ここからサイトの主なメニューです

地震火山部会 地震火山観測研究レビュー委員会(第1回) 議事録

1.日時

平成28年2月16日(火曜日)10時00分~12時00分

2.場所

文部科学省 15階 15F1会議室

3.議題

  1. 議事運営について
  2. 地震火山観測研究レビュー報告書の作成方針と進め方について
  3. その他

4.出席者

委員

(委員)清水、平田
(臨時委員)榎原、棚田、田村、仲西、中村、矢来
(専門委員)市原、加藤、宍倉、関口、中川、西澤、西村、橋本、三宅、山中

文部科学省

谷地震・防災研究課長、松室防災科学技術推進室長、加藤地震調査管理官、出口地震・防災研究課長補佐、浦谷地震火山専門官、森田科学官、加藤学術調査官

5.議事録

[委員の紹介と出席状況など]

・委員、臨時委員及び専門委員の紹介。
・委員の出欠について:木村専門委員が欠席。
・配布資料について確認。
・主査代理の指名:加藤主査から西村専門委員を主査代理に指名。

[議事1.議事運営について]

【加藤主査】それでは、議事に入ります。本日は最初の委員会の開催となりますので、議事運営手続等について、事務局から説明をお願いします。
【浦谷地震火山専門官】参考資料1-1を御覧いただけたらと思います。科学技術・学術審議会の概要とありますけれども、めくっていただきまして、科学技術・学術審議会の主な所管事項といたしまして、(1)、(2)とございます。(2)の2番のところに、測地学及び政府機関の測地事業計画に係る事項ということで、この測地学分科会が深く関わっているところでございます。
 次に、2番の構成等のところで、測地学分科会で測地学及び政府機関における測地事業に関する事項と明記されております。必要に応じて部会を設置するというふうになっております。
 次のページですけれども、関連法令でございます。文部科学省の設置法、平成11年7月16日法律第96号とございますけれども、それの第7条4項に同じことが書かれております。測地学及び政府機関における測地事業計画に関する事項を調査審議することとなっております。
 その下に科学技術・学術審議会令とありますけれども、次のページ、3ページ目に行っていただきまして、審議会令第5条のところに、「審議会に、次の表の上覧に掲げる分科会を置き、これらの分科会の所掌事務は、審議会の所掌事務のうち、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりにする」ということで、測地学分科会がここに明記されております。
 2番に、分科会に属すべき委員、臨時委員、専門委員は大臣が指名するとありまして、この手続きを皆様にさせていただいたところでございます。
 続きまして、5ページに運営規則が書かれております。次に、8ページに科学技術・学術審議会の公開の手続ということで、この会議については公開で行うことと書かれております。10ページには委員名簿がございます。測地学分科会からは、委員として2名参加しておりまして、平田委員と清水委員です。
 これが、まず簡単ではございますが、科学技術・学術審議会の説明です。
 続きまして、参考資料1-2ですけれども、これが運営規則です。第3条第7項には、先ほどの主査代理のことについて記載がございます。第4条には、会議の公開ということで、1、2、3に書かれている場合を除き、公開されるとございます。第5条には、議事録の公表とございます。本委員会の議事録についても公表されることになります。
 続きまして、参考資料1-3には、公開の手続がございまして、これは先ほどの学術審議会のものと基本的には変わりません。次に参考資料1-4には、測地学分科会の構成がございます。階層構造になっておりまして、測地学分科会の下に地震火山部会がございます。測地学分科会の部会長には平田委員で、地震火山部会の部会長には清水委員になっていただいております。地震火山部会の下に本委員会がございます。
 次の参考資料1-5、1-6は、それぞれ測地学分科会と地震火山部会の委員名簿がございます。
 参考資料1-7ですけれども、地震火山部会の当面の審議事項でございます。第8期ですけれども、第8期は、平成24年度からの5年間の研究計画について総括的自己点検報告書原案を作成、検討するとございます。それで、本委員会を設置させていただいたところでございます。
 以上が、科学技術・学術審議会の概要、また、それから、測地学分科会の概要になります。
 それから、本委員会の目的の部分についても説明させていただきます。それについては、資料1の方を御覧ください。
 本委員会については、昨年の10月22日の地震火山部会で設置が決定されております。1番に、本委員会を地震火山部会の下に設置するとございます。2番目には、本委員会は、次の事項を調査審議するとございます。1つ目が、各機関が実施した総括的自己点検資料の検討と。2つ目が総括的自己点検報告書原案の作成となっております。3つ目が計画の実施に関する問題点と今後の課題の整理等とございます。
 3番につきましては、本日お集まりいただいております方々が清水地震火山部会長から指名を頂いているというところになっております。それから、委員会に主査を置くこと、また、この委員会は主査が招集すること、主査が会議の議長となること、主査代理を決めるといったことが書かれてございます。
 以上でございます。
【加藤主査】どうもありがとうございました。今の御説明に関して御質問等ありますでしょうか。よろしいでしょうか。

[議事2.地震火山観測研究レビュー報告書の作成方針と進め方について]

