ここからサイトの主なメニューです

文部大臣あいさつ (教育課程審議会(諮問))

平成9年11月1日
初等中等教育局小学校課教育課程企画室

文部大臣あいさつ

平成8年8月27日
教育課程審議会総会

  1. 教育課程審議会第1回総会の開催に当たり、ごあいさつを申し上げます。
  2. 教育課程審議会は、昭和24年以来、教育課程の改善について数次の答申を行い、我が国の初等中等教育の教育内容の改善と教育水準の向上に大きな役割を果たしてきました。
     このたび、教育課程審議会の委員をお願いしましたところ、御多忙にもかかわらず御承諾をいただき、厚く御礼申し上げます。
  3. 本日ここに、「幼稚園、小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校及び養護学校の教育課程の基準の改善について」諮問申し上げます。
  4. 初等中等教育は、今日、様々な課題に直面しています。このような中で、将来を見通して、学校教育の現状などを踏まえつつ、これからの変化の激しい時代を生きる人間をどのように育成していくか、また、子供たちにどのような教育を行っていくか、徳育・知育・体育の三拍子そろった人づくりをどのように進めていくかについて検討することは極めて重要な課題であります。
     今回、人間として調和のとれた成長を目指し、心身ともに健全で、21世紀を主体的に生きることができる国民の育成を期するという観点に立って、教育課程の基準の改善について諮問申し上げますのも、このような趣旨からであります。
  5. 委員の皆様方には、第15期中央教育審議会の答申を踏まえ、完全学校週5日制の下で、各学校がゆとりのある教育活動を展開し、一人一人の子供たちに「生きる力」を育成するための教育内容の在り方について御検討をお願いします。
  6. 検討に当たっては、次の5つの観点に御配慮願います。
     一点目は、自ら学び、自ら考える力などをはぐくみ、創造性を育てること。
     二点目は、一人一人の個性を生かし、豊かな人間性を育てること。
     三点目は、基礎・基本の指導の徹底を図ること。
     四点目は、社会の変化に適切に対応すること。
     五点目は、各学校段階を通じて調和と統一を図ること、であります。
  7. 以上、諮問に当たり私の基本的な考えを申し述べました。
    何卒十分な御審議を願い、適切な御答申をいただきたいと存じます。
    これをもちまして、私のごあいさつといたします。

お問合せ先

初等中等教育局小学校課教育課程企画室

(初等中等教育局小学校課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --