ここからサイトの主なメニューです

日本測地系の世界測地系への移行について(取りまとめ)の概要 (平成12年3月 測地学審議会測地部会)

平成12年3月
測地学審議会

(経緯)

 平成10年7月の測地学審議会総会より、次のような観点から、日本測地系の世界測地系への移行について検討。
 昭和56年7月の「地球物理科学の展望と課題」(測地学審議会取りまとめ)において、日本測地系に関し「新しい測地測量体系を志向すべき段階にあると考えられる。」と指摘されて以来、近年における国内外の動向を踏まえ、世界測地系への移行について検討する必要があること。

(ポイント)

1.世界測地系への移行の必要性

 測地系は、地球上の位置を表す経度、緯度等の基準となるものであるが、現行の日本測地系は、明治時代の科学的知識や技術の制約を受けており、主に次にような理由から、人工衛星技術等を用いる世界測地系に早期に移行することが望ましい。

 ○国内外において、科学的研究活動や輸送、測量など様々な分野で、世界測地系が広く用いられるようになっていること。
 ○地殻変動、プレート運動等の地球観測には、最新の精度をもつ世界測地系を利用することが必要不可欠であること。
 ○海図、航空図、地図について、各国際機関(国際水路機関、国際民間航空機構、国連アジア太平洋地域地図会議)が世界測地系の採用を勧告していること。
 ○航法のような科学技術や地理情報システム(GIS)など産業の分野において多くのメリットがあること。

2.世界測地系への移行に当たっての配慮

 世界測地系への移行に当たり、関係各機関(国土地理院、海上保安庁水路部等)は、経緯度数値を基準に行われている社会的諸活動への影響を最小限にするよう努め、国民の理解を得てすみやかな普及を図る必要があること。

(参考)

 平成10年10月に、日本学術会議測地学研究連絡委員会が「我が国の測地基準系の改訂について」(報告)を取りまとめ。日本測地系を、科学的合理性及び国際的整合性を有する世界測地系に改訂することを提言。

お問合せ先

学術国際局学術課

-- 登録:平成21年以前 --