【加藤主査】では、次に進めたいと思います。議事の2番目、「地震火山観測研究計画レビュー報告書の作成方針と進め方について」、事務局から説明をお願いします。
【浦谷地震火山専門官】まず参考資料2を御覧ください。これは昨年10月22日の地震火山部会のときの資料ですけれども、今計画における地震と火山のレビュー報告書を作成するに当たっての作成方針と進め方についてまとめたものを地震火山部会で了承されたものでございます。この作成方針に従いまして、本委員会で作業を行うことになっております。
 2番の今計画における地震と火山のレビュー報告書の作成の考え方の目的のところを読ませていただきますと、「観測研究の更なる進展と次期の災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画の策定を視野に、総括的自己点検評価を行うことを目的に、地震と火山を統合したレビュー報告書を作成する」とございます。
 参考までに参考資料3を御覧いただけたらと思います。これは前回のレビューのときの審議でどのようなことをしたかということを記載しております。こちらの資料につきましては、適宜御参照いただけたらと思います。
 続きまして、レビューの検討内容や作業スケジュール等の詳細なことにつきましては、本委員会で御議論いただく予定でございます。本日は資料2を御覧いただけたらと思いますけれども、資料2を基に作成方針と進め方について御議論いただけたらと思います。
 2ページ目ですけれども、一つずつ読ませていただきます。1の報告書名につきましては、前回のレビューのときに則りまして、「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画の実施状況等のレビューについて」とするとしております。
 2番の取りまとめの対象期間につきまして、前回のレビューで取りまとめました期間よりあとの期間としております。
 3番の今後のスケジュールにつきましては、来月か再来月ぐらいに第2回のレビュー委員会を開催するとしておりまして、各機関にレビュー資料を依頼させていただくことをそのときに予定しておりますけれども、その調査内容について、また、作業分担について御審議いただく予定でございます。その後、4月か5月頃に地震火山部会を開催しまして、本日の委員会で出た御意見等や、また、レビュー資料の調査内容について報告することにしております。
 その後は、レビューの草稿について何回かレビュー委員会で御議論いただきまして、平成28年度中にはレビュー報告書の完成に向けて作業を進めていければと考えております。
 とりあえずここで一旦区切らせていただきます。
【加藤主査】ありがとうございました。ただいまの説明について、御質問、御意見等ありますでしょうか。よろしいでしょうか。
 では、今、御説明があった資料2の項目、3つの項目ですね。最初の3つの項目について意見交換したいと思います。
 まず最初、1番目、報告書名ですけれども、案としては、「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画の実施状況等のレビューについて」とするですが、これについて御意見ありますでしょうか。
 これは計画名そのものですから、特に問題ないと思いますけれども、よろしいですね。では、報告書名は原案どおりということにしたいと思います。
 次の2番目の取りまとめの対象期間ですが、「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の実施状況等のレビューについて」に取りまとめられた期間よりも後の期間とするということになっています。これは当然、前の計画の残りの部分についてもちゃんとレビューする必要がありますから、こういうことになると思いますけれども、これは具体的には平成23年度の途中ぐらいからということですかね。
【浦谷地震火山専門官】そうですね。具体的には、前回のレビューの後になるのですが、どの段階よりも後というのは言えませんので、前回のレビューで取りまとめられた以降ということで、平成23年度中のとき以降ということでよろしくお願いいたします。
【加藤主査】分かりました。これについて御意見ありますか。よろしいでしょうか。
【平田委員】平田ですが、23年というのは重要な年で、つまり、23年の3月に東北地方太平洋沖地震が起きて、その後、いろんな議論がありまして、研究もその後大きく形式、内容、変わりましたので、是非その後どういう活動があったかということも含めてレビューをしていただきたいと思います。以上です。
【加藤主査】はい。東北地方太平洋沖地震の後には、前の計画の見直しなどもありましたけれども、それも当然ここに含まれる。今回の対象に含まれるということだと思います。御意見、ほかにありますか。よろしいでしょうか。
 では、取りまとめ期間は原案どおり、前の地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の実施状況等のレビューについて」の対象期間よりも後ということになります。
 3番目、今後のスケジュールについてですけれども、この案について何か御質問、御意見ありますか。よろしいでしょうか。では、これも、スケジュールも原案どおりということにしたいと思います。
 では、残りの部分について、事務局から説明お願いします。
【浦谷地震火山専門官】ありがとうございました。続きまして、資料2の4番です。検討内容(案)というところを読ませていただきます。
 前回の建議と同様ですけれども、1つ目ですけれども、「近年発生した地震および火山現象に関する重要な観測研究成果」の章を設けまして、近年発生した地震や火山噴火現象に関する重要な観測研究成果について取りまとめるとしております。
 「近年発生した地震および火山現象」の事例案として、次のページに事務局の案がございます。主な地震としまして、2013年4月13日に発生しました淡路島付近の地震、2014年11月22日に発生しました長野県北部の地震、昨年4月25日に発生しましたネパールの地震、昨年5月30日の小笠原諸島西方沖の地震というのを事務局の案として、主な地震として上げております。
 あと、主な火山噴火としまして、御嶽山、口永良部島、箱根山、西之島、阿蘇山、桜島ということを、「近年発生した地震及び火山噴火の事例」の案と、事務局案としております。
 今回のレビューで取り扱う特定の地震、特定の火山というのはこれでよいか確認していただけたらと思います。参考までにこれまでのレビューで取り上げた主な地震及び火山噴火、平成14年、平成19年、平成24年度の時の主な地震と火山噴火について記載しております。
 前のページに戻っていただきまして、2つ目といたしまして、災害の軽減に貢献するための観測研究計画の実施状況の章を設け、本計画(建議)の項目ごとに明記された実施すべき内容を参照し、「実施状況」、「成果」を報告し、「今後の展望」を記述するとしております。
 3つ目としまして、「総括的評価」の章を設けまして、本計画における研究の進捗状況を総合的及び項目別に評価し、次期計画の策定における資料とすると。また、計画推進のための体制整備についても評価し、問題点等についても整理すると書いてございます。
 また、6ページ目には、レビュー報告書の構成案がございます。構成につきましては、前回のレビューと同様に、項目ごとに記載して、最後に総括的評価、用語の解説、参考資料、概要・要旨・付属資料となっております。
 とりあえずここで一旦区切らせていただきたいと思います。
【加藤主査】ありがとうございました。では、今の御説明について質問等ありますか。
【西澤委員】先ほど平田委員が言われたのですが、東北地方太平洋沖地震はここには入らないのですか。
【加藤主査】これから審議する必要があると思います。それは後ほど審議するということにして、ほかに全体的なことで御質問、御意見ありますか。
【田村委員】田村でございます。済みません。目的というのはどこかに書いてあったのかもしれないのですが、よく分からないまま通り過ごしてしまったというのが一つと、あと、前のレビューの報告書と同様にというようなお話がたくさんあったのですけど、基本は同じなのかどうなのか、不勉強なので、また教えていただければと思います。
【加藤主査】まず前回のレビューですけれども、机上資料の真ん中あたりにピンク色のものがあります。これを見ながら考えていただければ、議論していただければと思いますけれども、目的というのは恐らく前回は前書きのところに目的というか、このレビューの趣旨のようなものが書かれていたと思うのですけれども、事務局、それでよろしいでしょうか。
【浦谷地震火山専門官】はい。そうです。
【加藤主査】よろしいですか。
【田村委員】じゃ、目的自体も議論の対象になるという理解でよかったですか。
【加藤主査】そうですね。前書きのところにどういったことを記述するかについても、ここで議論することになると思います。
【田村委員】分かりました。
【加藤主査】ほかにありますか。
【三宅委員】構成案のところですけれども、拠点間連携は、項目として明確に章を上げなくてもよろしいのでしょうか。
【加藤主査】今、6ページ目の構成案のところの議論に入っていますけども、これについては、今、拠点間連携の話がありました。これをどうするかというのと、あと、私がちょっと気になっていたのは、建議のときに、建議の項目を横断して、分野間連携で取り組む4つの研究課題というのがあって、具体的には東北地方太平洋沖地震、南海トラフの巨大地震、首都直下地震、桜島火山噴火ですが、それをどういうふうに扱うかというのも議論しなきゃいけないと思っていました。今の項目横断の4つの対象と拠点間連携をどうするかですが、これについて御意見ありますでしょうか。
