ここからサイトの主なメニューです

山崎宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」の打上げについて【宇宙開発委員会委員長談話】

平成22年4月5日
宇宙開発委員会委員長 池上徹彦

山崎宇宙飛行士らが搭乗したスペースシャトル「ディスカバリー号」が、日本時間の4月5日、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターから、予定通り打ち上げられました。

今回のミッションでは、補給物資や実験ラックなどを多目的補給モジュールに搭載して国際宇宙ステーション(ISS)へ運搬します。山崎宇宙飛行士は、ISSのロボットアーム操作などのほか、物資移送責任者として、スペースシャトル/ISS間の物資移送作業全体の取りまとめに従事します。

なお、野口宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに長期滞在中であるため、初めて日本人宇宙飛行士2名のISS滞在となります。

宇宙開発委員会としても、今回のミッションが所期の目標を達成し、搭乗員の方々が無事帰還されることを願っています。

 

お問合せ先

宇宙開発委員会事務局

(研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付)

-- 登録:平成22年04月 --