ここからサイトの主なメニューです

1.地震発生に至る地殻活動解明のための観測研究の推進

(1) 日本列島及び周辺域の長期広域地殻活動

 地震発生の原因はプレートの相互作用にあるため、プレート運動モデル(境界の位置、相対運動速度等)の高度化は地震予知研究にとって重要である。また、プレート境界や内部の構造・特性を詳細に調べ、プレート運動に起因する広域の歪・応力が内陸にどのように蓄積・集中していくのかを解明していくことも重要である。このような観点から、平成19年度は以下の観測研究を行う。

ア. 日本列島及び周辺域のプレート運動

 日本列島周辺のプレート運動を解明するためには、長期にわたる広域のGPS観測データが必要となるため、モンゴルとロシア極東地域におけるGPS(汎地球測位システム)観測を継続する。また、南太平洋で稼動中のGPS連続観測も継続する。さらに、GPSのみならず、SLR(人工衛星レーザー測距)の国際共同観測及びVLBI(超長基線電波干渉計)の国内観測と国際観測を継続する。InSARのデータ解析も実施する。

イ. 列島規模のプレート内の構造と変形

 広域における歪・応力の蓄積・集中過程を解明するためには、プレートの構造と歪・応力場との関係を詳細に明らかにする必要がある。
 広域の構造と地震発生との関係の解明のため、北海道の日本海沖において海底地震計を用いた人工地震探査を実施する。中部日本および日本列島全域の震源メカニズム解の推定を行い、また、Hi-netF-net等のデータを用いて上部マントル・地殻内の三次元不均質構造を推定する。西日本においては、沈みこんだフィリピン海プレートと地殻深部流体との関連に着目して、比抵抗調査を継続する。さらに、広域のGPS観測とそれに基づく変位速度の解析を継続し、東南海・南海地域での観測を強化する。
 内陸における歪・応力の蓄積・集中過程をモデル化するためには、地殻・上部マントルの物性、特に変形・流動特性の推定が重要となる。この目的のために、総合的な観測と過去のデータの再解析を実施し、また、過去の大地震の余効変動の解析を継続する。
 このような研究を通して、日本列島内陸部への歪・応力の蓄積・集中過程について検討し、また、構造データと変動データをあわせたデータベースの構築を推進する。さらに、大規模な地震がしばしば発生しているにもかかわらず、その発生機構の解明が遅れている沈み込むプレート(スラブ)内の地震活動に関して解析を行う。


「日本列島及び周辺域の長期広域地殻活動」研究課題(または観測項目)

機関 番号 研究課題(または観測項目)名
北海道大学 1001 日本列島周辺域のプレート運動の解明
1002 北海道北部沖の海底地下構造探査および自然地震活動調査
東北大学 1209 スラブ内地震の発生機構の解明
弘前大学 1101 日本列島の短波長不均質構造と応力分布
東京大学地震研究所 1401 GPSを用いた日本列島周辺のプレート運動の精密決定
1402 日本列島内陸の歪・応力の不均質性の生成原因の解明
名古屋大学 1701 列島内部のレオロジー構造推定
京都大学防災研究所 1801 西南日本内陸における歪・応力蓄積様式の解明
鳥取大学 1901 沈み込む海洋プレートの形状と脱水反応による流体分布の解明
独立行政法人防災科学技術研究所 3001 日本列島における上部マントル・地殻構造の解明
国土地理院 6001 VLBI測量
6004 GPS連続観測(GEONET
6031 アジア太平洋地域地殻変動監視
海上保安庁 8001 海洋測地の推進


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