研究者数
8‐3 主要国等の研究者数の組織別割合
8‐4 日本の研究者数の推移(組織別)
8‐5 日本の女性研究者数と研究者総数に占める女性研究者数の割合の推移
8‐6 日本の企業等の研究者数
8‐6‐1 日本の企業等の産業別研究者数割合(平成20年)
8‐6‐2 日本の企業等の専門別研究者数割合(平成20年)
8‐6‐3 日本の企業等における従業者1万人当たりの研究者数(産業別(上位5業種))(平成20年)
8‐7 日本の非営利団体・公的機関の研究者数
8‐7‐1 日本の非営利団体・公的機関の研究者数の推移(組織別)
8‐7‐2 日本の非営利団体・公的機関の専門別研究者数割合(組織別)(平成20年)
8‐8 日本の大学等の研究者数
8‐8‐1 日本の大学等の研究者数の推移(組織別)
8‐8‐2 日本の大学等の専門別研究本務者数の推移
8‐8‐3 日本の大学等の専門別研究本務者数の推移(自然科学)
8‐8‐4 日本の大学等の職種別研究本務者数割合(組織別)(平成20年)
8‐8‐5 日本の大学等の学問別研究本務者数割合(自然科学)(生成20年)

9 研究関係従業者数
9‐1 主要国等の研究者1人当たりの研究支援者数
9‐2 日本の研究関係従業者数の推移
9‐3 日本の研究者1人当たりの研究支援者数の推移(組織別)
9‐4 日本の研究関係従業者割合(組織別)(平成20年)

10 研究人材の輩出と雇用
10‐1 研究人材の輩出
10‐1‐1 主要国の学部・大学院に在籍する全学生数に占める大学院学生数の割合
10‐1‐2 主要国の学位取得者数(自然科学系)(全体(大学院段階))
10‐1‐3 主要国の学位取得者数(自然科学系)(博士)
10‐1‐4 日本の学位取得者数の推移(自然科学系)(修士)
10‐1‐5 日本の学位取得者数の推移(自然科学系)(博士)
10‐2 研究人材の雇用
10‐2‐1 日本の大学の学位別進路動向(平成20年3月)(大学卒業時)
10‐2‐2 日本の大学の学位別進路動向(平成20年3月)(修士課程終了時)
10‐2‐3 日本の大学の学位別進路動向(平成20年3月)(博士課程終了時)
10‐2‐4 日本の主要産業における専門別採用状況(平成20年3月)
10‐2‐5 日本の主要産業における学位別採用状況(平成20年3月)

(3)研究成果

11 論文
11‐1 論文数占有率と被引用回数占有率
11‐1‐1 主要国等の論文数占有率と被引用回数占有率の推移(単年度)
11‐1‐2 主要国等の論文数占有率と被引用回数占有率の推移(5年累積)
11‐2 論文の相対的被引用度
11‐2‐1 主要国等の論文相対被引用度の推移
11‐2‐2 日本の分野別相対被引用度
11‐3 分野別論文数
11‐3‐1 主要国等の分野別論文数割合
11‐3‐2 日本の分野別論文数占有率
11‐4 日本の分野別論文相対比較優位の推移

12 特許
12‐1 主要国等の特許出願・登録動向
12‐1‐1 主要国等の特許出願件数の推移
12‐1‐2 主要国等のPCT出願件数(2006年)
12‐1‐3 主要国等の特許登録件数の推移
12‐1‐4 主要国等のPCT登録件数(2006年)
12‐2 日本人の外国への特許出願及び登録件数
12‐2‐1 日本人の外国への特許出願件数の推移
12‐2‐2 日本人の外国での特許登録件数の推移
12‐3 日本における特許出願・登録動向
12‐3‐1 日本における特許出願件数の推移
12‐3‐2 日本における特許登録件数の推移
12‐4 日本での外国人による特許出願及び登録件数
12‐4‐1 日本での外国人による特許出願件数の推移
12‐4‐2 日本での外国人による特許登録件数の推移

13 技術貿易
13‐1 主要国における技術貿易額の推移
13‐2 主要国における技術貿易収支比の推移
13‐3 日本と各国(地域)との技術貿易動向
13‐3‐1 日本と主要国との技術貿易収支比の推移
13‐3‐2 日本の技術貿易における国(地域)別構成比(平成19年度)
13‐3‐3 日本の地域別技術貿易額(平成19年度)
13‐4 日本の産業別技術貿易動向
13‐4‐1 日本の主要産業別技術貿易額の推移
13‐4‐2 日本の主要産業別技術貿易収支比の推移

