ここからサイトの主なメニューです

1.地震発生に至る地殻活動解明のための観測研究の推進

(3) 地震破壊過程と強震動

 断層面上のアスペリティ分布やその周辺の応力分布が得られれば、大地震発生に先立って、地震時における破壊開始点や破壊伝播の挙動を推定できる可能性がある。一方、強震動の生成には震源過程のみならず波動伝播の影響も大きいため、実際の地下構造における波動伝播の推定の高度化や半経験的予測手法の高度化も強震動予測にとって重要である。このような観点から、平成19年度は以下の観測研究を行う。

ア. 断層面上の不均質性

 強震動生成に一番大きく関係するアスペリティの分布やその特性を調べる研究を推進し、強震動予測の高度化を図る。
 具体的には、過去の地震の波形や地震活動の解析等によりアスペリティの微細構造を含む断層周辺やプレート境界の構造を調べ、地震活動とアスペリティ分布との関係を解明する。震源過程解析結果の信頼度と分解能を向上させるために、3次元構造を用いた理論波形計算法の高度化や1秒毎に取得したGPSデータの処理の高度化も行う。また、地震時には高速滑りの伝播を阻害すると考えられる非定常ゆっくり滑り発生域の分布を知るために、既存の観測点の高度化と処理の統合化・自動化を図る。このようなアスペリティの分布を迅速に推定し強震動予測に有効に役立てるために、震源過程解析時間の短縮化を図る。また、地表変形の小さい断層について、その性質を明らかにするために、関東平野など活断層の存在が推定されている平野部等を事例研究対象として構造調査を実施するとともに、自然地震等のデータから不均質性を検出する新たな技術開発の可能性について検討する。

イ. 地震波動伝播と強震動予測

 地下構造のモデルを高精度化し、それを基にした強震動シミュレーションや地震動予測手法の高度化を図る。大規模な堆積平野・盆地における長周期地震動予測についても高度化を図る。さらに、断層変位による表層地盤の変位・変形量を数値シミュレーションによって予測する手法の開発を目指して、プログラム開発や物性値情報の取得を継続する。また、既往データの収集整理を行い、地震波伝播特性や観測点地盤特性の影響の評価を進め、強震動予測に必要なデータや計算結果のデータベース化を促進する。最近発生した大地震の震源過程をモデル化し、それによる地震像と実際とを比較することにより、モデル化手法の改良を行う。
 地震発生時に強震動・被害分布や破壊過程を迅速に推定する手法の高度化を推進する。確率論的地震ハザード評価手法を高度化し、さらに震源断層を特定した地震動予測もそれに統合して詳細な地震動予測地図を作成する手法を開発する。


「地震破壊過程と強震動」研究課題(または観測項目)

機関 番号 研究課題(または観測項目)名
北海道大学 1008 強震動予測に関する研究
東北大学 1204 中規模地震の震源過程・震源特性とそれに基づくアスペリティ像の確立
東京大学地震研究所 1407 断層面上の不均一応力変化と強度分布の把握
1408 広帯域シミュレーションによる強震動予測
京都大学防災研究所 1806 断層面上の不均一な応力・強度分布の解明
1807 スロー・スリップ・イベントのマッピング
1808 強震動予測に関する研究
独立行政法人防災科学技術研究所 3005 地震観測網(強震)・予測地図
3006 地震動予測・地震ハザード評価手法の高度化に関する研究
独立行政法人産業技術総合研究所 5005 地表兆候の少ない断層の連続性・活動性・不均質性の解明に関する研究
5006 地震被害予測の高度化の研究


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