 私は、何らかの形で特別に取り上げた方がいいんだろうと思っています。平成26年度の年次報告、これも机上に配られていますけども、これの成果の概要のところでは、最後の方にまとめの前のところ、16ページですね。16ページに優先度の高い地震・火山噴火として東北地方太平洋沖地震、南海トラフ巨大地震、首都直下地震、桜島火山噴火が取り上げられています。最初の年は、平成26年度については、拠点間連携はまだ始まったばかりで、まだ特段、特別に取り上げる必要もないということで取り上げてなかったのですけれども、これらについての扱いについて具体的な御意見、御提案ありますでしょうか。
【平田委員】ちょっとその前に、田村委員から質問があった、このレビューをする目的ですけれども、一応、資料2にあるように、なぜレビュー報告書を出すかというのは、地震火山部会で議論して、非常に概観的なことですけれども、決めているわけですね。それは現行の観測研究を更に進展させるためと、次期の計画の策定を視野に入れて、今やっていることについて、総括的に自己点検をするということが規定されています。ですから、もちろん自己点検した結果、もうやめた方がいいということになれば別ですけれども、基本は次の計画を作るために、よりよくするために議論するということです。それで、今期のレビューは、今までのレビューと非常に大きく違うのは、最初に加藤主査から御挨拶があったとおり、従来は基本的に理学の研究者が中心になって進めてきた観測研究計画を人文社会の分野の参画を得て、方向を大きく変えました。変えたことについて、それが適切であったかどうかということを自己点検するということが非常に重要なことなので、事務局が作られた資料は、これまでのレビューを踏襲していますので、これまでと大して方向が変わらなければ、新しい地震と新しい火山を入れればできますけれども、大きく変えたということを考慮するのであれば、三宅委員が言われたことも含めて、研究の体制も含めて少し議論する必要があるから、そういうことが明示的に項目というか、目次にあった方がいいような気がします。
【加藤主査】ありがとうございました。ほかに御意見ありますか。
【清水委員】清水ですけれども、私も平田委員とほぼ同じ意見なのですが、この事務局案はほとんどこれは、いわゆる従来の、前回のものそのままなんですね。それを新しい建議の項目にただ置き換えただけになっているので、やっぱりかなり今回の建議というのは、前回までの流れとは違っていて、やはり災害誘因というのをかなり前面に押し出していますので、それを例えば拠点間連携とかも含めて、あるいは体制の在り方を、抜本的な改革も含めて協議会の方で検討するというようなことも前のレビューで受けて、外部評価を受けて、そういうことにも今回取り組んでいますので、そういう新しい体制の在り方も含めての項目みたいなものがひとつ、進捗状況についてあった方がいいのかということと、あと、それに関係するのですが、実は前回のレビュー以降、例えば机上資料の資料3ですが、東北地方太平洋沖地震を受けて、建議の見直しをやっているのですね。これがやはりかなり大きな出来事で、これが今のレビュー案には、項目案には、何にも、どこにも出てきていません。これらの災害誘因や体制をもう一回見直すとかというようなことは、基本的にもともとそれは東北地方太平洋沖地震を受けてからの動きの中の延長上にありますので、見直し建議についての自己点検評価みたいなものもどこかに見えるような形になっていた方がいいのではないかというふうに思います。
【加藤主査】ありがとうございます。今のことについて、引き続き御意見頂きたいと思います。これまで出てきた意見ですけれども、まず拠点間連携の扱いとか、項目横断で取り組む4つの対象、こういったものをどういうふうに扱うかということと、それから、前計画であった、建議の見直しについての件、それから、体制整備についての議論です。これらについては、当然構成案のローマ数字4の観測研究計画の実施状況の中に当然含まれるとは思いますけども、それだけではなくて、特別に、何らかの形で別の章なりを設けて、まとめて報告というか、状況をレビューする必要があるかということだと思いますけれども、いかがでしょうか。
【清水委員】済みません。よろしいですか。
【加藤主査】はい。
【清水委員】いわゆる体制の検討とか、拠点間連携とかと、その体制に関することは、例えばローマ数字の4の中の4ポツのところでありますので、この中でいいとは思うのですが、この中の例えば両括弧幾つか、どこかに少し、もうちょっと明示的に見えるように何か書いたら。別に新たにこれ以外に大きい項目を立てる必要はないような気もするのですが。
【加藤主査】はい。分かりました。ほかに。特に意見ないですか。
 まず幾つかありましたけれども、確かに体制の整備に関しては、4の中で議論するのと、総括的な評価のところでまとめればいいのではないかと思いますが、建議の、前計画の計画の見直しについては、一つの章あたりを設けてもいいのかと思うのですけれども、いかがでしょう。
【田村委員】是非やはり計画の方向性が大きく変わったところについては述べなければいけないのかなというふうにも思うところです。この大きなローマ数字2がこれに当てはまるのか、それとも別。これはどちらかというと、基本的な考え方を示すのか。ここの中に幾つか項目を立てて議論すると、前回のものを別に無理やり踏襲する必要はないと思うのですけど、ある程度構造化されていくのかなというふうに思ったところが意見というところです。
 あともう一つ気になりますところが、建議というか、計画の内容と研究の実施体制は少し形を変えて、もっと効率的にやっているところがあるんですけれども、そのあたり、研究グループが実施している研究についてはどこにも述べず、全部再構成をして、計画の形にモディファイするのかどうかというところについては、もう片付いているのでしょうか。ちょっと分からなかったもので。
【加藤主査】よろしいですか。まず最初の建議の見直しについてどういうふうに記述するかですけれども、一つは、2番のこの計画の基本的な考え方、ここでこれまで東北地方太平洋沖地震を受けて計画がどのように変わってきたか。基本的な考え方をどのように変えてきたか。これまでとは違う基本的な考え方で計画を進めてきたかというところで議論するというのは一つの方法だと思いますが、それでよいかですね。
 それとも見直しを受けてというか、東北地方太平洋沖地震の発生を受けてのようなものを別の章として作った方がいいかですが、御意見ないですか。
【平田委員】形式はちゃんと考えた方がいいのですが、内容を思い出していただきたいので、あえて発言しますが、東北地方太平洋沖地震を受けて、我々は2段階で既存の観測研究計画を変えたわけです。まず最初にやったのは、その超巨大な地震に対してどういう研究をするかということを入れたわけです。見直し建議の主要な変更事項は、今までの研究計画の構造は変えずに、その中に東北地方太平洋沖地震のような非常に大きな、ただし、低頻度の地震についてどうやって考えるか。そのときに一応、一応ということはないけど、火山についても低頻度のことは考えようといったので、低頻度だけれども、一旦、地震が起きるといろいろな影響が甚大であるようなものについて研究するにはどうしたらいいかということを考えて、それが見直し建議になったわけです。
 ただし、そのときにはまだ影響といったときに自然科学的な意味の影響にしか考えることはできなくて、もっと自然災害に理学的な研究がどう貢献するかということについては議論が継続して、今の研究計画を作るところで、その災害科学の一部として観測研究をするというところに至ったわけですね。それが私の理解ですけれども、目次を見ただけでも分かるようにする方がいいかなという気がしますけれども、目次にそれがなくても、少なくとも基本的な考え方という章で、席上配布資料の5のところのピンク色の表紙のところを見ると、1ページ分しか書いてなくてですね。要するに、これが最初に建議の計画を作ったときの計画をコピペに近い形でやっているだけですけれども、ここがちゃんと充実して書いてあれば、それはそれでいいと思うのですけれども。それによって、研究の内容として、理学だけじゃなくて、人文社会科学あるいは工学の研究者と連携しなければいけないというふうになったので、そこがきっちり書かれている必要があると思います。
 あとは大きい章立てにするかどうかはちょっと全体のバランスとの関係で少し考えていけばいいかなと思いますけど、内容としては、大きな2段で計画を変えていったということが見えるようになっている必要があると思います。だから、せめて2を1つにするんだったら、2-1と2-2みたいな、あるいはそういう構造を書いていただきたいと思います。
【加藤主査】事務局、この構成案というのは、今日中に確定させる必要がありますか。
【浦谷地震火山専門官】はい。次回第2回で構成案に沿って、執筆の担当を考えたいと思っていますので、出来れば今日、構成案については確定したいと考えているところです。
【加藤主査】ありがとうございます。前回の前計画のレビューを見ると、今回の構成案に大体似ているのですけれども、ローマ数字2とローマ数字3の間に東北地方太平洋沖地震という章があるんですね。これと似たような形で、東北地方太平洋沖地震の発生を受けて、この計画がどのように変わったかのようなものを書くことは可能ではないかと思うのですけれども、いかがでしょうか。
【田村委員】度々済みません。田村でございます。この内容の書きぶりということにも関連してくるかと思うのですけど、基本的には平田委員がおっしゃった意見に大賛成で、外から目次しか見ない人にも内容が分かるような形に是非したいなというふうに思うところです。となってくると、まず、先ほど私が質問しましたが、前書きに目的が書いてあるというのもどうなんでしょうというのがあって、私はこれは前書きとしか読まなかったので、目的がないままに始まっているのかなと思いますので、内容を変える必要はないので、何かしら外側に目的だけではなくて、それも今、平田委員がまさに私に説明いただいたようなこともある程度外から見える。要は、キャプションみたいなものですかね。それが少し外に出ていて、それがいずれ最終報告書が書き上がったときに、これはキャッチーだから、是非いろんな方に分かっていただく必要があるということであれば、章とか項のタイトルに変えていくというような書きぶりにした方がよいのではないかと思い、御提案する次第です。
