ここからサイトの主なメニューです


4.「打上げ再開に向けて対処を検討すべき課題」の今後の対処方法

 上記3.(2)項に示す技術的助言を踏まえ、機構において、課題に対する対処を確実かつ早期に実施することを強く期待する。H−2Aロケットの打上げ再開前の然るべき時点において、これらの課題の処置状況等について、機構自ら総括を行うとともに、当専門委員会はその報告を受け、必要な調査審議を行うこととする。

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