ここからサイトの主なメニューです

国立大学法人評価委員会(第8回) 議事要旨

1.日時

平成17年3月4日(金曜日) 16時~18時

2.場所

フロラシオン青山 3階 「孔雀の間」

3.出席者

委員

 野依委員長、椎貝委員長代理、阿部委員、飯吉委員、カリー委員、奥山委員、勝方委員、寺島委員、鳥居委員、南雲委員、丹羽委員、舘専門委員、宮内専門委員、朝岡専門委員、伊賀専門委員

文部科学省

 石川高等教育局長、清水研究振興局長、徳永高等教育審議官、泉高等教育審議官、村田科学技術・学術総括官、布村人事課長、岡計画課長、河村政策課長、惣脇高等教育企画課長、清木国立大学法人支援課長、芦立学術機関課長、その他関係官

オブザーバー

 木村靖二大学評価・学位授与機構評価研究部教授

4.議事要旨

(1)平成17年度予算案について

 国立大学法人の平成17年度予算について、事務局から報告が行われた後、質疑応答が行われた。委員長から、各大学では予算を有効に活用し、大学本来の使命である教育研究の充実と活性化を期待したいとの発言がなされた。

(2)国立大学法人及び大学共同利用機関法人の中期目標変更原案及び中期計画変更案について

 国立大学法人及び大学共同利用機関法人の中期目標変更原案及び中期計画変更案について、事務局から説明が行われた後、質疑応答が行われた。評価委員会としては、文部科学大臣が原案のとおり目標を変更し、計画の変更を認可することに対して意見なしとされた。

(3)各分科会に付託された事項の審議結果について

 国立大学法人分科会と大学共同利用機関法人分科会に付託された事項の審議結果について報告が行われた後、質疑応答が行われた。

(4)年度評価について

 年度評価の実績報告書の様式等について、事務局から報告が行われた後、質疑応答が行われた。委員長から、各大学においては、しっかりと自己点検・評価を行い、特記事項へ積極的に記載することを期待したいとの発言があった。

(5)中期目標期間終了時における評価について

 資料5の「国立大学法人及び大学共同利用機関法人の中期目標期間終了時における評価の検討について(たたき台、未定稿)」について、事務局から説明が行われた後、質疑応答が行われた。この件については、本日の意見も踏まえ、今後引き続き作業委員の先生方を中心に検討していくこととなった。

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課国立大学法人評価委員会

(高等教育局高等教育企画課国立大学法人評価委員会)

-- 登録:平成21年以前 --