ここからサイトの主なメニューです

国立大学法人評価委員会(第2回) 議事要旨

1.日時

平成15年12月18日(木曜日) 17時~18時

2.場所

フロラシオン青山 「孔雀」(3階)

3.出席者

委員

 野依委員長、阿部委員、荒川委員、奥山委員、木村委員、椎貝委員、寺島委員、南雲委員、丹羽委員、御手洗委員、飯吉委員、カリー委員、後藤委員、中村委員、小野田専門委員、舘専門委員、宮内専門委員、荒船専門委員、伊賀専門委員、中村専門委員、和田専門委員

文部科学省

 遠藤高等教育局長、石川研究振興局長、高塩高等教育審議官、合田高等教育企画課長、山下主任大学改革官、その他関係官

4.議事要旨

 (1)国立大学法人及び大学共同利用機関法人の中期目標・中期計画(素案)に関する文部科学大臣による修正の基本的考え方についての審議
 国立大学法人及び大学共同利用機関法人の中期目標・中期計画(素案)に関する文部科学大臣による修正の基本的考え方について、事務局から説明が行われ、特段の意見なく、基本的な考え方の方向性については了承された。

 (2)国立大学法人及び大学共同利用機関法人の中期目標・中期計画(素案)に関する評価委員会としての意見についての審議
 国立大学法人分科会及び大学共同利用機関法人分科会における審議状況について、両分科会長から説明が行われた後、質疑応答が行われ、今後、引き続き、各分科会において審議を行うこととなった。委員からの主な発言は以下のとおり。

 1つの提案だが、文章で書かれてきたものをチェックするだけでなく、典型的な大学に毎年1つづつでもきちんとフィールドワークに行って、問題点を摘出したり、本当に大学の側にたって制度変更を必要とするものについては国に対して評価委員会として発言するレポートを出すなり、行った方が良いのではないか。

  評価の仕組みとしては、教育研究面の丁寧な評価は大学評価・学位授与機構で行い、本委員会は、総合的な評価を行うという整理となっている。この場合、同機構が適切に評価を行い得るよう、本委員会として、大学に資料提出の要請などを行う必要があるのではないか。

  評価に当たっては、国際競争力の向上や社会への説明責任という観点は重要であるが、それだけでは短期的なものとなってしまうおそれがある。それらの観点は踏まえた上で、なおかつ、少し長いスパンで考えることも大事ではないか。

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課

-- 登録:平成21年以前 --