ここからサイトの主なメニューです

大学設置基準等の改正について (答申) (平成11年3月9日 大学審議会)

平成11年3月9日
大学審議会

○大学設置基準改正要綱

第一 単位互換及び大学以外の教育施設等における学修の単位認定に関する事項
 単位互換及び大学以外の教育施設等における学修の単位認定に関する規定を次のように改めること。

1 単位互換について単位認定できる単位数の上限を、60単位とすること。
2 大学以外の教育施設等における学修について単位認定できる単位数の上限を、単位互換について単位認定する単位数と合わせて60単位とすること。
3 学生が大学に入学する前に行った、当該大学以外の大学又は短期大学における授業科目の履修及び大学以外の教育施設等における学修について単位認定できる単位数の上限を、当該大学への入学後における単位互換及び大学以外の教育施設等における学修について単位認定する単位数と合わせて60単位とすること。

第二 「遠隔授業」に関する事項
 「遠隔授業」により修得することができる単位数の上限を、60単位とすること。

○大学院設置基準改正要綱

 大学設置基準の規定の準用に関する事項
 大学設置基準を改正することに伴い、他の大学院における授業科目の履修等について準用している大学設置基準の規定の読み替えについて、整理を行うこと。  

○短期大学設置基準改正要綱

第一 単位互換及び短期大学又は大学以外の教育施設等における学修の単位認定に関する事項
 単位互換及び短期大学又は大学以外の教育施設等における学修の単位認定に関する規定を次のように改めること。

1 単位互換について単位認定できる単位数の上限を30単位(修業年限が3年の短期大学にあっては、46単位)とすること。
2 短期大学又は大学以外の教育施設等における学修について単位認定できる単位の上限を、単位互換について単位認定する単位数と合わせて30単位(修業年限が3年の短期大学にあっては、46単位)とすること。
3 学生が短期大学に入学する前に行った、当該短期大学以外の短期大学又は大学における授業科目の履修及び短期大学又は大学以外の教育施設等における学修について単位認定できる単位数の上限を、当該短期大学への入学後における単位互換及び短期大学又は大学以外の教育施設等における学修について単位認定する単位数と合わせて30単位(修業年限が3年の短期大学にあっては、46単位)とすること。

第二 「遠隔授業」に関する事項
 「遠隔授業」により修得することができる単位数の上限を、30単位(修業年限が3年の短期大学にあっては、46単位)とすること。

お問合せ先

高等教育局企画課