ここからサイトの主なメニューです

2.地殻活動の予測シミュレーションとモニタリングのための観測研究の推進

(3) 地殻活動情報総合データベースの開発

 地殻活動予測シミュレーションモデルの開発には、基礎となるデータベースが必須である。また、地殻活動モニタリングシステムからの大量・多項目のデータを準リアルタイムで地殻活動予測シミュレーションにデータ同化の手法で取り込むためには、効率的なデータ解析処理法を開発し、それを解析システムに実装することが必要である。そのために、日本列島及びその周辺域の地形、活断層、重力、地殻構造、地殻変動、地下水、地震活動等の基礎データを整理・統合したデータベースを構築する。また、大量の観測データを地殻活動予測シミュレーションに有効に生かすためのデータ解析システムを構築する。このような観点から、平成19年度は以下の研究を行う。

ア. 日本列島地殻活動情報データベースの構築

 現在、日本列島には、高感度地震観測、基盤強震観測、広帯域地震観測、強震観測等多数の地震観測施設があり、これらのデータは多くの新しい知見を生んでいる。引き続きデータの蓄積・公開とその高度化を進める。
 地震活動の変化は、地殻活動を表す重要なデータであり、時間・空間的にできるだけ均質なデータベースとして公開する必要がある。そのために一元化処理による全国地震カタログを作成し、刊行する。また、過去の地震カタログの改訂を継続するとともに、一元化処理以前の大学と気象庁の地震検測データの整合を図る作業を進める。
 現在、ほとんどの観測データは即座にデジタルの形で記録されるが、過去の記録は紙の上だけに残っているものも多い。それらのうち、地震波形記録については、利用を促進するため電子ファイル化やマイクロフィルム化とデータベース化を進める。
 メタデータとしてアーカイブした電子基準点(GEONET観測点)のデータと海上保安庁のDGPS局データの所在情報を随時更新していく。
 地磁気データに関しても、過去のデータを含めてデジタル化するとともにデータベース化を進め、ホームページでの公開に向けた開発を行う。
 日本列島全体をカバーする重力データについて、引き続き山岳等データ空白域での測定、収集、整理を進めるとともに、一般公開を推進する。
 活断層については、インターネットで公開している日本列島の活断層データベースの更なる高度化を行う。また、都市域の主要な活断層調査を進め、順次公表する。
 多種の観測データを統合した総合的なデータベースシステムとしてフィリピン海プレート北縁データベースの構築を進める。
 地震に関連した地下水変化のデータベースについても引き続き整備・公開する

イ. 地殻活動データ解析システムの開発

 地殻変動データを収集・検索するためのシステムに最新のデータを追加するとともに、GPS・水準測量等データの解析・表示を行うシステムの高度化を進める。


「地殻活動情報総合データベースの開発」研究課題(または観測項目)

機関 番号 研究課題(または観測項目)名
北海道大学 1010 日本列島地殻活動データベース
東京大学地震研究所 1417 古い地震記象の整理およびフィリピン海北縁部資料データベースの構築
独立行政法人防災科学技術研究所 3011 地殻活動データベース構築に関する研究
独立行政法人産業技術総合研究所 5010 活断層データベース・活構造図等の研究
国土地理院 6019 変動地形調査(全国活断層帯情報整備)
6020 地殻活動総合解析システム
6029 GPS連続観測データクリアリングハウスの整備
気象庁 7012 過去の地震記象のマイクロフィルム化
7013 地磁気永年変化のデータベースの構築
7014 全国地震カタログの作成
7015 過去にさかのぼった震源計算と、総合的な地震カタログの作成


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