ここからサイトの主なメニューです

宇宙ステーション補給機(HTV)の詳細設計終了段階における安全対策について

平成19年5月14日
宇宙開発委員会・安全部会

はじめに

 宇宙ステーション補給機(HTV)はH−2Bロケット(H−2A能力向上型)により打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)を共通運用するために必要な物資を補給することを目的としている。物資補給後は、大気圏への再突入により廃棄される。

 宇宙開発委員会安全部会は、我が国がHTVの安全を認証するに当たって判断の基を提供するとの役割に基づき、HTVの安全評価を実施している。
 平成17年9月には、HTVの安全確保を図るため、「宇宙ステーション補給機(HTV)に係る安全評価のための基本指針」(以下「基本指針」という。)をとりまとめた。

 今般、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))においては、HTVの詳細設計終了段階における安全審査を終了したところであり、安全部会は、その安全の確保について、「基本指針」に基づく調査審議を実施した。本調査審議においては、平成19年4月から5月にかけて計4回の会合を開催するとともに、JAXA(ジャクサ)筑波宇宙センターにおいて、HTVの熱構造モデル(STM)の視察を行った。本報告書は、HTVの詳細設計段階における安全対策の妥当性について調査審議を行った結果をとりまとめたものである。



目次

1. 評価の対象範囲
2. 安全確保の基本的な考え方
(1) 安全確保の体制
(2) 安全確保の方法
3. 安全設計結果
(1) 「きぼう」と共通のハザードへの対応から抽出された事項
(2) HTV特有のハザードへの対応から抽出された事項
4. 総合評価

参考1 宇宙ステーション補給機(HTV)に係る安全の確保に関する調査審議について
参考2 宇宙ステーション補給機(HTV)に係る安全の確保に関する安全部会の開催状況

付録1 宇宙ステーション補給機(HTV)の概要【改訂版】
分割版(1)(PDF:4,584KB)]
分割版(2)(PDF:1,682KB)]
分割版(3)(PDF:1,856KB)]
分割版(4)(PDF:1,721KB)]
分割版(5)(PDF:658KB)]
付録2 宇宙ステーション補給機(HTV)に係る安全確保の枠組み(PDF:190KB)
付録3 宇宙ステーション補給機(HTV)に係る安全評価のための基本指針と安全設計結果【改訂版】(PDF:349KB)
付録4 宇宙ステーション補給機(HTV)特有の安全設計結果【改訂版】(PDF:1,613KB)
付録5 宇宙ステーション補給機(HTV)に係る安全評価 質問に対する回答【改訂版】(PDF:1,141KB)

-- 登録:平成21年以前 --