ここからサイトの主なメニューです

国立大学法人評価委員会(第10回) 議事要旨

1.日時

平成17年6月29日(水曜日) 13時~14時50分

2.場所

如水会館 2階 オリオンルーム

3.出席者

委員

 野依委員長、椎貝委員長代理、荒川委員、飯吉委員、勝方委員、草間委員、笹月委員、寺島委員、鳥居委員、南雲委員、丹羽委員、舘専門委員、山本専門委員、朝岡専門委員、荒船専門委員、白石専門委員、和田専門委員

文部科学省

 石川高等教育局長、徳永高等教育審議官、河村科学技術・学術総括官、布村人事課長、惣脇高等教育企画課長、清木国立大学法人支援課長、芦立学術機関課長、その他関係官

4.議事要旨

(1)国立大学法人の中期目標・中期計画素案及び中期計画変更案について

 富山3大学の統合による富山新大学及び筑波技術短期大学の4年制大学化による筑波技術大学の中期目標・中期計画素案、並びに京都教育大学の中期計画の変更案について、事務局から説明が行われた後、質疑応答が行われた。委員からは、統合する大学については、その目的・効果を明確にする必要がある、また、中期目標期間中に中期計画を変更する場合には、変更理由について、大学側に説明責任が求められるとの発言があった。

(2)タスクフォースの活動報告について

 タスクフォースによる大学訪問の概要について、報告及び意見交換が行われた。大学訪問した委員からは、各大学が改革に取り組んでいる状況を伺うことができ、また、大学と評価委員会が真剣に議論することで評価委員会の活動を高める上で大変有意義であった旨の発言があり、引き続きこのような活動を行っていくことが確認された。

(3)中期目標期間終了時の評価について

 中期目標期間終了時の評価について、事務局から説明が行われた後、意見交換が行われた。教育研究のうち、特に教育の評価のあり方について意見があった。
 この件については、本日の意見も踏まえ、今後引き続き作業委員の先生方を中心に検討していくこととなった。

(4)国立大学法人分科会に付託された事項の審議結果等について

 国立大学法人分科会に付託された審議結果等及び大学共同利用機関法人分科会での審議結果について報告が行われた後、質疑応答が行われた。委員からは、財務諸表の公表に当たり、国立大学法人等の財務面での特性を踏まえ、誤解を生じさせない説明を行うよう要請があった。

(5)国立大学法人及び大学共同利用機関法人の役員の報酬等の水準の公表について

 役員の報酬等の水準の公表及び本委員会への報告等について、事務局から説明があり、委員長から評価委員会としても注視していく必要がある旨の発言があった。

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課

-- 登録:平成21年以前 --