14 ハイテク産業
14‐1 主要国等のハイテク産業の輸出額占有率動向
14‐1‐1 OECD諸国におけるハイテク産業輸出額国別占有率の推移
14‐1‐2 OECD諸国におけるハイテク産業別輸出額占有率(2006年(平成18年))
14‐2 日本の全製造業・ハイテク産業の輸出入額の推移
14‐3 主要国等のハイテク産業貿易収支比の推移
14‐4 日本のハイテク産業の産業別貿易収支(平成18年(2006年))

【2】日本の科学技術  

15 総括
15‐1 研究費等の推移
15‐2 組織別研究実施機関数の推移
15‐3 組織別研究費の推移
15‐4 負担源別研究費の推移
15‐5 性格別研究費の推移
15‐6 費目別研究費の推移
15‐7 特定目的別研究費の推移
15‐8 研究関係従業者数の推移
15‐9 組織別研究者数の推移
15‐10 学問・専門・組織別研究者数(平成20年)
15‐11 組織別研究者1人当たりの研究費の推移
15‐12 学位授与数
15‐13 学生数及び卒業者数
15‐13‐1 大学
15‐13‐2 大学院修士課程・博士課程
15‐14 卒業生の進路
15‐14‐1 大学卒業者(平成20年3月卒業)
15‐14‐2 大学院修了者(平成20年3月修了)
15‐15 技術士
15‐15‐1 技術士の第二次試験合格者及び登録者数の推移(技術士)
15‐15‐2 技術士の第一次試験合格者及び登録者数の推移(技術士補)

16 企業等
16‐1 産業・資本金規模別研究費(平成18,19年度)
16‐2 産業・資本金規模・性格別研究費(平成19年度)
16‐3 産業・資本金規模・費目別研究費(平成19年度)
16‐4 産業別研究費の対売上高比率(会社)(平成18,19年度)
16‐5 産業・資本金規模別研究関係従業者数(平成20年度)
16‐6 産業・資本金規模別研究者数の推移(平成18~20年)
16‐7 産業・学問別研究者数(平成20年)

17 非営利団体・公的機関
17‐1 組織・学問別研究費の推移
17‐2 組織・学問・費目別研究費(平成19年度)
17‐3 組織・学問別研究関係従業者数(平成20年)
17‐4 組織・学問別研究者数の推移
17‐5 組織・学問別研究者数(平成20年)

18 大学等
18‐1 組織・学問別研究費の推移
18‐2 組織・学問・費目別研究費(平成19年度)
18‐3 組織・学問別研究関係従業者数(平成20年)
18‐4 組織・学問別研究者数の推移
18‐5 組織・学問・職種別研究者数(平成20年)
18‐6 組織・学問別研究者数(平成20年)

19 技術貿易
19‐1 技術貿易額の推移
19‐2 産業別技術貿易額の推移
19‐2‐1 対価受取額
19‐2‐2 対価支払額
19‐3 地域・国別技術貿易額の推移
19‐3‐1 対価受取額
19‐3‐2 対価支払額
19‐4 産業・地域別技術貿易額(平成19年度)
19‐5 日本の主要業種における技術貿易の国(地域)別収支(平成19年度)

20 特許
20‐1 日本人・外国人別特許件数の推移
20‐1‐1 出願
20‐1‐2 登録
20‐2 部門別特許件数の推移
20‐2‐1 出願
20‐2‐2 登録
20‐3 日本における国籍別特許件数の推移
20‐3‐1 出願
20‐3‐2 登録
20‐4 日本人の外国への特許件数の推移
20‐4‐1 出願
20‐4‐2 登録
20‐5 日本人の外国・自国別特許件数の推移
20‐5‐1 出願
20‐5‐2 登録

21 産学連携
21‐1 国立大学等と民間等との共同研究実施件数の推移

22 国際交流
22‐1 地域別交流者数(派遣)(平成18年度)
22‐2 地域別交流者数(受入)(平成18年度)
22‐3 国別(上位10か国)交流者数(派遣)(平成18年度)
22‐4 国別(上位10か国)交流者数(受入)(平成18年度)
22‐5 研究者交流の推移

