ここからサイトの主なメニューです

小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還について【宇宙開発委員会委員長談話】

平成22年6月14日
宇宙開発委員会 委員長  池上 徹彦

 我々が帰還を待ち望んでいた小惑星探査機「はやぶさ」は、打上げから7年を経て、13日に地球帰還を果たし、カプセルを回収することに成功しました。

 「はやぶさ」は、地球から約3億Km離れた小惑星イトカワにおいて、月以外の天体では世界初となる離着陸を成功させ、サンプル回収を試み、地球に還ってきました。その間、推進系、姿勢軌道制御系に不調を来しながらも、関係者の創意工夫と努力によって、数年にわたる惑星間航行を成功させました。小惑星から地球までの往復という偉業はこれまで世界に例のないすばらしい成果でありますし、このほかにも、自律航行やイオンエンジンによる長時間航行など、数々の技術的成果を上げました。

 試料採取の成否については今後の解析が待たれるところですが、始原天体であるイトカワの試料は太陽系の謎を解明することに大きく貢献する可能性があり、採取に成功していることを期待しています。

 軽自動車よりも小さな体で宇宙空間を駆け抜けた探査機が、日本の技術力の高さを知らしめただけでなく、ここまでの国民的感動を呼んだことを素晴らしく思うとともに、関係者の方々の努力を讃えたいと思います。

 今後とも未知の領域を切り開く宇宙探査の分野で我が国の探査機が優れた成果を挙げることができるよう、引き続き関係者とともに全力で取り組んでいきたいと思います。

お問合せ先

研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付

(研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付)

-- 登録:平成22年06月 --