ここからサイトの主なメニューです

「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の実施状況等のレビュー報告書

平成29年1月16日
科学技術・学術審議会測地学分科会

目次

一.はじめに
1.背景
2.本レビューの目的
二.「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の基本的な考え方
1.地震火山観測研究のこれまでの経緯
2.本計画の基本的な考え方
三.地震火山観測研究計画の変更について
1.東北地方太平洋沖地震の発生を受けて実施した前計画の見直しと現行計画の策定
2.御嶽山の噴火を受けて実施した観測研究体制の見直しと取組
四.重要な地震・火山現象と拠点間連携共同研究
1.近年発生した地震及び火山現象に関する重要な観測研究
(1)主な地震
(2)主な火山噴火
2.優先度の高い地震・火山噴火に対する総合的な取組
3.拠点間連携共同研究
五.災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画の実施状況と今後への課題
1.地震・火山現象の解明のための研究
(1)地震・火山現象に関する史料,考古データ・地質データ等の収集と整理
(2)低頻度大規模地震・火山現象の解明
(3)地震・火山噴火の発生場の解明
(4)地震現象のモデル化
(5)火山現象のモデル化
2.地震・火山噴火の予測のための研究
(1)地震発生長期評価手法の高度化
(2)モニタリングによる地震活動予測
(3)先行現象に基づく地震活動予測
(4)事象系統樹の高度化による火山噴火予測
3.地震・火山噴火の災害誘因予測のための研究
(1)地震・火山噴火の災害事例の研究
(2)地震・火山噴火の災害発生機構の解明
(3)地震・火山噴火の災害誘因の事前評価手法の高度化
(4)地震・火山噴火の災害誘因の即時予測手法の高度化
(5)地震・火山噴火の災害軽減のための情報の高度化
4.計画を推進するための体制の整備
4.1 実施状況及び成果
(1)推進体制の整備
(2)研究基盤の開発・整備
(3)関連研究分野との連携の強化
(4)研究者,技術者,防災業務・防災教育に携わる人材の育成
(5)社会との共通理解の醸成と災害教育
(6)国際共同協力・国際協力
4.2 今後の展望
(1)推進体制の整備
(2)研究基盤の開発・整備
(3)関連研究分野との連携の強化
(4)研究者,技術者,防災業務・防災教育に携わる人材の育成
(5)社会との共通理解の醸成と災害教育
(6)国際共同協力・国際協力
六.総括的評価
1.現行計画策定までの経過
2.現計画の成果と課題
3.計画推進体制の強化
4.現計画の統括的評価と今後の展望3
5.まとめ

参考資料

お問合せ先

研究開発局地震・防災研究課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究開発局地震・防災研究課)

-- 登録:平成29年07月 --