ここからサイトの主なメニューです

小杉文部大臣談話 (中央教育審議会第二次答申を受けて)

平成9年6月26日
生涯学習政策局政策課

中央教育審議会の答申を受けて(談話)(平成9年6月26日)

文部大臣 小杉 隆

 本日、中央教育審議会から、「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」の第二次答申をいただきました。同審議会が、終始極めて熱心に御審議くださり、このような提言をまとめられたことに対して、心から敬意を表します。
 本答申でも示されているとおり、これからの教育は、「ゆとり」の中で子どもたちに「生きる力」をはぐくんでいくことを目指し、一人一人の能力・適性に応じた教育を展開していくことが必要であります。

 本答申においては、こうした理念に基づき、
[1] 過度の受験競争の緩和を図る観点から、大学・高等学校の入学者選抜の改善を推進すること
[2] 学校制度の複線化構造を進める観点から、中高一貫教育の選択的な導入を図ること
[3] 稀有な才能を持った子どもたちのための教育上の例外措置として、大学入学年齢の特例を設けると同時に、学習の進度の遅い子どもたちに対して十分な配慮を行うこと
[4] 高齢社会に対応した学校・家庭・地域社会における教育の充実を図ること
について様々な提言がなされており、これらはいずれも今後の教育改革の指針となる貴重なものであると考えております。

 文部省としては、この答申を最大限尊重し、実行を第一に、所要の制度改革など関係施策の実施をはじめ、教育改革の推進に全力を挙げて取り組んでまいる所存でありますので、国民の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

お問合せ先

生涯学習政策局政策課

-- 登録:平成21年以前 --