ここからサイトの主なメニューです

資料3 教科用図書検定規則及び義務教育諸学校教科用図書検定基準の改正について

 資料3
                                        

教科用図書検定規則及び義務教育諸学校教科用図書検定基準の改正について


1 改正の趣旨
    平成29年3月の小・中学校学習指導要領の改訂等に対応するため,同年5月に取りまとめられた教科用図書検定調査審議会「教科書の改善について(報告)」を踏まえ,平成30年度以降の教科書検定の実施に向けて所要の改正を行った。

2 主な改正の内容
1 教科用図書検定規則(文部科学省令)
 1 検定,採択,発行に関し不公正な行為をした申請者による当該事案に関係する種目の申請図書については,直近の年度の検定において内容審査に入ることなく検定審査不合格の決定を行うこと。
 2 誤記誤植など欠陥を減少させるために訂正申請要件の整理を行うこと。

2 義務教育諸学校教科用図書検定基準(文部科学省告示)
〔教科共通の条件〕
 1 図書の内容の選択及び扱いは,知識及び技能,思考力,判断力,表現力等及び学びに向かう力,人間性等の資質・能力の育成に向けた主体的・対話的で深い学びの実現に資するよう適切な配慮がなされていること。
 2 発行者が管理するウェブページのアドレス等を掲載する場合は,当該ウェブページのアドレス等が参照させるものは図書の内容と密接な関連を有するとともに,客観的かつ明白に不適切な情報を参照させるものではなく,その扱いは公正であること。
〔教科固有の条件〕
 3 社会科において,図書の内容全体を通じて,児童生徒が多様な見解のある社会的事象について多面的・多角的に考察できるよう適切な配慮がされていること。
 4 小学校の算数・理科において,プログラミングを体験しながら論理的思考力を身に付けるための学習活動を学習指導要領に示す内容と関連付けて取り上げていること。
 5 外国語科において,図書の内容と学習指導要領に示す領域別目標との関係が明示されているとともに,必要となる語が実際のコミュニケーションにおいて活用できるよう適切な配慮がされていること。(領域=「聞くこと」「読むこと」等)
 6 外国語科において,図書の内容を音声化したものを参照させるため発行者が管理するウェブページのアドレス等を図書中に掲載する場合は,相互に適切な関連が図られていること。

※ その他学習指導要領の改訂等に伴う所要の改正を行うこと。

3 施行期日
 1 検定規則:平成29年8月10日(訂正申請手続改善関係は平成30年4月1日)
 2 検定基準:平成30年4月1日

お問合せ先

初等中等教育局教科書課

-- 登録:平成30年03月 --