ここからサイトの主なメニューです

地震火山部会(第25回) 議事録

1.日時

平成28年9月7日(水曜日)13時00分~15時58分

2.場所

旧文部省庁舎 2階 文化庁特別会議室

3.議題

  1. 「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の平成27年度年次報告【成果の概要】について
  2. 地震火山観測研究における年次基礎データ調査について
  3. 「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の平成28年度年次計画の修正について
  4. 平成28年度年次報告【機関別】について
  5. 地震火山観測研究レビュー委員会の審議状況について
  6. その他

4.出席者

委員

(委員)清水、平田
(臨時委員)井口、石川、浦塚、小原、関口、仲西、中村、松澤、山岡、山元、矢来
(専門委員)市原、加藤、関口、西村、三宅、宮澤、山中

文部科学省

谷地震・防災研究課長、松室防災科学技術推進室長、中村地震調査管理官、根津地震・防災研究課長補佐、浦谷地震火山専門官、三浦科学官、鶴岡学術調査官

5.議事録

[委員の出欠状況など]

・委員の出欠状況:森岡専門委員が欠席。山岡臨時委員は遅れて参加。
・事務局の異動:出口夏子地震・防災研究課長補佐に代わり根津純也地震・防災研究課長補佐が着任。
・配布資料の確認。

[議事1.「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の平成27年度年次報告【成果の概要】について]

