ここからサイトの主なメニューです

三.参考

〔「表外漢字における字体の違いとデザインの違い」の見方〕

1 これは、表外漢字字体表において、字体の違いではなく、デザインの違いと考える字形差を、常用漢字表の「明朝体活字のデザインについて」と対照させて示したものである。

2 ここで取り上げたデザイン差は、表外漢字字体表に掲げられた1022字の中に存在するもののうち、必要と思われる範囲に限って示したもので、字体表に掲げられていない表外漢字にまで及ぶものではない。
 また、ここで用いた表外漢字の具体例は、現行の各種明朝体字形を比較するために作成した『字体・字形差一覧』(平成9年、文化庁)から採ったものである。ただし、「卉」については、上記資料に掲げる印刷局書体とは別の印刷局書体を用いて例示したものである。

3 ここで挙げているデザイン差は、現実に異なる字形がそれぞれ使用されていて、かつ、その実態に配慮すると、字形の異なりを字体の違いと考えなくてもよいと判断したものである。すなわち、実態として存在する異字形をデザイン差と字体差に分けて整理することがその趣旨であり、明朝体字形を新たに作り出す場合に適用し得るデザインの在り方を示したものではない。

4 全体の構成は、「常用漢字表のデザイン差項目に該当する部分」と「表外漢字だけに適用されるデザイン差項目の部分」から成る。また、表外漢字だけに適用されるデザイン差項目の部分は、常用漢字表においては字体の違いと位置付けているものを、「画数の変わらないもの」「画数の変わるもの」「特定の字種に適用されるもの(個別デザイン差)」に分けて示したものである。

5 表外漢字だけに適用されるデザイン差項目のうち、「特定の字種に適用されるもの(個別デザイン差)」とは、ここに示した文字にのみ適用するもので、他の文字に及ぼすことはできない。これは特定の字種において、異なる字形がそれぞれある軽度の頻度で使用されていて、かつ、その当該の字形の異なりを他の字種には及ぼせないと判断した場合に、その実態に配慮して、このような扱いとしたものである。
 なお、ここにはもともと別字とされる

のようなものもあるが、実態としては、
字形よりも高い頻度で用いられていることを重視したものである。

6 デザイン差として掲げる具体例の並べ方は、「常用漢字表のデザイン差項目と対照させた部分」については常用漢字表のデザイン差項目における並べ方に従い、「表外漢字だけに適用されるデザイン差項目の部分」については、字体表の例示字形に近い字形を先に並べた。

7 表外漢字だけに適用されるデザイン差の中には、

のように明らかに画数の異なる場合であっても、デザイン差と位置付けているものがある。これらは、現在及び戦前の明朝体字形の実態、文字の骨組みという字体の定義、さらに文字認知の上からもデザイン差と位置付けて差し支えないと判断したものである。

8 ここでデザイン差項目として挙げている「はねるか、とめるかに関する例」や「点か、棒(画)かに関する例」であっても、「干」と「于」における縦画のハネの有無、「戍」と「戌」における点か棒(画)かなどは、それによって字種を分けているのであり、そのような場合は、デザイン差には該当しない。

1 表外漢字における字体の違いとデザインの違い

明朝体活字のデザインについて
 常用漢字表では、個々の漢字の字体(文字の骨組み)を、明朝体活字のうちの一種を例に用いて示した。現在、一般に使用されている各種の明朝体活字(写真植字を含む。)には、同じ字でありながら、微細なところで形の相違の見られるものがある。しかし、それらの相違は、いずれも活字設計上の表現の差、すなわち、デザインの違いに属する事柄であって、字体の違いではないと考えられるものである。つまり、それらの相違は、字体の上からは全く問題にする必要のないものである。以下、分類して例を示す。