【加藤主査】例えばですけれども、前書きのところに幾つかセクションを設けて、その中に目的のようなことを書くというのが、それは実際、前のときも書かれているわけですから、これを幾つか内容をうまく区切って目次でも分かるようなものを作るというのが一つのやり方ですね。
【田村委員】はい。
【加藤主査】ほかにありますか。
 まず前書きの考え方についてはそれでよろしいでしょうか。ここは今日の段階でこの下のセクションの名前までは考えられないですけれども、ここを幾つかのセクションに分けるということですね。これを検討したいと思います。これについてはよろしいですね。
 次に、前計画の見直しや東北地方太平洋沖地震に対応して、どのように計画を見直したか。これを何らかの章又はセクションとして独立して、目次に見えるような形にしたいということですが、これについてはいかがでしょう。
 これもちょっと、章の名前を今すぐには思い付かないのですが、2と3の間に何か作るのがいいのかなと思っていますけれども。よろしいですか。
 じゃ、その方向で。章の名前は今すぐには思い付かないんですけど、もし何かいいものがあれば。じゃ、これはここに新たに章を新設することにして、章の名前は後ほど考えたいと思います。
 それから、まだ残っていたのは、実施状況、構成案ではローマ数字の4になっているところ。ここの内容ですけれども、先ほど田村委員からあった質問は、この章立ての名前と地震・火山噴火予知研究協議会で作っている研究グループというか、計画推進部会が対応していないということの、それについての御質問ですね。
【田村委員】そうですね。少し御提案めいたことを申し上げたのは、ある程度計画に沿って皆でやっていることをモディファイして、計画の章にも含めつつ、部会の活動みたいなことにも触れた方がよいのではないかというようなことを御提案したような次第です。
【加藤主査】はい。ありがとうございます。この実施状況の報告は、これはやはり建議に対応しているのがいいと思うので、基本はこの建議の項目立てで議論を、議論というか、成果をまとめるのが適切だと思います。一方、計画の推進体制、地震・火山噴火予知研究協議会での計画推進部会の活動などについては、これは恐らく計画を推進するための体制の整備のあたりで書くのが一つのやり方だと思いますけれども、それでよろしいでしょうか。それでは、そのようにしたいと思います。
 あと、残っているのが拠点間連携と項目横断の4つの記述ですけれども、これをどうするかですが、三宅委員、最初に質問がありましたけれども、具体的な提案などありますか。
【三宅委員】私は目次の中に明示的に拠点間連携という漢字が見える形で入った方がよいと思います。
【加藤主査】例えばローマ数字の4のところには、4つ、章がありますけれども、これを5番目の章を作るとか。
【三宅委員】いえ、そこまでではなく、主査が先ほど御説明されたとおり、ローマ数字4の4ポツの下でもよいので、目次にきちっと漢字が出るような形がよいと思います。
【加藤主査】はい。これは現在の年次報告、平成26年度の年次報告と同じような扱いになると思いますけれども、この実施状況のところに建議の項目の1から4の下に5番として拠点間連携の研究や、項目横断で扱う研究、推進する研究についての実施状況のレビューを行うということですが、これについて御意見ありますか。
 じゃ、御意見ないようでしたら、多分それが拠点間連携や項目横断の内容は重要だと思いますから、これも4の下に新たにセクションを設けて、目次に見えるような形にしたいと思います。
 あと、これまでに出てきた話では、体制整備。推進体制の整備については、これは建議では、地震・火山噴火予知研究協議会で検討するようにというふうに書かれていて、実際検討が進んでいるんですけども、これは当然、ローマ数字4のところ、研究を推進する体制の整備のところで記述すると思いますが、そのほかに総括的評価のあたりに項目一つぐらい、セクションを設けてもいいかもしれないと思っていますけども、いかがでしょうか。これは総括的評価の下の1の現行計画策定前の経過。これは体制も含めると思いますけれども、2番目の現計画の成果と課題というと、どことなく研究のことが主体な感じがするので、体制について、また別に設けてもいいかもしれないと思いますが、どうでしょう。
【平田委員】賛成です。
【加藤主査】よろしいですか。じゃ、この2と3のあたりに、体制について一つのセクションを設けたいと思います。章や節の名前については後ほどメールで原案などお示ししたいと思います。
【平田委員】これも当たり前というか、今まではそうしていたのですけれども、つまり、この総括的評価というのが一番重要で、最終的に総括的評価で、今後の方向性を示して、今やっていることについて肯定的に書いたりとか、否定的に書いて、将来の方向性をここで示す必要がありますので、ここにいろんな、今やっている拠点間連携のことや何かもやっぱり改めてこういう方向性を進めるのであれば、ポジティブに評価するというようなことを書く必要がありますので、ここに是非体制についても入れていただきたいと思います。
【加藤主査】はい。ありがとうございました。ほかに構成案について御意見等ありますでしょうか。
【加藤学術調査官】「近年発生した地震及び火山噴火の事例」についてなんですけど、これを選ぶ基準というのはどういう基準があるのですか。
【加藤主査】ちょっと待ってください。これはまた後でやりますので、それ以外についてお願いします。この「近年発生した地震および火山現象に関する重要な観測研究成果」の章を設けることについては、特に問題ないですね。
【加藤学術調査官】どの地震を選ぶとかそれは。
【加藤主査】それは後でやります。
【平田委員】これはむしろ事務局に聞いた方がいいのかもしれないのですけれども、測地学、このレビューはあくまで建議された計画についてのレビューが中心ですけれども、この机上資料の中にあるとおり、測地学分科会としては、例えば御嶽山の噴火を踏まえた火山の研究というのが一方で議論して報告されているわけですね。だから、その内容はこのレビューの中には入るのか、入らないのかというのはちょっとはっきりさせといた方がいいかなと思うのですけど。
 だから、これは章立てとかそういうことではなくて、内容をどこかの章に入れてもいいものなのか。それともこれは別なものという整理なのか、いかがでしょうか。
【浦谷地震火山専門官】済みません。それにつきましては、資料3のところで意見交換を行う予定で、資料3の方をちょっと御覧いただきますと、観測研究計画の変更についてというのが一番上にございますけれども、3つ目に、御嶽山の噴火を踏まえた対応についてというのを、一昨年の11月に取りまとめておりますけれども、取り扱いについて意見交換を行う予定でここに記載しております。
【平田委員】じゃ、後でやるのだったらいいです。
【加藤主査】はい。ほかにありますか。
【三宅委員】もう一点お伺いします。平成24年度と平成25年度の前の建議の研究計画についてのレビューは含まれる。つまり、含まないといけないのですよね。
【加藤主査】当然含まれます。
【三宅委員】それは章としてどこに入ることになるのでしょうか。
【加藤主査】章は、内容、これまでも計画が変わるごとに、ここまで大きくは変わらなかったですけれども、毎回章立てが変わっていますから、それは内容を見て、この委員会で判断して書くということになります。
【浦谷地震火山専門官】済みません。席上配付資料の1に24年、25年のときの内容につきましては、今回の建議でどれに対応するかということを記載しております。
【加藤主査】はい。ありがとうございました。大変複雑ですけれども、この計画に参加している方、ここにいる方は内容を見れば、どこに記述すべきかというのはちゃんと分かると思いますので、この現在の研究計画の内容の中にうまく入れるように執筆する必要があると思います。
 ほかに構成案について何か御意見ありますか。
 では、構成については、章の名前はまだ検討しますけども、大筋はここで固まったというふうに考えたいと思います。
 次に、構成案の3、近年発生した地震及び火山噴火に関する重要な観測研究の成果、これで取り上げるものについて議論したいと思います。
 事務局の案は資料2の3ページ目にあります。地震については4つ、主な火山噴火については6つ挙げられています。前回は、この机上資料のピンク色のところの8ページ目から始まっていますけども、主な地震として4つ、火山噴火として2つ取り上げられています。先ほど加藤学術調査官からあった主な地震、火山噴火を取り上げる基準ですけれども、これは事務局としては何か基準のようなものは決まっているんでしょうか。
【浦谷地震火山専門官】災害を伴うような地震、火山噴火というのがまずあると思います。また、その観点とは別に、この地震と火山噴火は特に外に出して、記述した方がいいというようなものかどうか、というのが判断になるかと思います。
【加藤主査】これはこのレビューの対象期間の間に発生した地震・火山噴火ということになるんでしょうか。
【浦谷地震火山専門官】はい。そうです。
【加藤主査】ということは、東北地方太平洋沖地震は入らない?
【浦谷地震火山専門官】そうですね。この中には入りません。
【加藤主査】じゃ、そうすると、東北地方太平洋沖地震は、先ほどでも項目横断で議論する対象にもなっていましたし、そちらの方で記述する方が適切というのが事務局の考え方ですね。
【浦谷地震火山専門官】はい。そうです。
【加藤主査】分かりました。西澤委員、そのような考えでよろしいですか。
【西澤委員】はい。先ほどの項目で、どこにも東北地方太平洋沖地震のことが書いてなかったので、もちろん最初の方でこの計画、建議が立ったときのきっかけですね。そのことについてしっかり書くと同時に、それから、やはり前回のレビューは東北地方太平洋沖地震の成果が出る途中の段階で終わってしまっているものじゃないかと思うので、その後で多くの成果が出ているので、そこがどこに書かれるのかというのが少しはっきりさせた方がいいのではないかと思ったところです。