【清水部会長】それでは、最初の議事です。最初は、「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の平成27年度年次報告【成果の概要】についてです。まず、事務局から説明お願いします。
【浦谷地震火山専門官】まず、参考資料1を御覧いただければと思います。前回の第24回の地震火山部会で、平成27年度の成果の概要の作成方針について議論していただきました。取りまとめ方針といたしまして、専門家以外の方でも読みやすく、具体的な成果が分かるように取りまとめるといったことが記載しております。そして、また、平成27年度の特出しといたしまして、前回4月の地震火山部会の後に委員の皆様にお知らせいたしましたが、東北地方太平洋沖地震から5年というのと、口永良部島・桜島をトピックスとして扱います。これらの取りまとめに関しましては、大学の地震・火山噴火予知協議会の御協力をいただきまして、取りまとめ委員といたしまして、前回の地震火山部会で選出していただきました宮澤委員、市原委員、及び科学官、学術調査官を含めた事務局で、メール会議を中心とした取りまとめ委員会にて取りまとめております。
資料に関しましては、資料1-1が概要及び本文、また、用語集になります。こちらは事前に委員の皆様に照会させていただきまして、数名の委員の方から意見・コメントを頂きました。それにつきまして、見え消しで入れております。こちらにつきましては、基本的に修正意見については事務局としては修正していただいたとおりなのかなというふうに思っているところです。こちらを御確認いただきまして、御意見を承れればと思っております。資料1-2は参考資料になりますが、こちらにつきましては、今日は特に御審議いただく予定ではございません。最終的にはホームページに掲載するとともに、冊子化して関係者にお配りしたいと考えております。
事務局からは以上です。
【清水部会長】どうもありがとうございました。
今、事務局の方から簡単に紹介いただきましたけれども、今日はこの資料のうちの特に資料1-1の成果の概要について審議をいただきたいと思います。修正意見に対して、基本的には修正意見、頂いた意見のとおり直すということです。
それでは、資料1-1の成果の概要、これについて取りまとめをお願いした宮澤委員、それから市原委員から、内容について御説明をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。
【宮澤専門委員】今、事務局から御説明いただいたように、市原委員と私、宮澤が取りまとめ委員として任命され、成果の概要案の作成に携わってまいりました。先ほど事務局からも御説明がありましたとおり、大学の地震・火山噴火予知研究協議会の全面的な協力をいただいて、本資料は作成されております。
それでは、「はじめに」から順番に御説明していきます。1の「はじめに」ですが、これは本研究計画がどのような項目で構成されているかということについて説明しており、そして、次のページには、実際にどのような課題が幾つあって、この報告書の作成に至った経緯というものも簡単に記しております。
次に、2からが実際に学術的な成果の概要の説明になっております。まず、先ほど事務局からも説明がありましたとおり、トピックスとしては口永良部島・桜島、そして、東北地方太平洋沖地震から5年目の成果ということについて説明があります。
先ほど申し上げたとおり、取りまとめ委員は市原委員と私ですので、これからずっと通しで説明していきますけれども、市原委員と私で交代交代説明していくことになりますので、よろしくお願いします。
では、市原委員、お願いします。
【市原専門委員】トピックスの最初、2-1、口永良部島・桜島。2015年度に発生した特記すべき火山活動としまして、口永良部島の噴火と、桜島のマグマ貫入イベントというのがあります。例年ですと、火山噴火と主な地震という形でタイトルが付けられるんですが、西村委員から指摘がありましたように、桜島の今回のイベントというのは噴火に至っておりませんので、「火山活動」というふうに書き直したいと思います。
両火山とも以前より注目されていました火山で、それぞれに対する長期的な観測の結果と、イベントに先行する現象、あと、口永良部島に関しましては、2014年に水蒸気噴火が起こっておりまして、それ以降の推移を把握するための機動的な観測によって得られた結果や、それから規制区域の確定、警戒レベルの引き下げに役に立ったというようなことを紹介しております。
社会的な影響に関しまして、それぞれ避難あるいは避難準備ということが出まして、生活に影響を与えたわけなんですけれど、そこで聞き取り調査等も行われたのですが、これに関しましては、平成27年度の成果報告の範囲では、現在集計中で、改めて報告するという形になっていましたので、今回はアンケートを行ったというところまでを述べるのにとどまりました。
以上です。
