ここからサイトの主なメニューです

平成15年度学校基本調査 調査結果の概要(高等教育機関) 卒業後の状況調査

1   大学(学部)卒業者

(1) 卒業者数
   平成15年3月に大学(学部)を卒業した(年度途中の卒業者を含む。以下同じ。)は,54万5千人(男子32万7千人,女子21万7千人)で前年より3千人減少している。
   これを設置者別にみると,国立10万3千人(前年より1千人減),公立2万1千人(1千人増),私立42万1千人(3千人増)となっている。

(2) 卒業者の進路(表14,図4)
   卒業者を進路別にみると,「大学院等への進学者」(就職し,かつ進学した者を含む。以下同じ。)6万2千人(全卒業者数の11.4パーセント),「就職者」(就職し,かつ進学した者を除く。)30万人(同55パーセント),「臨床研修医」(予定者を含む。以下同じ。)8千人(同1.5パーセント),「一時的な仕事に就いた者」2万5千人(同4.6パーセント),「左記以外の者」12万3千人(同22.5パーセント),「死亡・不詳者」2万7千人(同4.9パーセント)となっている。
ア. 進学状況
1    大学院等への進学者数は6万2千人(男子4万6千人,女子1万6千人)で,前年より3千人増加している。
2    進学率(卒業者のうち大学院等への進学者及び就職し,かつ進学した者の占める比率。以下同じ。)は11.4パーセント(男子14.2パーセント,女子7.3パーセント)で,前年より0.5ポイント上昇している。
イ. 就職状況(表15,図5〜図10)
1    就職者総数(「大学院等進学者のうち就職している者」を加えた全就職者数。以下同じ。)は,30万人(男子17万2千人,女子12万8千人)で,前年より1万2千人減少している。
2    就職率(卒業者数のうち就職者総数の占める比率。以下同じ。)は,55.1パーセント(男子52.6パーセント,女子58.8パーセント)で,前年より1.8ポイント低下している。
3    就職率を関係学科別にみると,「家政」が68.1パーセントで最も高く,次いで「社会科学」60.3パーセント等の順となっている。

図4 大学(学部)卒業者の進路状況

表14 進路別卒業者の推移(大学[学部])

表15 関係学科別就職者率の推移(大学[学部])

            4    就職者総数を産業別にみると,「卸売・小売業」が19.2パーセントで最も高く,次いで「製造業」15.4パーセント,「サービス業(他に分類されないもの)」13.3パーセント,「情報通信業」「金融・保険業」8.9パーセント等の順となっている。
   また,男女別にみると,男子は「卸売・小売業」20.8パーセント,「製造業」18.4パーセント,「サービス業(他に分類されないもの)」13.1パーセント等の順となっており,女子は「卸売・小売業」17パーセント,「医療,福祉」13.9パーセント,「サービス業(他に分類されないもの)」13.5パーセント等の順となっている。

図6 産業別就職者数の比率(学部)     図7 男女別就職者数の比率(学部)

*    平成14年3月の日本標準産業分類の改訂に伴い,調査項目を変更している。
(p.560「附属資料   5   日本標準産業分類の改訂概要」を参照。以下図15も同じ。)

            5    就職者総数を職業別にみると,「事務従事者」が33.3パーセントで最も高く,次いで「専門的・技術的職業従事者」32.9パーセント(うち技術者18.2パーセント,保健医療従事者5.3パーセント,教員4.2パーセント等),「販売従事者」23.6パーセント等の順となっている。
   また,男女別にみると,男子は「専門的・技術的職業従事者」33パーセント(うち技術者25.7パーセント,教員2.3パーセント,保健医療従事者2パーセント等),「販売従事者」27.8パーセント,「事務従事者」27.4パーセントの順となっており,女子は「事務従事者」41.2パーセント,「専門的・技術的職業従事者」32.7パーセント(うち,保健医療従事者9.8パーセント,技術者8.1パーセント,教員6.7パーセント等),「販売従事者」17.9パーセント等の順となっている。

図8 大学(学部)卒業者の就職先職業別(主な3職種)構成の状況

図9 職業別就職者数の比率(学部)     図10 男女別就職者数の比率(学部)