【加藤主査】分かりました。
【平田委員】前回は入ってないんじゃない。
【加藤主査】前回は別の章。
【清水委員】入れてあるんですけど。
【平田委員】別の章。ああ、そうか。
【清水委員】ええ。別の章で、主な地震のところで。章を変えているんです。2章か、3章か、忘れましたけど。
【加藤主査】3章ですね。
【平田委員】ああ、これか。
【清水委員】そこです。はい。
【平田委員】これは。ああ、そうか。
【清水委員】ええ。独立して取り上げている。ただし、西澤委員が言われるように、まさに途中の、こういう観測を始めたという成果についても途中のことしか書いていないので。
【平田委員】はい。余効的地殻変動や余震もまだ続いているし、それの成果がいっぱい出ているし、それから、海域の調査も非常に進んだから、まあ、その本震が起きたのはこの期の前ですけれども、自然現象としては続いているので、前回の建議みたいにこの章を一つ独立にはしなくても。だから、科学的な意味と、それから、それによって、計画を変えたという両方があるわけだから、その体制については当然書くとして、その研究の成果についても入れてもいいんじゃないかという気がしますけど、いかがでしょうか。
【加藤主査】いや、例えば東北地方太平洋沖地震に関連する地殻活動とかそういった取り上げ方であれば、地震後の現象も含められると思うんですけれども、いかがでしょうかね。平田委員、それでよろしいですか。
【平田委員】いいです。
【加藤主査】では、主な地震として、東北地方太平洋沖地震と、それに関連する地殻活動のような形で取り上げたいと思います。
【西村委員】先ほど話のありました幾つかテーマごとに決めた地震の中に、東北地方太平洋沖地震が入っていますよね。首都直下地震、それから、桜島火山噴火、東北地方太平洋沖地震、あとは南海トラフの巨大地震、それとのバランスもあるので、主な地震に東北地方太平洋沖地震を入れてしまうと、2回書くことになってしまうかもしれませんので、もう少し整理した方がいいんじゃないかと思います。
【加藤主査】ちょっとよろしいですか。ここ、項目横断して取り組む地震・火山噴火についてどういうふうに書くかなんですが、平成26年度の年次報告については、科学的な内容、成果については、ほとんど建議の項目の方に書いて、最後のところでは、どのように取り組んだかと、成果、特に重要な成果をまとめるぐらいで、こちらにはあんまり科学的な成果は書かなかったんですよね。だから、この新しく作る章の性格によりますけども、科学的な内容については、もし東北地方太平洋沖地震を「近年発生した地震及び火山噴火の事例」のところに入れるのであれば、そういう書き方もできるんじゃないかと思いますけど。
【西村委員】分かりました。書く内容をきちんと分ければそれでよいと思います。
【加藤主査】ほかにありますか。まず地震から行きましょうか。東北地方太平洋沖地震と、それに関連する現象については取り上げることにして、事務局案で4つ出ていますけれども、これらについて御意見、御質問等お願いします。
【加藤学術調査官】海外で、チリでマグニチュード8のクラスの地震が2つ起きていますので、やっぱりその知見というのは入れた方が。やはり国際的な共同研究を進めると、建議で書かれていますし、マグニチュード8を超える地震というのはそう頻繁に起きるわけじゃないですので、新たな知見というのはいろいろそのたびに得られるわけですので、そういった知見というのは日本の国内の研究者はあんまりやっていない状況だとしても、やはり海外の研究者は研究していますので、そういったレビュー的な内容でもいいので、私としてはやはりそういった地震の解析で分かったことですね。新たな知見というのをやはり加えていくことが重要じゃないかと思います。
【加藤主査】新しい計画になって、巨大地震の研究というのは非常に重要というふうに考えられていますので、チリの地震を取り上げるというのは一つの考え方だと思いますけども、御意見いかがでしょうか。じゃ、これは取り上げるというふうに考えたいと思います。
【平田委員】2つの地震を1つの項目でいいよね。別々がいいか?
【加藤学術調査官】そうですね。昨年も南の方でマグニチュード8.3の地震が起きていまして、そこももちろん気象庁さんは毎回マグニチュード8を超えるような地震であれば、少なくとも滑り量分布は出されていますし、基本的な資料というのはあるわけですので、2つ取り上げた方が私はいいのではないかなと思いますが。
【加藤主査】2つというのは2つを別々の節にする。
【加藤学術調査官】別々でもいいですし、いや、なかなか難しい。
【加藤主査】それはそこまで必要ない?
【加藤学術調査官】まあ、そこまで必要ないかもしれないですけど。
【西村委員】もちろん非常に重要な地震が世界で起きるし、噴火も起きると思いますけれども、そういう意味じゃ、この全章立てで、3項の「地震および火山現象に関する重要な観測研究成果」ということですよね。この場合に何をもって観測研究成果ということが基本にないと、いわゆる学術的なレビュー論文とは言いませんけど、レビューになってしまって、どこまでがこの観測研究で実施されたかどうかが不明になるので。
【加藤学術調査官】だから、少なくとも気象庁さんは初期解析をしますので、何らかの滑り量分布とか、例えば昨年のチリの地震の深い側で破壊が始まって、浅い側の浅部が、いわゆる浅部の津波を起こしたような地震、まあ、浅い側で大きな滑りが出ているんですけど、いわゆる東北地方太平洋沖地震のミニチュア版みたいな破壊が起きているわけですので、そういった破壊過程1個とっても、我々が知らない現象というのが入っているわけですから、それはある意味、学術的なそういうレビューっぽいのになってしまうかもしれませんけど、少なくとも、担当機関の気象庁さんは解析されているわけですので、やはりそういった成果をベースにレビュー的な内容でもいいので、私は載せた方が知見として広がると思います。やはりこういった成果としてまとまる。レビューとしてまとまりますので、コミュニティとしても情報を把握しやすいですし、それ以外の人にも情報を発信するという点では重要ではないかなと思います。
【西村委員】知見としてまとめるのは重要だと思います。それから、気象庁さんが実施されている研究成果が基本的に入っているということであれば、そういった巨大地震を入れることに私は反対は全くしませんし、是非入れるべきだと思います。ただ、どこの機関も全くやっていないものまでの地震についての成果をまとめるというのは。
【加藤学術調査官】いや、マグニチュード8を超えれば大体気象庁さんはほぼデフォルトでやられていますので。
【西村委員】ええ。そういう条件があればいいですけれども、そのあたりをきちんとしておかないと。
【加藤学術調査官】はい。そうですね。だから、何らかの条件で。
【西村委員】観測研究成果のレビューということなので。
【加藤学術調査官】ええ。分かりました。
【西村委員】どこかで敷居を作っておく必要はあると思います。
【加藤学術調査官】そうですね。その敷居について議論していただけると。例えばマグニチュード8以上とか、浅い側がどれぐらいとか。
【西村委員】そういう意味では、私の意見としては、やはりこの参画機関が何がしかの観測研究、観測だけではなくて、いろいろな研究がありますけれども、そういう研究成果を出したということだと思います。
【平田委員】それは気象庁以外もやっているだろう。
【加藤学術調査官】もちろんやっている方もいると思います。少なくとも気象庁さんはすぐにやられますので。
【加藤主査】例えばこの研究計画で特に重要な東北地方太平洋沖地震との関連で議論とかできると、取り上げる価値があると思いますけれども、気象庁、中村委員、何か御意見ありますか。
【中村委員】観測研究という位置付けだとどうかなと思いますけど、気象庁が業務的にそういう海外の巨大地震については一通りの分析をして、地震調査委員会に報告することはしておりますので、ある程度のコンテンツとしては気象庁では作っております。
【加藤主査】ありがとうございました。では、ほかに今の議論について御意見ありますか。では、この地震は取り上げる方向で検討したいと思います。
 ほかに候補に上がっている地震ですが、いかがでしょう。みんな取り上げる方向でいいでしょうかね。ここに出ているもの、割と小さいものもあって、十分な成果があるかどうかとか、あと、4番目に上がっている小笠原の地震ですが、これは規模は大きいですけれども、深発地震で、今の研究計画ではスラブ内地震も対象になっていますけれども、ここまで深い地震というのはあんまり考えてなかったと思うのですが、これが地震の災害にどの程度結び付くかということで、ちょっと迷う点があると思うのですけれども、御意見いかがでしょう。
【平田委員】エレベーター、たくさん止まりましたから、こういうものが起きたときにどうなるかというのは非常に重要なことなので、今後も自然現象としても非常に深い地震で、不思議な地震ということと、それが社会にどういう影響を与えたかということは重要ですので、取り上げられた方がいいと思います。
【加藤主査】ありがとうございます。ほかに御意見ありますか。じゃ、ほかの地震についても、例えば淡路島付近の地震はこれもちょっと規模としてはやや小さめで、内陸地震としてはおもしろいものかもしれないですけれども、何かありますか。
【平田委員】これは関西の人は。関口委員かな。
【加藤主査】実は内陸地震の専門の方があんまりおられないのですけれども。加藤学術調査官、何かありますか。
【加藤学術調査官】はい。京大防災研とか九州大学中心に臨時観測点を展開されて、解析。応力場の解析とかされていますので、たくさんはないかもしれませんけど、そこそこの解析結果は出ていると思います。成果は。
【加藤主査】ありがとうございます。では、ほかに何かありますか。じゃ、ここにある4つの、事務局で提案された4つの地震は取り上げることにしたいと思います。