【宮澤専門委員】続きまして、東北沖地震から5年目の成果についてですが、東北地方太平洋沖地震から5年たった現在でも、まだ余効変動や活発な余震活動、地震活動等が観測されており、もちろんその間、この5年間、多くの観測が継続的に行われて、それに伴う研究も行われてきました。その幾つか重要な成果について報告しております。
主に、観測とか調査に基づく研究成果と、あと、室内実験、数値シミュレーションによる研究成果、それと、今建議から社会科学関係に関する研究も追加されておりますので、社会の脆弱性に関する研究成果ということで、3つ項目を挙げて、それぞれ内容が詳細に記されております。これに関する成果の図として、図の3が後ろの方に掲載されておりますが、詳細については割愛しておきます。
続きまして、項目の3に移りますけれども、平成27年度の成果の概要で、それぞれの建議の大項目に対応する成果の内容について続いております。建議の項目は、大項目、中項目、小項目と分かれておりますけれども、小項目の報告数が少ない部分については中項目でまとめて記述するような工夫等を行っておりますので、この成果の中には小項目が表れていないものがありますが、実際には研究課題としては小項目として存在しているものです。
まず、3-1、地震・火山現象の解明のための研究ですが、この大項目名の下には、おおよそこの項目ではどんな研究をしているかというのを簡単に記しております。(1)につきましても、中項目に相当しますけれども、その内容について簡潔に記しておりますが、コメントを頂いたとおり、少し並列関係が分かりにくいので、この部分は修文予定です。
(1)の中に、史料の収集とデータベース化、あるいは考古データの収集・集成と分析、地質データ等の収集と整理ということについて、重要な成果を記述しております。
続きまして、(2)低頻度大規模地震・火山現象の解明ということで、これは小項目が2つありますが、アにつきましては、例えば、安政江戸地震や慶長三陸津波地震についての史料データに基づいた研究が行われております。
市原委員、次のところ、お願いします。薩摩硫黄島の……。
【市原専門委員】済みません、2番、(2)の方……。
【宮澤専門委員】3-1の(2)のア。
【市原専門委員】3-1の(2)のアですね。済みません。こちらは主に史料と地質データから、過去の大きな噴火に関する再評価と新しい情報を得るということを行いました。
関口委員の方から、支笏カルデラ形成噴火と摩周カルデラ形成噴火について時期を入れた方がいいということで、これは山元委員にお聞きしたいんですが、産総研の第四紀火山カタログによりますと、支笏カルデラは約4万年から5万年前、摩周カルデラは7,000年ということになっていまして、ほかの文献を見ますと、多少いろいろ誤差はあるんですが、そちらの記載に従ったのでよろしいでしょうか。
【山元臨時委員】多分、それでいいと思います。ほとんど支笏場合、約4万年でいいと思いますよ。
【市原専門委員】約4万年。
【山元臨時委員】摩周の方は、今、7,000というので問題ないと思いますね。一番最近のデータでそれでいいと思います。
【市原専門委員】ありがとうございます。
【宮澤専門委員】続きまして、イ、プレート境界巨大地震に関してですが、東北沖地震あるいは南海トラフで生じる巨大地震に関する研究です。これに関しましても、調査研究や、あるいは実験に基づく研究というものが行われました。
続きまして、(3)地震・火山噴火の発生場の解明ということで、アのプレート境界地震に関してですが、ブロック境界等を推定する研究と、あるいは構造との関係に関する研究等が行われました。
イの海洋プレート内部の地震についてですけれども、これはスラブ内地震の発生に関する研究になっております。
そして、ウ、内陸部地震と火山噴火ですが、トピックで東北沖地震の説明をいたしましたけれども、東北沖地震の影響を受けて発生した東北地方内陸部のひずみについて、ここで説明しております。そのほかに、九州におけるひずみの変化の研究というものも内陸地震と併せて行われております。
【市原専門委員】火山に関しましては、蔵王山で人工地震を用いた構造探査が行われています。これは御嶽山を受けて、水蒸気噴火に関する研究を強化するという意味でも行われたものですので、ここで取り上げました。
考えられる構造に関して、西村委員の方から「地震波減衰域では?」というコメントがあるんですけれど、担当しました東北大学の山本さんに頂いた文章の中では、地震波減衰域だけではなくて、震源の分布とか熱消磁の生じている地域とか、そういうのを総合しまして解釈が行われていますので、今は「構造」という言葉を使っております。
もう一つ、九重山においても、電磁気を使った構造調査が行われた成果を取り上げました。
【宮澤専門委員】続きまして、(4)地震現象のモデル化ということで、ア、構造共通モデルの構築ですが、これ、いわゆるコミュニティーモデルを作成するという研究です。
