ここからサイトの主なメニューです

大学院の教育研究の質的向上に関する審議のまとめ (大学審議会・報告)

平成8年10月1日
大学審議会

※大学院の教育研究の質的向上に関する審議のまとめ(報告の概要)については、報道発表一覧に掲載しております。
1 なぜ大学院改革が必要か
(1)学術研究の高度化と優れた研究者養成機能の強化
(2)高度専門職業人の養成機能・社会人の再教育機能の強化
(3)教育研究を通じた国際貢献
2 これまでの改革の進展状況
(1)制度の弾力化と活用
(2)新しい形態の大学院の誕生
(3)高度専門職業人の養成や社会人の再教育の機能を持つ大学院
(4)新しい学問分野の研究科の増加
(5)教育研究環境の改善
(6)学位授与の改善と大学院の評価
3 現状の問題点
(1)各課程において、どのような人材の育成を目的としているのかが明確ではなく、目的に沿った体系的なカリキュラムが編成されていない 
(2)学生・教員の同質性が高すぎて、学問的刺激が弱い
(3)評価システムが十分でなく、競争原理が働かない
(4)国内の交流・国際交流,社会との連携協力の一層の進展が必要
(5)教育研究環境が劣化している
(6)学生が経済的に自立していない
4 問題への対応方策
(1)課程の目的に沿ったカリキュラムの体系化と広い視野を持つ人材の養成
(2)既存組織の見直しと新しい学問分野に対応した大学院の組織編制の多様化
(3)学生・教員の流動性
(4)国内の交流・国際交流の促進
(5)評価と競争原理の導入及びそれに基づく重点的整備
(6)教育研究環境の改善
(7)学生の経済的自立の支援
(8)大学院制度の一層の弾力化

(参考資料)

大学審議会委員名簿
・大学院部会
・大学教育部会
・組織運営部会
・高等教育将来構想部会
・大学入試に関する委員会

お問合せ先

高等教育局企画課

-- 登録:平成21年以前 --