 ほかに抜けているもの、見落としているものなどないでしょうか。よろしいですか。では、地震はこれで確定ということで、次に、主な火山噴火ですが、この前のこのレビューの対象期間に噴火活動があった6つの火山について上がっていますけれども、これについて御意見をお願いします。
【橋本委員】橋本です。西之島は災害という観点からいうと、ちょっと外れているのではないかと思うのですが、そういうことに絡めて成果として評価できるのかどうかというところを議論した方がいいかなと思います。
【加藤主査】災害、この火山噴火が必ずしも直接災害に関わらなくても、火山噴火のメカニズムを理解、解明することで、今後の災害軽減に役に立つような知見が得られるのであれば、取り上げる価値はあると思いますけれども、いかがでしょうか。
 ただ、西之島に関しては、観測が十分できて、十分な科学的な知見が得られたかどうかというのは、私にはちょっとよく分からないところがあるんですけれども。
【市原委員】いいですか。市原です。西之島に関しては、最初は災害とは全く無関係だとは言われていたのですけれど、津波発生の可能性というシミュレーションが出て、父島の方では結構緊張感がありまして、そういった離島の火山が噴火したときにどういうふうにモニタリングするかというのはそれなりに重要な問題としてあると思います。観測も、JAMSTEC、海上保安庁さんと協力してやっていますので、報告することはあるかと思います。
【西澤委員】付け加えですけど、船も周りを航行していますので、航行警報とか出すためには、やはりどれぐらいの噴火があって、周りに影響を及ぼすかということも大事だと思います。
【加藤主査】はい。ありがとうございます。では、西之島は取り上げることにしたいと思いますが、ほかの5つの火山について何か御意見ありますでしょうか。これらみんな取り上げるということでよろしいですか。
【清水委員】いいと思うのですけれども、桜島の扱いは先ほどの東北地方太平洋沖地震と同じような形で、項目横断にもなっているんですね。だから、その書き方としてはちょっとその辺を工夫する必要があると。
【加藤主査】はい。
【平田委員】外国はないの?
【清水委員】外国。中川委員、何かありますかね。主な火山噴火。
【加藤主査】中川委員、何か。
【平田委員】世界的にこの間に起きた、日本が貢献した大きな火山噴火。
【中川委員】別件でいいですか。私、ひとつ今考えていたことがあって、前のレビューでは、3ページの下ですけど、有珠山とかそういう主な火山があって、その他の火山というのが項目としてあったんですけど、今回は主な火山噴火だけで、その他の火山というのがないと思うんですけど、例えば蔵王であるとかちょっと噴火のおそれがあるというので、皆さん緊張した火山があると思うので、そういうのもその他の火山ということで取り上げてもいいのかなと思っていたのですが、いかがでしょうか。
【加藤主査】じゃ、今の中川委員の御質問ですが、当然、科学的な知見などは4章の中に、実施状況のところで記述することはできるのですが、今回のレビューの対象期間というのは火山活動が活発なところがかなりあって、関心も集めたと思うので、その他の火山について何らかの記述をすることも可能だと思いますけれども、御意見ありますか。
【西村委員】西村です。蔵王ですとか多くの火山が活発化になっているのは分かるのですが、そういう意味では、どれぐらいの分量を書けるかというところだと思います。その下のいわゆる4章ですとか全体の成果のところで書くこととなるべく重複しないように書くというのが。蔵王であれば蔵王だけで一つ大きなトピックを書けるかどうか。あとは例えば霧島の硫黄山ですか。そういったものが書けるかどうかとかいろんなことを考えなければいけないとは思うんですよね。ただ、そういう活動があったことを小さな活動があって、社会問題になったということを非常に前面に押し出したいのであれば、コンパクトにまとめて書くのはいいのではないかと思います。多少すみ分け、先ほどの4つの大きなイベントの形と同じように、少しすみ分けを考えてまとめる必要があるんじゃないかと思います。
【加藤主査】中川委員、何か。
【中川委員】あと、海外の噴火ですか。
【加藤主査】はい。
【中川委員】海外はやはり日本でもかなり貢献したインドネシアのシナブン山とかは入れるべきかなと思います。
【加藤主査】ありがとうございます。じゃ、火山噴火に関しては、ここに提案、事務局の提案があった6つは取り上げることにして、あと、シナブン山。インドネシアですけれども、これがありますが、ほかによろしいですか。
【中村委員】済みません。気象庁ですけど、その主な火山噴火に取り上げているところの明確な基準というのがあるわけではないと思っていますが、噴火したという点では、浅間山も期間内に噴火しているので、ただ、項目を立てて、浅間山に関して何かいろいろ書くことがあるのかどうかというのがよく分からないので、主な火山噴火というところで、浅間山も噴火しているということを申し上げておきます。項立てするのか、あるいは先ほど御議論があった、その他の火山の中に入るのかというのが、基準に照らしてどうなのかというのがありますが。
【加藤主査】今、浅間について御意見ありましたけど、何かありますか。よろしいですか。
 では、ここに特別に取り出して、項目立てするほどではないものについては、例えば主な火山噴火のところに前書きか、若しくはまとめみたいな文章を付けて、そこに少し記述して、詳細については実施状況の方で書くというので、それはいかがでしょうか。よろしいですか。
(「異議なし」の声あり)
【加藤主査】それでは、そのように扱いたいと思います。
【西村委員】一つだけいいですか。
【加藤主査】はい。
【西村委員】今決めた、近年発生した地震と火山噴火ですが、今後起きたものは、入れないということでしょうか。それとも、あとはここに上げたものをもう変えられないということでしょうか。
【浦谷地震火山専門官】今後、地震や火山噴火があったら、取り上げます。
【西村委員】分かりました。
【加藤主査】それでは、「近年発生した地震及び火山噴火の事例」については、事務局案に加えて、幾つかの地震・火山を追加することにしたいと思います。
 じゃ、ここまでの議論、どうもありがとうございました。
 次はまた事務局にお返しすればいいですかね。お願いします。
【浦谷地震火山専門官】4ページの資料2の5番の作成方針のところですね。読み上げさせていただきますと、1つ目ですけれども、本計画では、災害誘因の予測に基づき災害の軽減に貢献することを最終的な目標と位置付けており、災害の根本原因である地震や火山噴火の発生と、それらが引き起こす災害誘因を共に予測して、地震や火山噴火による災害の軽減につなげるのに資する学術研究であるかという観点で作成するとしております。
 2つ目ですけれども、本計画では、地震や火山噴火予知の実現により災害軽減に貢献するという方針から、地震発生・火山噴火の予測を目指す研究を継続しつつも、地震や火山噴火が引き起こす災害を知り、研究成果を地震、津波及び火山噴火による災害の軽減につなげるため、地震学や火山学を中核とし、災害や防災に関連する理学、工学、人文・社会科学などの分野の研究者が参加し、協働して計画を推進すると方向転換したことによる効果、及び問題点についてまとめると書いてございます。
 これが作成の方針の(案)ということで、これについても御議論いただきたいと思います。ここで一旦区切らせていただきます。
【加藤主査】ありがとうございました。では、今、事務局から作成方針(案)について御説明がありましたけれども、これについて、質問、御意見お願いします。問題はないでしょうか。
 じゃ、はい。田村委員。
【田村委員】田村でございます。これはよく分からないんですけど、このレビュー全体を流れる方針と捉えてよろしいんですか。
【浦谷地震火山専門官】はい。執筆の担当を実際に割り振って、実際の執筆作業に入るんですけれども、執筆の作成方針に当たって、こういう観点で作成するということをこの(案)としております。
【田村委員】そうなると、まず知りたいのは、前段までのレビューの作成方針(案)は、これとは違った内容だったのかということ。
【浦谷地震火山専門官】いえ、前段まで、この全体として、こういう観点で作成するということです。
【田村委員】前段までのレビューというか、前の計画は特に災害の軽減に資するということを大きくうたってはいなかったと思うので、これは多分、今回の計画の特徴というようなものに基づいているんだと思うんですけど、社会科学の私の方から言うのもなんですけど、全体をこの観点でまとめる必要はないんじゃないですか。こういったことももちろん加味しながら観測研究自体のレビューということを行うということなので、前段に前の方針がありつつ、今回計画が変わったので、この作成方針があるというふうに付加されるのが妥当じゃないかと思います。ただ、前のレビューの方針を見ていないので、何とも言えませんが。
【加藤主査】確かにそのとおりですね。ただ、この計画全体が災害の軽減に貢献することを念頭に置いて、理学研究も行うということは重要なので、ここに書いてあることは当然重要なんですけども、将来的に災害軽減に貢献する可能性のある地震火山研究をするということももうちょっと強調されてもいいかもしれないです。
 じゃ、その辺、修文するということでよろしいですかね。
【平田委員】この方針の最初の丸のところに、地震や火山噴火による災害の軽減につなげるに資する学術研究であるかどうかという観点で作成するというのはちょっときつ過ぎるんですよね。つまり、これをわざわざ観測研究計画としたのは、学術研究以外も観測をやるということについてもこの計画の中で重要というふうに位置付けているので、これだとちょっと業務機関は困ると思うんですけど。私が言うことじゃないけど、何かちょっとここは学術研究じゃなくて、観測研究であるぐらいにした方がよろしくはないでしょうか。
【加藤主査】気象庁、地理院、何か御意見ありますか。
【中村委員】気象庁です。気象庁として、建議の計画にエントリーさせていただいているものの中は、気象研究所の研究、学術研究とかもありますけれども、いわば気象庁が防災の業務でやっている一連の業務の中で行っているものも入れさせていただいているので、そういう観点では学術研究というのを強調されると、ちょっと書きづらいなというところはあります。
