ここからサイトの主なメニューです

H-ⅡAロケット17号機の打上げについて【宇宙開発委員会委員長談話】

平成22年5月21日
宇宙開発委員会委員長  池上 徹彦

金星探査機「あかつき」等を搭載したH-ⅡAロケット17号機が、天候による打上げ日の延期があったものの、本日予定どおり打上げられ、これまでに「あかつき」が所定の軌道に投入されたことが確認されました。

「あかつき」は、観測波長の異なる複数のカメラで金星大気の挙動を継続的に観測する衛星で、スーパーローテーション(超回転)とよばれる時速400kmの風をはじめとして、従来の気象学では説明ができない金星の大気力学のメカニズム解明を目指すものです。この世界初のミッションの成果は、惑星の気象現象を包括的に理解することにつながると期待されます。副衛星の一つとしてともに打上げられた小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」は、超薄膜の帆を広げ太陽光圧を受けてヨットのように進む世界初の宇宙機です。今後「あかつき」及び「IKAROS」の運用が順調に行われるとともに、今後の世界の宇宙科学の振興に貢献することを期待しています。大学の研究チームが制作した4基の小型副衛星についても、今後それぞれのミッションを達成し、我が国の宇宙開発利用のさらなる活性化に貢献することを期待しています。

また、我が国の基幹ロケットであるH-ⅡAロケットが打上げ実績を更に積み上げたことは、我が国が宇宙開発利用を進める上で大変重要な意味をもつものであります。今後も、信頼性、経済性及び運用性の追求が不断に継続されることを期待します。

宇宙開発委員会としては、我が国の宇宙開発利用が一層促進されるよう、引き続き全力で取り組んでまいります。

お問合せ先

宇宙開発委員会事務局

(研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付)

-- 登録:平成22年05月 --