続いて、イ、断層滑りと破壊の物理モデルの構築ですが、これは電気伝導度のシミュレーションとか、あるいは野島断層におけるアクロス連続運転、注水実験に関して述べております。
【市原専門委員】火山現象のモデル化の方で、これはマグマを主体とする噴火と、熱水系の卓越する火山という2つの項目から成っています。アの方に関しましては、研究計画全体としては桜島に関する研究のウエートは大きいんですけれど、桜島に関しましてはトピックスで取り上げましたので、それ以外のところを重点的に書いています。
その中で、伊豆大島、浅間山、霧島山で行った無人ヘリによる空中磁気測量というのを取り上げました。「繰り返し行い」というのが、1年の計画としては霧島山で1回、口永良部島で2回行われていることと、霧島山新燃岳の研究は、過去から繰り返し行ってその時間変化を見るということが目的とされていますので、今年度は1回なんですけれど、そのまま「繰り返し」という言葉を使いたいと思います。
そのほか、二酸化炭素放出分布の研究結果とか、物質科学的な研究の成果を紹介しております。
熱水系の卓越する火山は、ここの部分に入る部分と、御嶽山を受けまして、阿蘇、御嶽山、口永良部で水蒸気噴火に注目した研究計画が立っていますので、その2つを併せて紹介しております。取り上げた火山は、主に十勝、草津、阿蘇、御嶽山における成果を挙げています。
【宮澤専門委員】続きまして、3-2、地震・火山現象の予測のための研究ですが、これは大項目の2番目に相当いたします。その次に文章がありますけれども、実はこれは建議の研究内容から持ってきた文章でして、成果の概要、つまり、昨年度の研究成果を説明する文章としては少しふさわしくないので、修文予定になっております。
それでは、(1)の方に移ります。ここでは、地震の長期評価手法の高度化ということで、プレート境界地震、あるいは内陸地震――内陸地震に関しましては、2014年の長野県北部の地震を例に挙げて、これらの長期評価の高度化のための研究を行いました。
そして、(2)モニタリングによる地震活動予測ですが、まず、ア、プレート境界滑りの時空間発展です。東北沖に関しましては、先ほどと同様に、トピックの方に研究成果を掲載しております。したがいまして、そのほかの、例えば、千島海溝、南海トラフに関するもの、そのほかとして、断層滑りシミュレーションのデータ同化ということについて、成果を報告しております。
イの地殻ひずみ・応力の変動についてですけれども、応力場の推定という研究が報告されています。
そして、ウ、地震活動評価に基づく地震発生予測・検証実験ですが、プレスリップに関する研究、あるいはCSEPとの地震予測検証実験に関する研究が行われました。
(3)先行現象に基づく地震活動予測ということで、いわゆる地震の先行現象に関する研究というものが観測あるいは実験を通じて行われました。
【市原専門委員】火山に関しますところは4番、事象系統樹の高度化による火山噴火予測、これは過去の噴火を調べまして、それを図に表すことによって、今後の判断の基準にしようというものです。今年度重点的に行われましたのは浅間山で、これは地質的な情報による過去1万年程度の噴火履歴から歴史情報、さらに最近の地球物理学的観測から得られた知識というのを総合的に併せまして、非常に精度の高い――精度といいますか、非常に詳細な事象系統樹ができたという成果です。
そのほか、国内外を含む多くの火山について、最近の噴火でどういう経緯で噴火が推移したかというものを文献等から集めまして、そこに見られる共通性について抽出をしました。
これらは専ら経験的なものに基づくのですけれど、そのほかにも数値計算とか、新しいモニタリング手法を用いた研究も行われていまして、それを最後の一文で紹介しております。
【宮澤専門委員】続きまして、3-3、地震・火山噴火の災害誘因予測のための研究ということで、大項目の3つ目に当たります。その直後の文章ですが、先ほどの3-2と同様に、建議に書かれている研究内容の文章をそのまま持ってきてしまったので、後ほどここも修文予定でおります。
(1)地震・火山噴火の災害事例の研究ですが、ここでは歴史災害に関するアンケートを受けて、例えば、安政江戸地震に関する研究等が行われたことが報告されております。
(2)地震・火山噴火の災害発生機構の解明ですけれども、事前評価や即時推定に関する地下構造モデルの構築のための研究を行いました。また、社会科学関係の研究になりますけれども、脆弱性という概念に基づいた土地利用に関する変化、あるいは社会の脆弱性についての分析という研究が行われました。
(3)地震・火山噴火の災害誘因の事前評価手法の高度化ということで、例えば、2014年の長野県北部の地震に関しては、今まで知られている地震のスケーリング則に従うことなどが報告されております。また、大阪堆積盆地内での強振動シミュレーションの高度化に関する研究、立川断層周辺における表層地盤の探査等に関する研究が行われました。あと、南海トラフ巨大地震に伴うリスク評価の精度向上に関する研究も行われ、これは拠点間連携研究の成果として挙げられております。さらに、地すべりに関する研究というものも、この中で行われました。
