ここからサイトの主なメニューです

養成と採用・研修との連携の円滑化について (第3次答申)

平成11年12月10日
教育職員養成審議会

目次

1.はじめに

2 教員に求められる資質能力について

1.教員に求められる資質能力
(1)いつの時代にも求められる資質能力
(2)今後特に求められる資質能力
(3) 得意分野を持つ個性豊かな教員の必要性
3.教員の各ライフステージに応じて求められる資質能力
(1)初任者の段階
(2)中堅教員の段階
(3)管理職の段階

3 採用の改善

1.採用の現状
(1)教員採用の現状
(2)教員採用の改善の状況
(3)条件附採用制度の運用状況
(4)分限処分等の状況
3.具体的方策
(1)採用選考の多面化
(2)採用選考の内容・基準の公表
(3)良質な学力試験問題の研究開発
(4)条件附採用制度等の運用の改善
(5)障害者の受験に対する配慮
(6)中・長期的な採用計画の策定

4 研修の見直し

1.研修の現状
(1)現職研修の現状
(2)現在実施されている現職研修の問題点
3.具体的方策
(1)教員の自主的・主体的研修活動の奨励・支援
(2)初任者研修の見直し
(3)教職経験者研修等の見直し
(4)社会体験研修の充実
(5)学校栄養職員の研修の充実
(6)学校事務職員の研修の充実 
(7)国が行う研修の見直し

5 大学と教育委員会等との連携方策の充実

3.具体的方策
(1)養成に関する連携
(2)現職教員の大学教員としての活用等
(3)採用に関する連携
(4)研修に関する連携
(5)学校のカリキュラム研究等に関する連携

6.教職課程の充実と教員養成に携わる大学教員の指導力の向上

3.具体的方策
(1)カリキュラムの体系性の確保と大学教員の果たす役割
(2)大学の教授法の研究開発
(3)教育活動に関する外部評価等の導入
(4)教育業績に関する評価システムの研究開発等
(5)附属学校との積極的な連携
(6)現職教員との交流
(7)教育実践に関する研究会等の組織化
(8)教員養成を担当する大学教員の養成のための大学院の充実

7 むすび

お問合せ先

教育助成局教職員課

-- 登録:平成21年以前 --