【加藤主査】よろしいですか。
【矢来委員】国土地理院も同様ですね。
【加藤主査】では、今、平田委員の指摘があったことも考慮して、この作成方針(案)は修正したいと思います。
 ほかに何かありますか。よろしければ、作成方針(案)については、田村委員と平田委員の御指摘を考慮して修正したいと思います。
 続いてですけれども、この後はまた事務局にお願いします。
【浦谷地震火山専門官】5ページ目ですね。6番のその他の項目です。読み上げさせていただきますと、1つ目ですけれども、補足資料として、「用語集」、及び「概要、要旨、付属資料」を取りまとめると。2つ目としまして、参考資料として、予算、定員、観測点、論文数及びリスト、国際共同研究等の調査を行い報告すると書いてございます。
 ここで一旦区切らせていただきます。
【加藤主査】ありがとうございました。御質問、御意見お願いします。
 私から質問なんですけれども、この参考資料として取り上げる項目ですけれども、これはいつごろまでに確定する必要があるんでしょうか。
【浦谷地震火山専門官】これは実際に次のレビュー委員会以降、執筆作業に入っていただくんですけれども、特にこの予算とか定員とかは秋頃に、毎年、年次基礎データ調査とかをさせてもらっていますけれども、それがこの中に入ってきますので、そのタイミングぐらいというふうには考えていますけれども。
【加藤主査】ありがとうございました。ほかに御意見、御質問。
【清水委員】確認ですけれども、予算、定員というのは、これのために毎年やっていますよね。
【浦谷地震火山専門官】はい。そうです。
【清水委員】ですから、それを使えばいいわけですよね。
【浦谷地震火山専門官】そうです。
【清水委員】ですから、新たにここでやらなきゃいけないのは、その論文とかのリストというのは、各機関にアンケートを出さないといけないということですよね。
【浦谷地震火山専門官】そうです。
【清水委員】はい。
【加藤主査】ほかによろしいでしょうか。
 用語集であるとか参考資料はこういったデータは非常に重要ですので、ここに、レビューの中に含めることは当然だと思いますが、よろしいですね。
 では、この項目(案)については、詳細については後ほど議論するにしても、付けることに決めたいと思います。
 では、ここまでの資料2の作成方針と進め方については、この前の議論で確定しました。
 次の議題ですけれども、これはレビュー報告書の前に意見交換。何か決めるというわけではなくて、これからどのように進めていくかについて意見交換をしたいと思いますけれども、まず事務局から説明をお願いします。
【浦谷地震火山専門官】資料3を御覧ください。次回のレビュー委員会で各機関に執筆を依頼させていただこうと思っていますけれども、その前に御議論ということで、これらの項目につきまして意見交換を行えればと思っております。
 5つございまして、観測研究計画の変更について、観測研究全般、観測研究の個別課題、観測研究の今後、その他ということで、観測研究計画の変更についてまず読ませて頂きますと、1つ目が先ほどの見直し(建議)に対する取り扱いということですね。2つ目が今建議から災害の軽減に貢献するといったことに移行したことによる効果、及び課題ということですね。3つ目が御嶽山の噴火の取り扱いということです。よろしくお願いします。
【加藤主査】ありがとうございました。今、事務局から御説明がありましたけれども、まず全般的に事務局に対して質問等ありましたら。
 よろしいですね。では、この幾つかの項目に分かれて議論を行いたいと思いますけれども、申し訳ありません。不手際であんまり時間がないんですけど、まず観測研究計画の変更についてです。これについては、これまでも、今日の議論の途中でも何度か話が出てきましたけれども、前計画の見直しについて、この辺の取り扱い、これは先ほど特別に章を設けて議論するということになりました。それから、前計画から災害の軽減に貢献するための観測研究計画に移行したことによる効果、及び課題、これも今の建議の見直しと同じような形で、レビューの初めの方で議論したいと思いますけれども、これまでちょっと見逃されていた何か、これまで出なかった意見などもしあれば。
 よろしいですか。それでは、これまで全然議論していなかった、重要ですけれども、議論していなかった3番目の丸、「火山観測研究について、第20回地震火山部会で取りまとめた『御嶽山の噴火を踏まえた火山観測研究の課題と対応について』に対する取り扱い、ここについて御意見頂ければと思います。
【清水委員】これもやっぱりかなり大きな出来事なので、何らかの形でやはりこれがレビューの中でも見えるようにすべきだとは思うんですが、ちなみに、この御嶽山のこの課題と対応についてというのは、多くは、一つは水蒸気噴火に関する観測体制の強化なんですね。もう一つは人材育成というところをこの報告書は書いていて、これらに基づいて補正が付いたり、あるいは今、文部科学省の方で検討している火山プロジェクトの立案につながっているんですね。ただ、これをこの予知計画の中でどういうふうに書くのかというのはどうなんでしょうかね。
 だから、個別の御嶽山に対する観測研究の成果については多分、主な火山噴火のところでも書くでしょうし、またそれぞれの項目のところでも書かれると思うので、これを書くとしたら、その取組、情報発信の仕方もこれは実はあるんですが、この辺はどうしましょうか。一つ小さい章を設けて書くのか、どうしましょうかね。これは私も今、ノーアイデアというか、こうしたらいいというのは明確にはないんです。ただ、やっぱりこれは非常に重要な出来事なので、何らかの形で見えるようにはした方がいいとは思います。
【加藤主査】これは当然、実施状況のところには、人材育成とか体制の話も議論もできますし、主な火山噴火、この期間に発生した火山噴火のところで科学的に新しく分かったことも書けるわけですが、やはり東北地方太平洋沖地震と同じように何らかの形で目次のところに、火山に対し、最近活発な火山噴火について何らかの対応をしたことはあった方がいいと思うんですが、どのような形にするといいか。何か具体的な提案があれば。
【田村委員】整理として、可能性としては、きっと前のレビューのように3として、東北地方太平洋沖地震のあった位置にこの御嶽山を書くというのが一つ。それか、若しくは、総括的評価のところに計画を実施している途中で起こった大きな災害で、方針もある程度、火山研究にきっと大きな影響を与えていると思いますので、そういったことを方針が少しこう、見直していますよみたいなことで書くという2つぐらい。それともちろん、御嶽山の研究のところにもちろん書くんですがというところかなというふうに思います。
【加藤主査】はい、どうぞ。
【平田委員】いいですか。これは事務局と相談していないので、今いきなり言うので、事務局は困ると思うんですけど、測地学分科会としては、科学技術・学術審議会にこの御嶽山の噴火を踏まえた観測研究の課題と対応について報告をしているので、測地学分科会としては、それのフォローアップというか、どうなったかをレビューするのは当然だと思うんですね。一方、それがこの災害の軽減に貢献するための地震・火山観測研究計画のレビューの中に入れていいかどうかというのは、それほど自明ではないので。どうしてかというと、この建議した観測研究計画を作ったときにはまだ御嶽山は噴火していないので、スコープの中に入っていないわけですね。だけども、内容としては、密接に関係していて、例えば科研費で始めたことについては、この観測研究計画のグループが主体となってやっていますから、この今作ろうとしているレビューの中に明示的に取り込むことは簡単にできるんですけれども、もう一つ重要なのは、地震・防災研究課がプロジェクトを作って今やっているものを、これも始まっていないですから、それは始まっていないことは書かないということにすれば余り関係ないけれども、新しい体制でやるというようなことを決めて動いているわけですよね。だから、そこをこの計画のレビューの中に書いていいものかどうかというのはそれほどはっきりしていないので、結構微妙だなと思うんですけど、科学官の意見を聞きたいと思うんですけど。
【森田科学官】突然振られたので、ちょっと戸惑っておりますが、研究計画としては、この噴火が起こった後、水蒸気噴火の課題を見直すというようなことをやりました。この噴火自身が非常に火山研究の中で不足している部分を浮き出したというところは書くべきであろうと。そういう文脈で書くというのは絶対必要であろうと思うんですけど、それ以上のことをどこまで書くかというのは確かにいろいろな観点があるので、少し議論の余地があるかなと思います。
【加藤主査】ほかに何か御意見ありますか。なかなか難しいですね。これまで、特に火山の研究者の方の御意見を聞くと、当然御嶽山に対する対応はいろんなところに書くべきですけれども、現時点で何か大きい章を立てるほどということについてはちょっと迷っておられるように思うのですが、いかがでしょうか。特に新しい章を作る必要はないということでよろしいのでしょうか。
【森田科学官】私が言いたかったのは、その新しい章というよりは、その体制、課題というところで明確に出す必要はあるだろうと。
【加藤主査】そうです。
【森田科学官】はい。ということを言いました。
【加藤主査】はい。総括的評価ですね。
【森田科学官】はい。
【加藤主査】ここはこの計画、今の実施機関中に明らかになった課題をまとめて、今後の展望を書くところですから、当然これについては書く必要があると思いますが、よろしいですか。
【西村委員】先ほど構成案で、基本的な考えの後に東北地方太平洋沖地震によるこの建議の見直しに関して書くということがあったと思います。例えばそこに並列で、御嶽山の噴火は火山観測体制を大きく変えましたし、研究者の意識も変えましたので、例えばそこに並列として、東北地方太平洋沖地震と御嶽山のイベントを2つ並列して書くような形で書くとバランスがよくなるんじゃないかという気がいたしました。
