ここからサイトの主なメニューです

平成18年度「子どもの学習費調査」 2調査結果の概要

1 学習費総額

(1)学校種別の学習費総額及び構成比(表1及び図1参照)

 幼稚園は公立25万1千円(対前回調査伸び率5.5パーセント),私立53万8千円(同5.7パーセント),小学校は公立33万4千円(同6.4パーセント),私立137万3千円(前回未調査),中学校は公立47万2千円(同0.6パーセント),私立126万9千円(同マイナス0.4パーセント),高等学校(全日制,以下同じ。)は公立52万1千円(同0.8パーセント),私立104万5千円(同1.0パーセント)となっている。
 「学習費総額」の「学校教育費」,「学校給食費」及び「学校外活動費」の構成比は,授業料を必要としない公立小学校及び公立中学校においては「学校外活動費」の構成比が高く,公立小学校で70パーセント,公立中学校で60パーセントを超えている。私立幼稚園,私立中学校及び公私立高等学校では「学校教育費」が高く,私立幼稚園及び公立高等学校で60パーセントを超え,私立中学校及び私立高等学校で70パーセントを超えている。

(2)学校種別の公私比較

 幼稚園では私立が公立の2.1倍(前回調査2.1倍),小学校では4.1倍(前回未調査),中学校では2.7倍(同2.7倍),高等学校では2.0倍(同2.0倍)となっている。

表1 学校種別子どもの学習費総額

図1−1 学校種別学習費総額の推移

図1−2 学校種別にみた学習費総額

図1−3 学校種別にみた学習費総額の構成比

(3)学年別の状況(表2及び図2参照)

 学年別にみると,公私立を問わず最も多いのは,私立小学校第1学年の168万2千円(前回未調査)であり,公立のうち最も多いのは,高等学校第1学年の59万2千円(対前回調査伸び率2.9パーセント)となっている。

表2 学年別の学習費総額

図2 学年別にみた学習費総額

(4)人口規模別の状況(学習費の地域的な特性)(表3及び図3参照)

  • 1学校教育費
     公立幼稚園では人口規模が大きくなるほど多くなっており,公立中学校では人口規模が大きくなるほど少なくなっている。
  • 2学校外活動費
     公私立幼稚園,公立小学校,公立中学校のいずれも人口規模が大きくなるほど多くなっている。
表3 市町村の人口規模別学習費総額

図3−1 人口規模別にみた学習費総額
図3−2 人口規模別にみた学校教育費
図3−3 人口規模別にみた学習外活動費

2 学校教育費(表4及び図4参照)

(1)幼稚園

  • 1 公立幼稚園の「学校教育費」は,13万3千円(対前回調査伸び率3.6パーセント)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「授業料」の55.8パーセント(7万4千円)であり,次いで「通学関係費」の15.4パーセント(2万円)となっている。
  • 2 私立幼稚園の「学校教育費」は,36万8千円(同7.9パーセント)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「授業料」の66.0パーセント(24万3千円)であり,次いで入学金等が含まれる「学校納付金等」の14.5パーセント(5万3千円)となっている。
表4−1 幼稚園の学校教育費の支出構成

図4−1 幼稚園の学校教育費の支出構成

(2)小学校

  • 1 公立小学校の「学校教育費」は5万7千円(対前回調査伸び率3.9パーセント)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「図書・学用品・実習材料費等」の32.9パーセント(1万9千円)であり,次いで「通学関係費」の28.2パーセント(1万6千円)となっている。
  • 2 私立小学校の「学校教育費」は78万円(前回未調査)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「授業料」の50.8パーセント(39万6千円)であり,次いで「学校納付金等」の27.9パーセント(21万8千円)となっている。
表4−2 小学校の学校教育費の支出構成

図4−2 小学校の学校教育費の支出構成

(3)中学校

  • 1 公立中学校の「学校教育費」は13万3千円(対前回調査伸び率0.4パーセント)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「通学関係費」の27.6パーセント(3万7千円)であり,次いで「教科外活動費」の19.9パーセント(2万6千円)となっている。
  • 2 私立中学校の「学校教育費」は95万8千円(対前回調査伸び率0.2パーセント)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「授業料」の42.9パーセント(41万1千円)であり,次いで「学校納付金等」の26.1パーセント(25万円)となっている。
表4−3 中学校の学校教育費の支出構成

