ここからサイトの主なメニューです
参考3

我が国における主な衛星・センサ一覧表

【静止衛星】

衛星名 衛星運用期間 センサ名称 距離分解能
静止気象衛星
(GMS)
「ひまわり」
1977年7月14日〜
1989年6月30日
可視赤外走査放射計(VISSR) 1.25キロメートル(可視 1バンド)
5キロメートル(赤外 1バンド)
静止気象衛星2号
(GMS-2)
「ひまわり2号」
1981年8月11日〜
1987年11月20日
可視赤外走査放射計(VISSR) 1.25キロメートル(可視 1バンド)
5キロメートル(赤外 1バンド)
静止気象衛星3号
(GMS-3)
「ひまわり3号」
1984年8月3日〜
1995年6月23日
可視赤外走査放射計(VISSR) 1.25キロメートル(可視 1バンド)
5キロメートル(赤外 1バンド)
静止気象衛星4号
(GMS-4)
「ひまわり4号」
1989年9月6日〜
2000年2月24日
可視赤外走査放射計(VISSR) 1.25キロメートル(可視 1バンド)
5キロメートル(赤外 1バンド)
静止気象衛星5号
(GMS-5)
「ひまわり5号」
1995年3月18日〜 可視赤外走査放射計(VISSR) 1.25キロメートル(可視 1バンド)
5キロメートル(赤外 3バンド)
運輸多目的衛星新1号
(MTSAT-1R)
「ひまわり6号」
2005年2月26日〜 気象観測用イメージャ 1キロメートル(可視 1バンド)
4キロメートル(赤外 4バンド)
運輸多目的衛星2号
(MTSAT-2)
2005年(予定) 気象観測用イメージャ 1キロメートル(可視 1バンド)
4キロメートル(赤外 4バンド)

【周回衛星(その1)】

衛星名 衛星運用期間 センサ名称 水平分解能
海洋観測衛星1号(MOS-1)
「もも1号」
1987年2月19日〜
1995年11月29日
可視近赤外放射計(MESSR) 50メートル
可視熱赤外放射計(VTIR) 900メートル(可視),
2,700メートル(熱赤外)
マイクロ波放射計(MSR) 32キロメートル
海洋観測衛星1号b(MOS-1b)
「もも1号b」
1990年2月7日〜
1996年4月25日
可視近赤外放射計(MESSR) 50メートル
可視熱赤外放射計(VTIR) 900メートル(可視),
2,700メートル(熱赤外)
マイクロ波放射計(MSR) 32キロメートル
地球資源衛星1号(JERS-1)
「ふよう1号」
1992年2月11日〜
1998年10月12日
可視近赤外画像用放射計
(OPS/VNIR)
18メートル
短波長赤外画像用放射計
(OPS/SWIR)
18メートル
合成開口レーダー(SAR) 18メートル

【周回衛星(その2)】

衛星名 衛星運用期間 センサ名称 水平分解能
地球観測プラットフォーム
技術衛星
(ADEOS)
「みどり」
1996年8月17日〜
1997年6月30日
高性能可視近赤外放射計
(AVNIR)
16メートル(マルチバンド)
8メートル(パンクロマチックバンド)
海色海温走査放射計
(OCTS)
700メートル
温室効果気体センサ
(IMG)
2キロメートル(可視),
13キロメートル(赤外)
改良型大気周縁赤外分光計
(ILAS)
8キロメートル
地上衛星間レーザー長光路吸収測定用リトロリフレクター(RIS)
環境観測技術衛星
(ADEOS-2
「みどり2
2002年12月14日〜
2003年10月31日
グローバルイメージャ(GLI) 250メートル、1キロメートル
高性能マイクロ波放射計(AMSR) 5〜60キロメートル
改良型大気周縁赤外分光計2
(ILAS-2
2キロメートル(可視),
13キロメートル・21.7キロメートル(赤外)
陸域観測技術衛星
(ALOS)
2005年(予定) パンクロマチック立体視センサ
(PRISM)
2.5メートル
高性能可視近赤外放射計2型
(AVNIR-2)
10メートル
フェーズドアレイ方式Lバンド
合成開口レーダー
(PALSAR)
10メートル
100メートル
温室効果ガス観測技術衛星
(GOSAT)
2008年(予定) 温室効果ガス観測センサ
(GOS)
10.5キロメートル(直下)
雲・エアロソルセンサ
(CS)
500メートル〜1,500メートル(直下)

【衛星搭載用センサ】

衛星名 衛星運用期間 センサ名 水平分解能
熱帯降雨観測衛星
(TRMM)
(米国)
1997年11月28日〜 降雨レーダー
(PR)
4.3キロメートル
Terra
(米国)
1999年12月18日〜 資源探査用将来型センサ
(ASTER/VNIR,SWIR,TIR)
15メートル
Aqua
(米国)
2002年5月4日〜 改良型高性能マイクロ波放射計
(AMSR-E)
3.5〜43キロメートル
全球降水観測(GPM)計画
主衛星
(米国)
2009年(予定) 二周波降水レーダ
(DPR)
水平分解能5キロメートル、
鉛直分解能250メートル


前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