【加藤主査】新しく作る章のところに主に地震、東北地方太平洋沖地震に対応して、地震の観測研究体制がどうなったか、それから、火山の観測研究体制がどうなったかを2つのセクションに分けて書けばどうかということですが、よろしいでしょうか。
【平田委員】確認ですけど、迷っていたんですけど、もう一回この机上の資料の1の御嶽山の噴火を踏まえた火山観測研究の課題と対応についてというのを、これはクレジットは地震火山部会で出していて、その内容については、これまでの火山噴火予知計画で議論されたことを見直したりとかそういうことも入っているから、だから、これは広い意味ではこの観測研究計画の一部として位置付けることができるような気がして、事務局が特に困らなければ、そのレビューの中にこの報告を出したということと、この報告に基づいて何をしたということを明示的に書くことはできると思うんですけれども、そういう解釈でいいですか。
【谷課長】全く困りませんし、是非書いていただければというふうに思います。それがまさに次につながるレビュー報告書ということだと思いますので、そういう問題意識で是非お書きいただければと思います。
【加藤主査】ほかに何か御意見、よろしいでしょうか。では、今、話があった方向で、具体的なやり方としては、西村委員の提案のように、東北地方太平洋沖地震に対する対応と並列するような形で、火山の観測研究体制の取組を書くようにしたいと思います。
 ほかに何か観測研究計画の変更について御意見ありますでしょうか。
 時間が大分足りなくなってきたんですけども、では、次、事務局に意見交換の続きをお願いします。
【浦谷地震火山専門官】次は、観測研究の全般です。1つ目ですけれども、これまでの観測研究計画を通しての総括的な意見。2つ目に、観測研究計画を実施するにあたっての問題点と改善策。3つ目に、世界の地震及び火山噴火観測研究の中における、日本の観測研究計画の位置付けにつきまして、御意見を頂けたらと思います。
【加藤主査】ありがとうございます。観測研究計画全般ですが、これら3つの丸については、これまでも何度か関連する議論はありましたけれども、これまで比較的少なかったのが、世界の地震及び火山噴火観測研究の中における日本の観測研究計画の位置付けの部分の議論は、海外の地震火山噴火について少しやりましたけれども、その程度だったんですけれども、何か御意見。レビューで特に取り上げるようなことなど、御意見ありますでしょうか。
【平田委員】ちょっと時間がなくて、ややこしい話で申し訳ないんですけど、これは前回の計画のレビューをしている段階であるとき国際的評価はどうなのかということを当時の科学技術・学術審議会の会長から言われて、それで、国際レビューを受けていないということをそのとき指摘されたんですね。それで、本当の意味の国際レビューを受けてなかったんだけれども、識者にレターを書いて、これの内容についての意見を頂くということで、簡便な方法で国際レビューのようなものはしました。だけれども、例えばこれの、今ここで自己点検をやっているようなものに対して、英語の発表会をして、そこに国際レビューをやっていただくような、外国の人を呼んで意見を聞くというようなことをやった方がいいかということは、そのときはちょっと議論になりましたけど、かなり一過性のもので、それでもう忘れちゃったので、今まで何もやっていないですけれども、だから、これを非常に生真面目にこの議論をするとなると、例えば英語でこの報告書の、全部じゃなくてもいいけど、作って、あるいは成果発表会とか何かの一部を英語の国際セッションにして、そこにレビューをしていただく、人を呼ぶとか何かそういうことも本当はあったんですね。ですけど、ずっと忙しくて、その件について何も考えてなかったんですけれども、もし事務局がそのことを念頭に置いてこれを話題にするのであれば、これは結構大ごとなんですけれども。
【加藤主査】事務局から。
【浦谷地震火山専門官】どこまで実施するかというのはちょっと考えていませんが、国際的な地震とか火山噴火の研究の中で、日本の観測研究計画というのはどういったものかといったものがあってもいいのかなと思って、書いているぐらいでございます。
【加藤主査】ちょっとこれは短い時間で議論するのは難しいので、今日のところは保留としたいと思いますけれども、これに関連して、今言っておきたい御意見等ありましたらお願いしたいと思いますけれども。
【平田委員】だから、それは一般論としては非常に重要な指摘です。つまり、国際的プロジェクトというのは、ほかにもあって、例えばその国際統合深海掘削計画みたいな、常にインターナショナルなレビューを受けていますから、地震・火山の研究も国際的なレビューを受けるという必要はあると思います。ただ、それをやるには相当のエネルギーと覚悟が必要なので、それを我々が今やるべきかどうかというのはちゃんと戦略を考えてやらないと思いつきでは到底できませんから。
 ただ、研究の内容はそれぞれの研究者が常に国際会議で発表して、インターナショナルなジャーナルに発表していますから、別にやろうと思えばすぐにでもできるとは思いますけれども、しかし、それはちゃんとやるためには相当の準備が必要なので、ちゃんと議論してからやった方がいいと思います。
【加藤主査】論文の成果などを見れば、国際的にかなりしっかりした研究をしているということは分かるとは思いますけれども、本格的な国際レビューとなると、かなり大変な作業が発生すると思いますので、ちょっとこれは、皆さん、ちょっと少し考えておいていただければと思います。次回までにもう少し議論を深めたいと思います。
 ほかに観測研究全般について何か御意見ありますか。じゃ、次に、観測研究の個別課題について、お願いします。
【浦谷地震火山専門官】観測研究の個別課題です。低頻度・大規模現象に対する観測研究の取組。観測研究成果の社会への還元。観測体制、国際協力、人材養成等の状況。研究を推進するための体制について、御意見を頂けたらと思います。
【加藤主査】ありがとうございます。これもこれまで何度か議論が出てきたところですけれども、これまであんまり議論がなかったのが、低頻度・大規模現象に関する観測研究の取組のところで、歴史的な研究を取り組んだところが余り議論にならなかったと思いますけれども、これも新しい研究計画で重要なところなので、レビューでは十分対応する必要があると思います。
 ほかに何か個別課題のところで御意見ありますか。
 観測体制もあれですね。あんまり今日は議論はなかったですけれども、これについても重要ですし、あと、研究を推進する体制についても、これは当然取り上げること、今後の課題のところで取り上げるということになりました。これは地震・火山噴火予知研究協議会でも検討しているところです。
 ほかによろしいですか。では、次の観測研究の今後について。
【浦谷地震火山専門官】観測研究の今後です。災害の軽減に貢献するための観測研究の今後の展望と課題。本計画で不十分だった項目。今後、特に推し進めるべき項目。これらについてここで何かありましたら、御意見を頂けたらと思います。
【加藤主査】ありがとうございます。済みません。時間がなくて、かなり急ぎ足になっていますけれども、これについて、今後について、今、意見を言っておきたいところなどありますでしょうか。
 この計画から、今回の計画から、災害科学であるとか歴史学であるとかが新しくこの研究計画に入ってきていただいて、共同研究は進んでいるわけですが、まだ十分な効果が目に見える非常に顕著な成果が出ているという段階ではないと思うので、これを具体的な成果につなげていくことが今後非常に重要なのかなと私は思っていますけれども、特に御意見ありますか。
【森田科学官】今、主査が言われたのと同じ観点なんですけど、今回のこの建議の中でこの研究計画をやはり中長期に見ようという視点が書かれていたと思うんです。今回、この今後というときにはやはりそういう文脈の中で、中長期的な視点の中で、今はどこまで進んだというような書き方がいいと思います。以上です。
【加藤主査】ありがとうございます。ほかに観測研究の今後について何か御意見ありますでしょうか。
 あと、最後に、その他、特に記すべき事項や意見、これまで事務局に用意していただいた意見交換のテーマで、漏れているようなことなどで、是非注意すべき点などありましたら御意見頂きたいんですけれども。
 よろしいでしょうか。はい。ありがとうございます。前半で時間を取ってしまって、最後の意見交換のところで十分時間が取れなかったんですが、今日、皆さん、この意見交換のところに出てきたテーマ、全部で13ですか。項目がありますけれども、これについてちょっと時間を取って考えていただいて、今後、次の会議、若しくはメール審議などで少し考えを深めていければと。それをレビューに反映させていければと思っています。
 ほかに何か御発言ありますでしょうか。では、特になければ、事務局お願いします。
【浦谷地震火山専門官】ありがとうございました。次回の委員会につきましては、先日、日程照会をさせていただきまして、現在のところ、3月30日の午前中、今日と同じ時間ですね。10時から12時を候補とさせていただきたいと思います。
 これにつきまして、また確定となりましたら、また御連絡したいと思います。場所もこの会議室と同じ15F1を今のところ予定しております。
 なお、本日の資料につきましては、お手元の封筒にお名前を御記入の上、机上に残していただければ、事務局から後ほど郵送させていただきます。
 また、諸手当の請求に関しても確認いただく紙を机上に置かせていただいております。御確認の上、机上に残しておいていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。
【加藤主査】それでは、今日は閉会ということですね。
【浦谷地震火山専門官】はい。
【加藤主査】では、どうもありがとうございました。


お問合せ先

研究開発局地震・防災研究課

(研究開発局地震・防災研究課)

-- 登録:平成29年10月 --