23 科学技術関係経費
23‐1 科学技術関係経費の推移
23‐2‐1 項目別
23‐2‐2 府省庁別
23‐2‐3 組織別
23‐2 政府関係試験研究機関等における科学技術関係経費の推移
23‐3 宇宙開発関係予算の推移
23‐4 原子力関係予算の推移
23‐5 海洋科学技術関連経費の推移
23‐6 地震調査研究関係予算の推移
23‐7 競争的資金

24科学技術行政機構図

【3】各国の科学技術  

25 総括
25‐1 米国
25‐2 ドイツ
25‐3 フランス
25‐4 英国
25‐5 欧州連合(EU‐15)
25‐6 欧州連合(EU‐27)
25‐7 中国
25‐8 韓国
25‐9 ロシア
25‐10 その他

26 研究費
26‐1 組織別研究費の推移
26‐2 性格別研究費割合

27 科学技術関係予算

28 研究人材
28‐1 組織別研究者数の推移
28‐2 研究関係従業者数
28‐3 専攻分野別学位取得者数の推移

29 技術貿易額

30 特許
30‐1 特許件数の推移
30‐1‐1 出願
30‐1‐2 登録
30‐2 国籍別特許件数
30‐2‐1 出願(2007年)
30‐2‐2 登録(2007年)

31 ノーベル賞及びフィールズ賞の各国別受賞者数

32 各国の科学技術の概要
32‐1 米国
32‐1‐1 米国 組織別研究費の推移
32‐1‐2 米国 負担源別研究費割合の推移
32‐1‐3 米国 性格別研究費の推移
32‐1‐4 米国 組織別研究者数の推移
32‐2 欧州連合
32‐2‐1 欧州連合 組織別研究費の推移
32‐2‐2 欧州連合 負担源別研究費割合の推移
32‐2‐3 欧州連合 組織別研究者数の推移
32‐3 ドイツ
32‐3‐1 ドイツ 組織別研究費の推移
32‐3‐2 ドイツ 負担源別研究費割合の推移
32‐3‐3 ドイツ 性格別研究費の推移
32‐3‐4 ドイツ 組織別研究者数の推移
32‐4 フランス
32‐4‐1 フランス 組織別研究費の推移
32‐4‐2 フランス 負担源別研究費割合の推移
32‐4‐3 フランス 性格別研究費の推移
32‐4‐4 フランス 組織別研究者数の推移
32‐5 英国
32‐5‐1 英国 組織別研究費の推移
32‐5‐2 英国 負担源別研究費割合の推移
32‐5‐3 英国 組織別研究者数の推移
32‐6 中国
32‐6‐1 中国 組織別研究費の推移
32‐6‐2 中国 負担源別研究費割合の推移
32‐6‐3 中国 性格別研究費の推移
32‐6‐4 中国 組織別研究者数の推移
32‐7 韓国
32‐7‐1 韓国 組織別研究費の推移
32‐7‐2 韓国 負担源別研究費割合の推移
32‐7‐3 韓国 性格別研究費の推移
32‐7‐4 韓国 組織別研究者数の推移
32‐8 カナダ
32‐8‐1 カナダ 組織別研究費の推移
32‐8‐2 カナダ 負担源別研究費割合の推移
32‐8‐3 カナダ 組織別研究者数の推移
32‐9 ロシア
32‐9‐1 ロシア 組織別研究費の推移
32‐9‐2 ロシア 負担源別研究費割合の推移
32‐9‐3 ロシア 組織別研究者数の推移
32‐9‐4 ロシア 組織別研究者数の推移

33 科学技術行政機構図
33‐1 米国
33‐2 欧州連合
33‐3 ドイツ
33‐4 フランス
33‐5 英国
33‐6 中国
33‐7 韓国
33‐8 カナダ

附属資料  

34 日本の財政
34‐1 一般会計、特別会計、政府関係機関及び財政投融資の推移
34‐2 一般会計歳出予算の推移

35 日本の研究費デフレータ

36 主要国等のGDP(国内総生産)デフレータ

37 主要国等の通貨の円換算率
37‐1 IMF為替レート
37‐2 購買力平価による円換算率

お問合せ先

科学技術・学術政策局調査調整課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局調査調整課)

-- 登録:平成21年以前 --