図4−3 中学校の学校教育費の支出構成

(4)高等学校

  • 1 公立高等学校の「学校教育費」は34万4千円(対前回調査伸び率0.5パーセント)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「授業料」の32.7パーセント(11万2千円)であり,次いで「通学関係費」の21.8パーセント(7万5千円)となっている。
  • 2 私立高等学校の「学校教育費」は78万5千円(対前回調査伸び率2.1パーセント)となっている。この内訳の構成比で最も高いのは,「授業料」の41.2パーセント(32万4千円)であり,次いで「学校納付金等」の27.5パーセント(21万6千円)となっている。
表4−4 高等学校の学校教育費の支出構成

図4−4 高等学校の学校教育費の支出構成

3 学校外活動費

(1)「補助学習費」と「その他の学校外活動費」の構成(表5及び図5参照)

 「学校外活動費」は,幼稚園では公立10万4千円(対前回調査伸び率11.5パーセント),私立14万5千円(同2.0パーセント),小学校では公立23万7千円(同8.1パーセント),私立56万2千円(前回未調査),中学校では公立30万2千円(同0.8パーセント),私立30万4千円(同マイナス3.5パーセント),高等学校では公立17万7千円(同1.4パーセント),私立26万円(同マイナス2.0パーセント)となっている。
 公立学校について学年別にみると,「補助学習費」は,小学校第1学年を除き,幼稚園3歳児から中学校第3学年まで学年とともに多くなっている。「その他の学校外活動費」は,幼稚園4歳児から小学校第3学年までは学年とともに多くなっているが,第4学年以降高等学校第1学年まで学年とともに少なくなっている。
 また,「学校外活動費」に占める「補助学習費」と「その他の学校外活動費」の割合についてみると,公立は小学校第6学年,私立は小学校第4学年を境にして「補助学習費」の割合が,「その他の学校外活動費」の割合を上回っている。

表5 学年別学校外活動費の内訳
図5−1 公立学校の補助学習費とその他の学校外活動費の状況
図5−2 私立学校の補助学習費とその他の学校外活動費の状況

(2)学年別にみた「補助学習費」の状況(表6参照)

 公立幼稚園の3〜5歳及び公立小学校第1学年では「家庭内学習費」が最も多く,公立小学校第2学年以上の学年段階では「学習塾費」が最も多くなっている。

  • 1「家庭教師費等」(通信教育を含む。)
     「家庭教師費等」を学校種別にみると,幼稚園では公立4千円(対前回調査伸び率95.5パーセント),私立5千円(同66.2パーセント),小学校では公立1万5千円(同20.2パーセント),私立3万9千円(前回未調査),中学校では公立3万2千円(同3.7パーセント),私立3万5千円(同マイナス13.0パーセント),高等学校では公立2万円(同5.1パーセント),私立2万3千円(同マイナス25.0パーセント)となっている。
     学年別にみると,高等学校第1学年を除いた学年で公立より私立が多くなっており,公立学校では,幼稚園3歳児から中学校第3学年まで,学年とともにほぼ多くなっている。なお,公私立を問わず最も多いのは,私立小学校第6学年の9万5千円(前回未調査)となっている。
  • 2「学習塾費」
     「学習塾費」を学校種別にみると,幼稚園では公立1万1千円(同40.9パーセント),私立2万円(同37.2パーセント),小学校では公立6万2千円(同6.3パーセント),私立19万6千円(前回未調査),中学校では公立17万6千円(同0.7パーセント),私立11万8千円(同マイナス3.2パーセント),高等学校では公立7万9千円(同16.4パーセント),私立14万4千円(同17.1パーセント)となっている。
     中学校では私立より公立が多く,幼稚園,小学校,高等学校では公立より私立が多くなっており,公立学校については,幼稚園3歳児から中学校第3学年まで,学年とともにほぼ多くなっている。なお,公私立を問わず最も多いのは,私立小学校第6学年の34万5千円(前回未調査)となっている。
表6 学年別補助学習費の状況

(3)学年別にみた「その他の学校外活動費」の状況(表7参照)

 全体として「芸術文化活動」への活動費が多く,幼稚園では公立2万1千円,私立3万1千円,小学校では公立4万6千円,私立11万円,中学校では公立2万8千円,私立4万7千円,高等学校では公立1万3千円,私立1万7千円となっている。
 この「芸術文化活動」への活動費を学年別にみると,公私立を問わず最も多いのは,私立小学校第3学年の13万9千円(前回未調査)となっている。

表7 学年別その他の学校外活動費の状況

(4)支出した金額の状況(実際に支出した金額の分布)(表8参照)

<家庭教師費等>(通信教育を含む。)

