ここからサイトの主なメニューです

平成19年度実施課題−京都大学防災研究所

1.地震発生に至る地殻活動解明のための観測研究の推進

項目 番号 研究課題(または観測項目)名
(1) 日本列島及び周辺域の長期広域地殻活動
1801 西南日本内陸における歪・応力蓄積様式の解明
(2) 地震発生に至る準備・直前過程における地殻活動測研究の推進
1802 次の南海地震の発生予測の高度化
1803 内陸歪み集中帯の構造とダイナミクス
1804 断層における注水実験および応力状態の時間変化
1805 半制御実験による震源核形成過程の解明
(3) 地震破壊過程と強震動
1806 断層面上の不均一な応力・強度分布の解明
1807 スロー・スリップ・イベントのマッピング
1808 強震動予測に関する研究
(4) 地震発生の素過程
   

2.地殻活動の予測シミュレーションとモニタリングのための観測研究の推進測研究の推進

項目 番号 研究課題(または観測項目)名
(1) 地殻活動予測シミュレーションモデルの構築
   
(2) 地殻活動モニタリングシステムの高度化
1809 西南日本の低周波イベントの発生環境と特性の研究
1810 次の南海地震に向けた応力蓄積過程の解明
(3) 地殻活動情報総合データベースの開発
   

3.新たな観測・実験技術の開発

項目 番号 研究課題(または観測項目)名
(1) 海底諸観測技術の開発と高度化
   
(2) ボアホールによる地下深部計測技術の開発と高度化
   
(3) 地下構造と状態変化をモニターするための技術の開発と高度化
   
(4) 宇宙技術等の利用の高度化
1811 キネマティックGPSによる時間〜日周期の変動の検出方法の開発


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