(3) 学部卒業者の修業年数別の卒業状況(表16)
ア.    修業年限4年の学部卒業者について,修業年限別の卒業状況は次のとおりとなっている。
1    所定の修業年数4年で卒業した者(平成11年4月に入学し,平成15年3月に卒業した者)は45万4千人となっており,平成11年4月の入学者数57万7千人の78.7パーセント(前年79パーセント)にあたる。
2    修業年数5年で卒業した者(修業年限を1年超過−平成10年度入学−)は4万6千人で,平成10年4月の入学者数の8パーセント(前年8.1パーセント)にあたる。
3    修業年数6年で卒業した者(修業年限を2年超過−平成9年度入学−)は1万人で,平成9年4月入学者数の1.8パーセント(前年1.7パーセント)にあたる。
4    修業年数7年及び8年以上で卒業した者については,それぞれ0.5パーセント,0.3パーセントとなっている。
イ.    平成7年4月入学者について,平成15年3月までの卒業者(所定修業年数卒業者+1年超過卒業者+2年超過卒業者+3年超過卒業者+4年以上超過卒業者)の占める比率は91.5パーセントとなっており,平成6年4月の入学者が平成年までに卒業した比率91.8パーセントより0.3ポイント低下している。
ウ.    最短の修業年限で卒業した者の比率(a)の推移をみると,平成11年4月入学者の(a)は78.7パーセントで,前年より0.3ポイント低下している。


表16 入学年度別卒業者の比率の状況(修業年限4年)(大学(学部))


2   大学院修了者

(1) 修了者数
   平成15年3月に大学院の修士課程を修了した者は,6万7千人(男子4万9千人,女子1万8千人)で前年より2千人増加している。また,博士課程を修了した者(所定の単位を修得し,学位を取得せずに満期退学した者を含む。以下同じ。)は1万5千人(男子1万1千人,女子4千人)で前年より1千人増加している。
   これを設置者別にみると,修士課程では国立3万9千人(修了者の58.2パーセント),公立3千人(同4.9パーセント),私立2万5千人(同37パーセント)となっており,博士課程では国立1万人(修了者の70.9パーセント),公立1千人(同5.4パーセント),私立3千人(同23.7パーセント)となっている。
(2) 修了者の進路(図11,図12)
ア. 修士課程
   修了者の進路別内訳は,「大学院等への進学者」1万人(修了者の14.3パーセント),「就職者」(就職し,かつ進学した者を除く。)4万3千人(同64.2パーセント),「左記以外の者」1万1千人(同16.9パーセント),「死亡・不詳の者」3千人(同4.6パーセント)となっている。
1 進学率は14.3パーセント(男子14.1パーセント,女子14.9パーセント)で,前年より0.2ポイント上昇している。
2 就職率{修了者のうち就職者総数(「大学院等への進学者のうち就職している者」を加えた全就職者数。」)の占める比率}は64.5パーセント(男子69.3パーセント,女子51.4パーセント)で,前年より1.9ポイント低下している。
3 就職者総数を産業別にみると,「製造業」が45.2パーセントと最も高く,次いで「サービス業(他に分類されないもの)」11.3パーセント,「教育,学習支援業」10.4パーセント,「情報通信業」10パーセント等の順となっている。
4 就職者総数を職業別にみると,「技術者」59.5パーセント,「教員」8.8パーセント,「科学研究者」4.7パーセント等「専門的・技術的職業従事者」が80.1パーセントを占めている。
イ. 博士課程
   修了者の進路別内訳は,「就職者」(就職し,かつ進学した者を除く。)8千人(修了者の54.4パーセント),「左記以外の者」5千人(同34.9パーセント),「死亡・不詳の者」1千人(同9.6パーセント)等となっている。
1 就職率{修了者のうち就職者総数(「大学院等への進学者のうち就職している者」を加えた全就職者数。」)の占める比率}は54.4パーセント(男子57.4パーセント,女子45.6パーセント)で,前年より2ポイント低下している。
2 就職者総数を産業別にみると,「教育,学習支援業」が32.5パーセントで最も高く,次いで「医療,福祉業」28.5パーセント,「サービス業(他に分類されないもの)」14.8パーセント等の順となっている。
3 就職者総数を職業別にみると,「教員」28.8パーセント,「医師,歯科医師,獣医師,薬剤師」27.5パーセント,「科学研究者」20.7パーセント,「技術者」14.1パーセント等「専門的・技術的職業従事者」が93.7パーセントを占めている。