 どの学校種においても「0円」が最も高く,60パーセント以上を占めている。1円以上支出している場合,すべてにおいて「1万円以上5万円未満」が最も高く,次いで,公私立の幼稚園では「1円以上1万円未満」が,公私立の小学校,公私立の中学校及び公私立の高等学校では「5万円以上10万円未満」がそれぞれ高くなっている。
 「家庭教師費等」に年間1円以上支出した者の平均額は,幼稚園では公立2万9千円(対前回調査伸び率64.2パーセント),私立2万9千円(同34.2パーセント),小学校では公立4万3千円(同5.1パーセント),私立10万6千円(前回未調査),中学校では公立8万9千円(同6.4パーセント),私立12万円(同1.9パーセント),高等学校では公立9万5千円(同0.2パーセント),私立10万7千円(同マイナス14.6パーセント)となっている。

表8−1 家庭教師費等の金額分布の状況

<学習塾費>

 1円以上支出している場合,公私立の幼稚園では「1万円以上5万円未満」が最も高くなっている。公立小学校では「1万円以上5万円未満」が,公私立の中学校及び公立高等学校では,「10万円以上20万円未満」が,私立小学校,私立高等学校では「40万円以上」がそれぞれ最も高くなっている。
 「学習塾費」に年間1円以上支出した者の平均額は,幼稚園では公立6万5千円(対前回調査伸び率25.1パーセント),私立10万1千円(同14.6パーセント),小学校では公立14万2千円(同1.4パーセント),私立28万7千円(前回未調査),中学校では公立24万6千円(同4.6パーセント),私立22万1千円(同マイナス0.3パーセント),高等学校では公立22万4千円(同15.7パーセント),私立33万7千円(同20.3パーセント)となっている。

表8−2 学習塾費の金額分布の状況

4 幼稚園から高等学校卒業までの15年間の学習費総額(表9参照)

 幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間について,各学年ごとの「学習費総額」をケース別に単純合計すると,ケース1のすべて公立の場合は570万9千円となっている。また,ケース2の幼稚園だけ私立の場合は659万1千円,ケース3の高等学校だけ私立の場合は727万9千円,ケース4の幼稚園及び高等学校が私立の場合は816万円,ケース5の小学校だけ公立の場合は1,054万7千円,ケース6のすべて私立の場合は1,678万4千円となっている。なお,ケース1とケース6の差は2.9倍となっている。

表9 幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間の学習費総額

5 世帯の年間収入別の学習費

(1)学校種別にみた世帯の年間収入と学習費の状況(表10及び図6参照)

<学習費総額>

 学校種別に世帯の年間収入と学習費総額の状況をみると,年間収入が400万円未満の世帯の場合,幼稚園では公立21万円,私立45万9千円,小学校では公立25万円,私立70万5千円,中学校では公立36万8千円,私立104万2千円,高等学校では公立43万4千円,私立81万9千円となっている。一方,年間収入が1,200万円以上の世帯の場合,幼稚園では公立45万3千円,私立78万8千円,小学校では公立59万円,私立159万1千円,中学校では公立65万9千円,私立142万7千円,高等学校では公立66万8千円,私立131万2千円となっており,いずれの学校種においても年間収入が増加するほど学習費総額が多くなる傾向がみられる。

表10−1 世帯の年間収入別,学校種別学習費総額

図6−1 世帯の年間収入別,学校種別学習費総額

<補助学習費>

 年間収入が400万円未満の世帯の場合,幼稚園では公立2万4千円,私立2万4千円,小学校では公立6万1千円,私立11万円,中学校では公立15万4千円,私立14万9千円,高等学校では公立7万5千円,私立8万4千円となっている。一方,年間収入が1,200万円以上の世帯の場合,幼稚園では公立11万5千円,私立20万2千円,小学校では公立24万7千円,私立37万3千円,中学校では公立36万円,私立24万4千円,高等学校では公立25万7千円,私立41万8千円となっている。

表10−2 世帯の年間収入別,学校種別補助学習費

図6−2 世帯の年間収入別,学校種別補助学習費

<その他の学校外活動費>

 年間収入が400万円未満の世帯の場合,幼稚園では公立4万1千円,私立6万円,小学校では公立8万8千円,私立13万4千円,中学校では公立4万4千円,私立3万9千円,高等学校では公立2万2千円,私立2万7千円となっている。一方,年間収入が1,200万円以上の世帯の場合,幼稚園では公立19万円,私立17万7千円,小学校では公立24万8千円,私立32万5千円,中学校では公立12万円,私立13万8千円,高等学校では公立5万9千円,私立5万9千円となっている。

表10−3 世帯の年間収入別,学校種別その他の学校外活動費

図6−3 世帯の年間収入別,学校種別その他の学校外活動費

(生涯学習政策局調査企画課)

-- 登録:平成21年以前 --