ここからサイトの主なメニューです

教科用図書検定調査審議会 平成28年度第9部会商業小委員会(第1回) 議事要旨

1.日時

平成28年8月26日(金曜日) 10時00分~17時00分

2.場所

文部科学省旧庁舎2階 第2会議室

3.議題

  1. 小委員長代理の指名
  2. 申請図書の審査
  3. その他

4.出席者

委員

柿崎委員,上沼委員,久保委員,小西委員,白井委員,挽委員,万代委員,柳瀬委員

文部科学省

川畑教科書調査官,並木教科書調査官,村尾教科書企画官,竹内教科書検定調整専門官 ほか

5.議事要旨

1.久保小委員長より,柿崎委員が小委員長代理として指名された。
2.平成30年度から使用される教科用図書として検定申請のあった申請図書について,審議を行った。(なお,下記の教科書番号(検定合格した図書に付される番号)及び申請者名は,参考までに記載しているものであり,実際の審議の際は,申請者名が分からないようにした上で審議を行っている。)


【高等学校 商業科 ビジネス実務】
  受理番号27-203(教科書番号345):(実教出版)
    合否の判定を留保することとした。(検定意見箇所数合計 19)
    また,調査意見をそのまま検定意見とすることとした。
 
  受理番号27-211(教科書番号346):(東京法令出版)
    合否の判定を留保することとした。(検定意見箇所数合計 19)
    ・4ページの「株式会社は,全部又は一部の株式について株式会社の承認を必要としない公開会社」について,検定意見を付すこととした。(検定意見2番)
    ・11ページ囲み「コンスタンチノーブル」について,検定意見を付すこととした。(検定意見4番)
    ・12ページ側注「(吹き出しの9行目「フラッド」)」について,検定意見を付すこととした。(検定意見5番)
    その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることとした。
 
 
【高等学校 商業科 原価計算】
  受理番号27-205(教科書番号351):(東京法令出版)
    合否の判定を留保することとした。(検定意見箇所数合計 8)
    また,調査意見をそのまま検定意見とすることとした。

  受理番号27-213(教科書番号350):(実教出版)
    合否の判定を留保することが適当とした。(検定意見箇所数合計 4)
    ・調査意見1番について,意見が出され,指摘箇所を変更することとした。
  その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることとした。

  【高等学校 商業科 財務会計Ⅰ】
  受理番号27-204(教科書番号347):(実教出版)
    合否の判定を留保することが適当とした。(検定意見箇所数合計 5)
  ・20ページの「会社法と金融商品取引法による財務諸表の種類を示すと,次のとおりである。」について,検定意見を付すこととした。(検定意見2番)
    その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることとした。

  受理番号27-206(教科書番号349):(東京法令出版)
    合否の判定を留保することが適当とした。(検定意見箇所数合計 6)
    ・表見返①②の図「企業会計制度の概要(全体)」について,検定意見を付すこととした。  (検定意見1番)
  ・108ページの「国際会計基準によれば………いちじるしくのれんの価値が減少している場合には,価値を減少させる処理を行う必要がある。」について,検定意見を付すこととした。(検定意見4番)
    その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることとした。

  受理番号27-212(教科書番号348):(実教出版)
    合否の判定を留保することが適当とした。(検定意見箇所数合計 7)
    ・19ページの「金融商品取引法及び会社法における財務諸表の種類は,次のとおりである。」について,検定意見を付すこととした。(検定意見1番)
    その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることとした。
   
  (以上)

お問合せ先

初等中等教育局教科書課

-- 登録:平成29年05月 --