【市原専門委員】最後、火山に関しましては、降灰予測に集中しまして、シミュレーション等を行っております。
【宮澤専門委員】続きまして、(4)の災害誘因の即時予測手法の高度化ですが、ここでは、例えば、緊急地震速報のようなものの高度化に関する研究が行われました。さらに、津波の即時予測に関する研究というものも、その成果がここで報告されております。
【市原専門委員】先ほど申しましたように、火山に関しましては、降灰の予測というのがこの項目の中で注目されているんですけれど、実際に噴火した直後にどのくらいの火山灰が上空にあるのか、それを計測してシミュレーションに役立てる、そういった目的でリモートセンシング手法の開発が複数の電磁波信号を用いて行われています。それを実際に応用して、桜島の爆発とか、口永良部での噴煙高度、噴出物量の推定に役立てられております。
【宮澤専門委員】(5)地震・火山噴火の災害軽減のための情報の高度化ということで、一部のみ紹介いたしますけれども、釧路市の災害避難に関する分析等が行われました。一番最後に、東・東南アジア地域に関する、東アジア地域地震火山災害情報図を作成した研究ですが、これは3-4の研究基盤の開発・整備の方に移動しますので、ここの部分は削除します。
3-4の、研究を推進するための体制の整備ですが、これが大項目の4に相当いたします。まず、ここで推進体制の整備ということで、拠点間連携の実施ということが書かれておりますけれども、実際には拠点間連携に関する成果は、先ほどの3-3の(3)で記述されておりますので、申し訳ありませんが、ここの2文は、こちらのミスで消し忘れです。
続いて、研究基盤の開発・整備ということで、ここに先ほど申し上げた東アジア地域地震火山災害情報図の作製についての成果が記載されております。
それから、観測・解析技術の開発ということで、例えば、日本海溝をまたぐ海底間音響測距観測を行ったことや、あるいは三陸沖の海底光ケーブル式地震津波観測システムの復旧という紹介があります。
それから、社会との共通理解の醸成と災害教育ということで、大学の地震・火山噴火予知研究協議会でパンフレットの作成等を行ったことがあります。
そして、国際共同研究・国際協力に関してですけれども、2015年4月に発生したネパールの地震について、その発生前から観測を継続的に行っていたということと、その研究成果について記されております。
それから、昨年度の報告では、優先度の高い研究について項目立てして、その紹介がこの3-4にありましたが、優先度の高い研究というのは、先ほどの「はじめに」にあった様に、東北沖地震、南海トラフの巨大地震、首都直下地震、桜島火山の噴火についてですが、実は今回、2のトピックスのところで既に桜島と東北沖について紹介してしまっているため、今回は優先度の高い研究についてはここでは紹介しておりません。その代わり、本文の別の場所に記載されております。
最後に、まとめになりますけれども、第1段落ではトピックスに関するまとめの文章が書かれていますが、いずれにしましても、観測を継続して行うということの重要性と必要性について記しております。そういったものが災害誘因に関しての理解を深めるということになって、それが防災力向上の方策の一つになるということを記しております。
第2段落ですけれども、これは前計画との違いということで、工学、人文・社会科学分野の研究者が加わったことによる成果のまとめをしています。最後に「災害情報を危険の想定へ活用していくことが災害軽減のために必要である」と記したように、この計画のタイトルにある、災害の軽減というものを意識した文章でまとめております。
文章の方は以上ですけれども、後ろの方にはそれぞれの図、あるいは用語解説が付けられておりますが、実は図で1つ重要なものが抜けておりまして、昨年度の成果の概要を御記憶の方は覚えていらっしゃるかもしれませんけれども、全体の計画を概念的に記した図というものがあるのですが、まだそちらの方が準備できておりませんので、それは改めて準備したいと思います。基本的に昨年度の図とほとんど一緒ですが、吹き出しに当たるところに、何に関する研究か、あるいは何ページに書かれているかというものが多少変わるという程度です。
以上で説明を終わります。
【清水部会長】どうもありがとうございました。最初に、宮澤委員と市原委員、取りまとめていただき、本当にどうもありがとうございました。大変な作業をありがとうございました。
今、説明いただいたことについて、まず最初に質問があったら受け付けたいんですが、何かございますでしょうか。全体でも結構ですし、個別のことでも結構なんですが、何かあればお願いしたいと思います。
じゃ、井口委員。