図11 大学院(修士課程)修了者の進路状況     図12 大学院(博士課程)修了者の進路状況


3   短期大学卒業者

(1) 卒業者数
   平成15年3月に短期大学(本科)を卒業した者は11万9千人(男子1万1千人,女子10万8千人)で,前年より1万1千人減少している。
これを設置者別にみると,国立2千人(前年より2百人減),公立8千人(7百人減),私立10万9千人(1万人減)となっている。
(2) 卒業者の進路(表17,図13)
   卒業者の進路別内訳は,「大学等への進学者」(就職し,かつ進学した者を含む。以下同じ。)1万3千人(全卒業者の11.1パーセント),「就職者」(就職し,かつ進学した者を除く。)7万1千人(同59.7パーセント),「一時的な仕事に就いた者」1万人(同8.4パーセント),「左記以外の者」2万3千人(同19.4パーセント),「死亡・不詳の者」2千人(同1.5パーセント)となっている。
ア. 進学状況
1    大学等への進学者数は1万3千人(男子3千人,女子1万1千人)で,前年より百人減少している。
2    進学率(卒業者のうち大学等への進学者及び就職し,かつ進学した者の占める比率。以下同じ。)は11.1パーセント(男子24.3パーセント,女子9.7パーセント)で,前年より0.9ポイント上昇している。
イ. 就職状況(表18,図15〜図17)
1    就職者総数(「大学等への進学者のうち就職している者」を加えた全就職者数。以下同じ。)は7万1千人(男子5千人,女子6万6千人)で,前年より8千人減少している。
2    就職率(卒業者のうち就職者総数の占める比率。以下同じ。)は59.7パーセント(男子46.4パーセント,女子61.1パーセント)で,前年より0.6ポイント低下している。
3    就職率を関係学科別にみると,「教育」が75.4パーセント,次いで「保健」74.9パーセント,「社会」61.6パーセント等の順となっている。
4    就職者総数を産業別にみると,「医療,福祉」が37.4パーセントで最も高く,次いで「卸売・小売業」15.1パーセント,「教育,学習支援業」12.5パーセント,「サービス業(他に分類されないもの)」10.1パーセント等の順となっている。
5    就職者総数を職業別にみると,「専門的・技術的職業従事者」51.2パーセント(うち保健医療従事者16.9パーセント,教員10.5パーセント等)で最も高く,次いで「事務従事者」26.7パーセント,「販売従事者」10.5パーセント等の順となっている。

図13 短期大学(本科)卒業者の進路状況

表17 進路別卒業者の推移(短期大学[本科])

表18 関係学科別就職率の推移(短期大学[本科])

図15 産業別就職者数の比率(本科)

図16 短期大学(本科)卒業者の就職先職業別(主な3職種)構成の状況     図17 職業別就職者数の比率(本科)


4   高等専門学校卒業者

(1) 卒業者数
   平成15年3月に高等専門学校を卒業した者は1万人(男子8千人,女子2千人)で,前年より3百人増加している。
   これを設置者別にみると,国立8千8百人,公立8百人,私立4百人となっている。
(2) 卒業者の進路(表19,図18)
   卒業者の進路別内訳は「大学等への進学者」3千9百人(全卒業者数の39.2パーセント),「就職者」(就職し,かつ進学した者を除く。)5千4百人(同53.6パーセント),「左記以外の者」7百人(同7パーセント)等となっている。
ア. 進学状況
1    大学等への進学者数は3千9百人(男子3千4百人,女子5百人)で,前年より3百人増加している。
2    進学率は,39.2パーセント(男子41.6パーセント,女子28.7パーセント)で,前年より2.1ポイント上昇している。
イ. 就職状況
1    就職者総数(「大学等への進学者のうち就職している者」を加えた全就職者数。以下同じ。)は5千4百人(男子4千3百人,女子1千百人)で,前年より百人減少している。
2    就職率は53.6パーセント(男子52.1パーセント,女子60.1パーセント)で,前年より2.4ポイント低下している。
3    就職者総数を産業別にみると,「製造業」が48.5パーセントと最も高く,次いで「サービス業(他に分類されないもの)」18.8パーセント,「情報通信業」8.6パーセント,「建設業」8パーセント,「公務(他に分類されないもの)」4.7パーセント等の順となっている。
4    就職者総数を職業別にみると,「専門的・技術的職業従事者」88.7パーセント(うち技術者87.2パーセント等)が最も高く,次いで「サービス職業従事者」3.2パーセント,「運輸・通信従事者」2.7パーセント等の順となっている。

図18 高等専門学校卒業者の進路状況

表19 進路別卒業者の推移(高等専門学校)

-- 登録:平成21年以前 --