ここからサイトの主なメニューです

【質問番号 3】LNG成分の影響

【質問内容】
 LNG成分の、エンジンの燃焼圧力変動等への影響の有無の検討等について説明してください。

【該当資料】
 資料1−2−3 P62

【回答者】
 JAXA(ジャクサ)

【回答内容】
 燃焼試験で使用したLNGの成分分析を行なっている平成14年(2002年)以降の長秒時燃焼試験を対象とした、試験で使用した各LNGの成分分析結果は表1、図1に示すとおりであり、LNGの成分と燃焼圧変動の発生有無には相関が見られないと考えています。

表1 使用LNGの成分分析結果(数値)
試験番号 RAC151 JBFT24H JBFT30H JBFT34H RAC166 RAC168
試験実施日 2002年1月25日 2003年2月15日 2003年2月24日 2003年2月27日 2005年7月15日 2005年7月25日
運転秒時 353 100 90 345 120 270
燃焼圧変動 発生せず 発生せず 発生せず 発生せず 発生 発生
使用LNG番号
(図1に対応)
1 2 3 4 5 6
CH4 メタン 99.67 99.19 99.54 99.39 99.39 99.74
C2H6 エタン 0.22 0.53 0.27 0.36 0.36 0.14
C3H8 プロパン 0.05 0.17 0.07 0.16 0.16 0.05
I-C4H10 I-ブタン 不検出
小なり0.01)
0.04 0.01 0.04 0.04 0.01
n-C4H10 n-ブタン 0.01 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
0.04 0.04 0.01
I-C5H12 I-ペンタン 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
n-C5H12 n-ペンタン 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
C6プラス C6以上 未実施 未実施 未実施 未実施 未実施 未実施
O2 酸素 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
N2 窒素 0.05 0.04 0.09 0.06 0.05 0.05
C2H4 エチレン 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
備考            

試験番号 RAC169 RAC171 RAC181 RAC194 RAC196 RAC200
試験実施日 2005年7月26日 2005年9月1日 2006年5月2日 2006年6月13日 2006年6月20日 2006年7月29日
運転秒時 226 270 253 263 270 270
燃焼圧変動 発生 発生せず 発生 発生せず 発生せず 発生
使用LNG番号
(図1に対応)
7 8 9 10 11 12
CH4 メタン 99.73 99.65 99.37 99.59 99.36
C2H6 エタン 0.16 0.17 0.37 0.26 0.38
C3H8 プロパン 0.05 0.07 0.12 0.08 0.15
I-C4H10 I-ブタン 0.01 0.02 0.03 0.02 0.03
n-C4H10 n-ブタン 0.01 0.02 0.03 0.01 0.02
I-C5H12 I-ペンタン 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
n-C5H12 n-ペンタン 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
C6プラス C6以上 未実施 未実施 0.01 不検出
小なり0.01)
0.01
O2 酸素 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
N2 窒素 0.04 0.07 0.07 0.04 0.05
C2H4 エチレン 不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
不検出
小なり0.01)
備考         同一のLNGを使用
単位はmol(モル)パーセント

 I-ペンタン、n-ペンタン、酸素、エチレンは全LNGにて不検出のため記載を省略した。
図1 各使用LNGの成分分析結果(グラフ)

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