ここからサイトの主なメニューです

別添・現行基準と新基準との比較 (教育職員養成審議会・第1次答申)

平成9年7月
教育職員養成審議会

免許法第5条別表第1関係

(現行制度)

(注) 上記のほか、施行規則第66条の4により、「日本国憲法」「体育」(各2単位)の修得が必要。

区分 小学校 中学校 高校 特殊 幼稚園
教科 18 18 10 40 40 20 40 40       16 16
教職 41 41 27 19 19 15 19 19       35 35 23
教科又は教職 24     24     24         24    
特殊                 47 23 13      
合計 83 59 37 83 59 35 83 59 47 23 13 75 51 31

(改正案)

区分 小学校 中学校 高校 特殊 幼稚園
教科 4 20 20 10 20 20       6 6 4
教職 41 41 31 31 31 21 23 23       35 35 27
教科又は教職 34 10 2 32 4 40 16       34 10
特殊                 47 23 13      
合計 83 59 37 83 59 35 83 59 47 23 13 75 51 31

(注)上記のほか、施行規則第66条の4により、「日本国憲法」「体育」「外国語コミュニケーション」「情報機器の操作」(各2単位、後2者については仮称)の修得が必要。

施行規則第6条表関係

(現行制度)

教職に関する科目 小学校 中学校 高校 幼稚園
 
2 教育の本質及び目標に関する科目 12 12 6 8 8 6 8 8 12 12 6
幼児、児童又は生徒の心身の発達及び学習の過程に関する科目
教育に係る社会的、制度的又は経営的な事項に関する科目
教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。)に関する科目
3 教科教育法に関する科目 22 22 14 6 6 4 4 4      
道徳教育に関する科目
特別活動に関する科目
4 教育課程一般に関する科目                 18 18 12
保育内容に関する科目
指導法に関する科目
5 生徒指導及び教育相談に関する科目 2 2 2 2 2 2 2 2      
生徒指導、教育相談及び進路指導に関する科目
6 教育実習 5 5 5 3 3 3 3 3 5 5 5
合計 41 41 27 19 19 15 19 19 35 35 23

(注)高等学校の免許状については、上記第2~第6欄で内容等が指定された17単位に加え、内容等の指定のない2単位分の「教職に関する科目」の修得が必要。

(改正案)

教職に関する科目 小学校 中学校 高校 幼稚園
  左記科目に含めることが必要な事項
2 教職への志向と一体感の形成に関する科目 (1)教職の意義及び教員の役割
(2)教員の職務内容(研修,服務,身分保障等を含む。)
(3)進路選択に資する各種の機会の提供等
2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
3 教育の意義及び基礎理論に関する科目 (1)教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想
(2)幼児,児童及び生徒の心身の発達及び学習の課程(障害のある幼児,児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む。)
(3)教育に関する社会的,制度的又は経営的事項
6 6 4 6 6 4 6 6 6 6 4
4 実践に必要な理論及び方法を修得させるための科目等 教育課程及び指導法に関する科目 (1)教育課程の意義及び編成の方法
(2)各教科の指導法
(3)道徳の指導法
(4)特別活動の指導法
(5)教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。)
22 22 14 12 12 4 6 6
(1)教育課程の意義及び編成の方法
(2)保育内容の指導法
(3)教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。)
18 18 12
生徒指導,教育相談,進路指導等に関する科目 (1)生徒指導の理論及び方法
(2)教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む。)の理論及び方法
(3)進路指導の理論及び方法
4 4 4 4 4 4 4 4
(1)幼児理解の理論及び方法
(2)教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む。)の理論及び方法
2 2
5 総合演習 (1)人類に共通する課題又は我が国社会全体に関わる課題のうち一以上のものに関する分析及び検討
(2)(1)に係る課題について,幼児,児童又は生徒を指導するための方法及び技術
2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
6 教育実習 (1)教育実習 4 4 4 4 4 4 2 2 4 4 4
(2)(1)についての事前及び事後の指導
合計 41 41 31 31 31 21 23 23 35 35 27

(注)科目の名称はじめ表中の文章表現は,いずれも仮のものである。
施行規則第3条表及び第4条表関係(第3条表に係る中学校国語の免許状の例)

(現行制度)

第1欄 第2欄 第3欄
免許教科 教科に関する科目 最低修得単位数
国語 国語学(音声言語及び文章表現に関するものを含む。)国文学(国文学史を含む。)漢文学書道(書写を中心とする。) 8又は68又は64又は24計20

(注)上記のほか,免許教科「国語」に係る「教科に関する科目」について,20単位の修得が必要。
ただし,上記のような具体的な科目名称や単位数の指定はなし。

(改正案)

第1欄 第2欄 第3欄
免許教科 教科に関する科目 最低修得単位数
国語 国語学(音声言語及び文章表現に関するものを含む。)国文学(国文学史を含む。)漢文学書道(書写を中心とする。) 計20

お問合せ先

教育助成局教職員課

-- 登録:平成21年以前 --