1 へんとつくり等の組合せ方について

(1)大小、高低などに関する例
(1)大小、高低などに関する例

(2)はなれているか、接触しているかに関する例
(2)はなれているか、接触しているかに関する例

2 点画の組合せ方について

(1)長短に関する例
(1)長短に関する例

(2)つけるか、はなすかに関する例
(2)つけるか、はなすかに関する例

(3)接触の位置に関する例
(3)接触の位置に関する例

(4)交わるか、交わらないかに関する例
(4)交わるか、交わらないかに関する例

(5)その他
(5)その他 

3 点画の性質について

(1)点か、棒(画)かに関する例
(1)点か、棒(画)かに関する例

(2)傾斜、方向に関する例
(2)傾斜、方向に関する例

(3)曲げ方、折り方に関する例
(3)曲げ方、折り方に関する例

(4)「筆押さえ」等の有無に関する例
(4)「筆押さえ」等の有無に関する例

(5)とめるか、はらうかに関する例
(5)とめるか、はらうかに関する例

(6)とめるか、ぬくかに関する例
(6)とめるか、ぬくかに関する例

(7)はねるか、とめるかに関する例
(7)はねるか、とめるかに関する例

表外漢字字体表においても、左に掲げた常用漢字表の考え方を基本的に踏襲する。以下、常用漢字表でデザインの違いとするそれぞれの例に該当する表外漢字の例を、表外漢字字体表に掲げられた1022字の中から選んで示す。また、表外漢字だけに適用するデザイン差の例も併せて示す。

表外漢字における該当例

1 へんとつくり等の組合せ方について

(1)大小、高低などに関する例
(1)大小、高低などに関する例

(2)はなれているか、接触しているかに関する例
(2)はなれているか、接触しているかに関する例

2 点画の組合せ方について

(1)長短に関する例
(1)長短に関する例

(2)つけるか、はなすかに関する例
(2)つけるか、はなすかに関する例

(3)接触の位置に関する例
(3)接触の位置に関する例

(4)交わるか、交わらないかに関する例
(4)交わるか、交わらないかに関する例

(5)その他
(5)その他

3 点画の性質について

(1)点か、棒(画)かに関する例
 該当例なし

(2)傾斜、方向に関する例
(2)傾斜、方向に関する例 

(3)曲げ方、折り方に関する例
(3)曲げ方、折り方に関する例

(4)「筆押さえ」等の有無に関する例
(4)「筆押さえ」等の有無に関する例

(5)とめるか、はらうかに関する例
(5)とめるか、はらうかに関する例

(6)とめるか、ぬくかに関する例
(6)とめるか、ぬくかに関する例

(7)はねるか、とめるかに関する例
(7)はねるか、とめるかに関する例

4 表外漢字だけに適用されるデザイン差について

(漢字使用の実態への配慮から、字体の差と考えなくてもよいと判断したもの)

A 画数の変わらないもの

(1)接触の位置・有無に関する例
(1)接触の位置・有無に関する例

(2)傾斜、方向に関する例
(2)傾斜、方向に関する例

(3)点か、棒(画)かに関する例
(3)点か、棒(画)かに関する例

(4)続けるか、切るかに関する例
(4)続けるか、切るかに関する例

(5)交わるか、交わらないかに関する例
(5)交わるか、交わらないかに関する例

(6)その他
(6)その他

B 画数の変わるもの

(1)接触の位置に関する例
(1)接触の位置に関する例

(2)続けるか、切るかに関する例
(2)続けるか、切るかに関する例

C  特定の字種に適用されるもの(個別デザイン差)
C  特定の字種に適用されるもの(個別デザイン差) 

2 人名用漢字の字体一覧(制定年別)

一.昭和26年(85字=92-7字=常用漢字表に入ったもの:仙、尚、杉、甚、唐、斉、龍(竜))
一.昭和26年(85字=92-7字=常用漢字表に入ったもの:仙 尚、杉、甚、唐、斉、龍(竜))

二.昭和51年(27字=28-1字=常用漢字表に入ったもの:悠)
二.昭和51年(27字=28-1字=常用漢字表に入ったもの:悠)

三.昭和56年(54字)
三.昭和56年(54字)

四.平成2年(118字)
四.平成2年(118字)

五.平成9年(1字)
五.平成9年(1字)

-- 登録:平成21年以前 --