ここからサイトの主なメニューです

第7回制度検討特別委員会における主な検討事項(案)

1.技術士制度の広報

●多くの技術者(エンジニア)を、技術士制度に巻き込むためにはどのような方策があるか。
 ・大学等在学者や卒業者、若い技術者に対する広報は?
 ・民間企業等の新入技術系社員の基礎的学力の確認のために活用?

2.第一次試験の目的・程度

●大学のエンジニアリング課程により習得すべき能力の確認
 ・IEAのGAを踏まえた試験の程度
 ・高等教育機関における技術者教育によって習得すべき知識の確認
 ・技術者キャリアのスタート

3.第一次試験の免除

●JABEE認定課程ではない、大学のエンジニアリング課程の卒業者に対して一部免除できるか
 (免除の範囲)
 (1)基礎科目と専門科目、(2)基礎科目のみ

4.第一次試験の専門科目の大くくり化

●技術部門に関してどの程度・範囲の基礎知識及び専門知識を確認すべきか

5.「技術士補」称号

●技術者としての基礎的学識(基礎的素養)を有しており、今後「技術士」を目指すことがわかる称号は何か
 例)技術士候補者、技術士予定者、技術士志向者
●「技術士補」称号の登録の必要性、簡便化

お問合せ先

科学技術・学術政策局人材政策課

(科学技術・学術政策局人材政策課)

-- 登録:平成26年05月 --