【井口臨時委員】8ページと9ページのところなんですけど、アのマグマ噴火を主体とする火山と、イの熱水系の卓越する火山で、口永良部島がマグマ噴火を主体とする火山の方に記載されているんですが、別にこれはこれで私はいいと思うんですけども、建議を作ったときの項目では、たしか口永良部島は熱水系の卓越する火山に入れていたと思うんですが、それは結果としてそうなっているのでそうしたということでしょうか。
【市原専門委員】これは、気にはなったんですけれど、無人ヘリでの空中磁気測量ということで出てきたことと、そもそも口永良部島はトピックで主に書かれていますので、どちらにもそんなに取り上げるつもりはなかった。さらに、無人ヘリを用いた口永良部島の研究というのは2015年に2回行われていまして、そのうちの1つは、2015年のマグマ性の噴火に移行した後にとられているということで、こちらに入れてもいいかなと考えましたが。
【清水部会長】井口委員、いかがですか。
【井口臨時委員】内容的にはこれでいいと思いますけれども、別に建議に、基のところにこういうふうにもともと書いてあるからということは余り意識しなくていいということですね。
【清水部会長】どうですかね。私も実は市原委員の説明をさっき聞いていて、同じあれを思ったんですが、市原委員の説明でも、イの熱水系の卓越する火山で口永良部島というふうに最初は、きょう、言われましたよね、「建議では」と。だけど、成果のところでは主に十勝、草津白根という形になっていたので、ちょっと「あれ?」と思ったんですけど、これは、だから、トピックスの方で取り上げたということですよね。
【市原専門委員】はい。トピックスで取り上げた部分はできる限り重ならないようにという方針でやりましたのと、あと、実際、これは建議がこうなっているので仕方がないんですけれど、火山も時期によってはどっちかが、火山ができている以上、マグマ噴火をしたはずなので、余り火山がどっちに属するかというのはこだわらなくてもいいんじゃないかと思っています。
【清水部会長】そういう回答ですけれど、いかがでしょうか。
どうぞ、西村委員。
【西村専門委員】実際、マグマ噴火が起きたのはいいんですけれども、アの1行目に、「マグマ噴火を主体とする桜島、口永良部島」と書いてあるのが少し気になって、「マグマ噴火を主体とする桜島、伊豆大島」と続けて、その後にやはり口永良部島は熱水系の活動からマグマ噴火を起こしたとか何か書いていただいた方が、建議から読んだときに、火山活動が時間的に変わるということも理解できていいんじゃないかと思います。このままですと、建議とこちら、どちらかが間違っているように誤解されると思いますので、少し修文をお勧めいたします。
【市原専門委員】分かりました。ちょっと考えます。
【清水部会長】それで西村委員、よろしいですか。
【西村専門委員】はい。
【清水部会長】例えば、イの熱水系の卓越する火山のところで、最初の3行のところに口永良部を入れておく必要はないですね。調査はされたんだよね。されたけど、最初のトピックスで書いているから、細かいことは書かなくてもいいけど、口永良部、観測が、いろいろなものがされたというのは入れておいても、建議とは合う。それはどうですかね。
【西村専門委員】入れておいてもいいと思いますが、ちょっと余りアイデアがないです。
【井口臨時委員】私は入れておいた方がいいと思っていて、もともと2014年噴火が起こる前までは、要するにそういうつもりでやっていたので、実際、熱水系の卓越する火山でそういうことを実施しているんですね。実施されたということで言えば、口永良部はやっているので、入れた方がいいと思います。
【清水部会長】私もそう思うんですけれども、そうしたら、市原委員、いいですかね。細かく書かないけど、されたという……。
【市原専門委員】イの最初に、卓越するとされる口永良部島、十勝何とかって書いた後で……。
【清水部会長】いや、それだけ。
【市原専門委員】そのままで。
【清水部会長】多項目の観測が実施されたと書いてあるので、それでいいんですよね。
【井口臨時委員】そうです。
【清水部会長】と思うんですけど、そこに付け加えるだけ。
【市原専門委員】了解しました。
【清水部会長】済みません。ほかに御質問あったら、お願いしたいんですけれども。
【西村専門委員】済みません、非常に些細なことかもしれませんが、先ほどの「繰り返し」のところなんですけれども、この文章だけを読むと、この年度に繰り返し行って成果が出たように読めてしまう。ですから、「霧島新燃岳において行い、過去のデータの比較などから」という、過去にもきちんと観測をしているということを強調する形で書いたらいかがでしょうか。最後のまとめのところでも、継続的な観測が重要であるとうたっていますので、その繰り返しがきちんと長期にわたったということを分かるように文章を工夫したらいかがでしょうか。
【清水部会長】どうぞ。
