ここからサイトの主なメニューです

H-ⅡAロケット9号機の打上げについて[宇宙開発委員会委員長談話]

平成18年2月18日
宇宙開発委員会委員長 井口 雅一

1.  本日、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は、H−2Aロケット9号機の打上げに成功いたしました。
 JAXA(ジャクサ)のみならず製造企業の職員も一丸となり、入念かつ注意深い準備作業に最善を尽くされた結果、昨年のH−2Aロケット7号機、ミューファイブロケット6号機、先月のH−2Aロケット8号機に引き続く成功となりました。関係者の方々に心からお祝いの言葉を申し上げるとともに、御協力いただいた地元の方々に深く感謝いたします。

2.  「信頼性なくして信頼なし」と言える宇宙開発において、今回の打上げが成功したことは、我が国の基幹ロケットであるH−2Aロケットが、確かな信頼性を確立しつつあるものと実感しております。

3.  今後、MTSAT−2が所期の目的を達成するとともに、間近に迫ったミューファイブロケット8号機の打上げを成功させ、国民の期待に応え、また、前例のない1ヶ月で3回の打上げ成功という快挙を達成すべく、JAXA(ジャクサ)等の関係各位におかれては、更なる着実かつ安全な打上げに尽力していただきたく思います。

4.  宇宙開発委員会においても、今後、我が国の宇宙開発利用をより信頼性の高いものとするよう努力してまいりますので、引き続き、皆様方の御理解と御支援を賜りますようお願いいたします。

(研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付)

-- 登録:平成21年以前 --