ここからサイトの主なメニューです

H-ⅡAロケット15号機の打上げについて【宇宙開発委員会委員長談話】

平成21年1月23日(金)
宇宙開発委員会委員長  松尾弘毅

本日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)及び7つの小型副衛星を搭載したH-ⅡAロケット15号機が無事打上げられ、これまでに「いぶき」が所定の軌道に投入されたことが確認されました。

分離された衛星の運用が今後順調に行われ、「いぶき」については、地球環境問題の解決に貢献する観測と将来の地球観測衛星に必要な技術開発が滞りなく行われることを期待するとともに、7つの小型副衛星については、今後それぞれのミッションを達成し、我が国の宇宙開発利用の裾野の拡大に貢献することを期待しています。

また、我が国の基幹ロケットであるH-ⅡAロケットが打上げ実績を更に積み上げたことは、我が国が宇宙基本法に沿って宇宙開発利用を進める上で大変重要な意味をもつものであります。今後も、信頼性、経済性及び運用性の追求が不断に継続されることを期待します。

宇宙開発委員会としては、我が国の宇宙開発利用が一層促進されるよう、引き続き全力で取り組んでまいります。

 

 

お問合せ先

宇宙開発委員会事務局

(研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付)

-- 登録:平成21年以前 --