【市原専門委員】分かりました。ただ、この成果全体としまして、やっぱり継続的にやっているので、本当にここに書かれている全てのことが平成27年度だけでやられた――これの繰り返し観測にかかわらず、切り分けが難しいところがあるんですが、ここだけは特にということですか。
【西村専門委員】今年度の成果が基本的に書いてあると理解して、今、修文をお願いしたらどうかということなのですが、そうではないんでしょうか。
【清水部会長】これ、今年度じゃない、昨年度ですね。27年度の成果が中心ですけれども、もちろんそれだけに書くということは実際不可能ですから、もちろん過去のやつも含めていますけれども、飽くまでも27年度という。
【市原専門委員】了解しました。
【清水部会長】それじゃ、ちょっとそれ、例えば、ちょっと誤解しているかもしれないので、一応、西村委員の方で具体的に修文案を書いていただけると、それで判断できると思うので。
【西村専門委員】分かりました。
【清水部会長】ほかに御質問あったら、お願いしたいんですけれども。よろしいでしょうか。
【小原臨時委員】ちょっといいですか。
【清水部会長】じゃ、小原委員、お願いします。
【小原臨時委員】きのうの期限までに修文案というか、出さなかったのは大変申し訳ないんですけれども、幾つか細かい点で修正した方がいいなと思われるところがあるので、それについて余り細かくここで議論していると、多分しようがないかなとは思うんですけれども、それはまだ受け付けていただけるんでしょうか。
【清水部会長】はい、受け付けます。きょう、だから、今気が付いたところを言っていただくのと、あと、もう一回それを持ち帰って御覧いただいて、必ず修文案を建設的に書いていただければ、それは十分まだ反映できると思います。それで事務局、いいですよね。まだいいんですよね。
じゃ、そうしたら、小原委員の方で書いていただいて、また送っていただけますでしょうか、事務局の方に。
【小原臨時委員】分かりました。
【清水部会長】ほかには、そうしたら、質問というよりは、もう意見の方になってしまいましたけれども、質問以外でも結構なんですが、御意見でも構いませんけれども。
じゃ、西村委員。
【西村専門委員】図のキャプションの方は後でやるんでしょうか。それとも、今。ちょっと先ほど説明がなかったので、17ページの図2のところは少し文章が気になりましたので、コメントをしておきました。
【清水部会長】これ、17ページの図2のところに、西村委員の意見が書いていますが、このことですね。これについては修正はいかがでしょうか。
【市原専門委員】これはちょっと聞きたかったんですけれど、まず……。
【井口臨時委員】相談します。
【西村専門委員】質問の趣旨というか、これは一つの避難行動までも含めた全体のモデルであるという理解で私はいたんです。だから、一つのこれまでの研究成果に基づいて、地殻変動データを見ると、噴火のタイプが識別できる可能性がある。それに基づいて、避難行動のタイプを示したと。そういうものを提案するというふうに私は受けたんですけれども、ちょっとここのフィギュアキャプションがフィギュアキャプションらしくない文章もあったりとかというところで整理をお願いできないかということです。
【清水部会長】御意見ありがとうございます。それでは、市原委員と井口委員と相談して、少しそこを修文をお願いしたいんですが、よろしいですか。
【井口臨時委員】修文します。西村委員の言われたように、これ、ある意味、避難行動モデルまで含んでいますので、それはそういうふうに書くべきだと思っています。ここのところは、特に避難行動というところまで入れたというのは、やっぱりこの計画自体が理解だけではなくて、その後の事象分岐のところをいかに災害の軽減につなげていくかということが極めて重要であるということですので、それは要するに、やっぱり避難行動モデルと、それを両方つないだような形で明確に書くべきだというふうに思いました。
【清水部会長】どうも御意見ありがとうございます。そうしたら、じゃ、そういうことを踏まえて、ちょっと修文の方をお願いしたいと思います。
ほかに御質問あったらお願いしたいんですけれども。
【小原臨時委員】じゃ、いいですか。ちょっと細かいところですけど、22ページの図の9のキャプションなんですけど、字の間違いは、これは変換ミスは直していただくとして……。
【清水部会長】え?どれだ。
【小原臨時委員】「日本周辺に沈み込む低併用プレート」。
【清水部会長】本当だ。
【小原臨時委員】そこは変換ミスですけれども、ここの図の9のフィギュアキャプションが余りフィギュアキャプションとしての体裁が整っていないので、内容を読んでいただければ分かると思うんですけど、もうちょっと図のキャプションっぽくしていただくとよろしいかなと。一応、修文案は考えますけど。
【清水部会長】そうですね。分かりました。じゃ、済みません、修文案をお願いします。
ほかに御質問でも御意見でも結構です。確認事項でも結構ですけれども、何かございますでしょうか。
じゃ、ちょっと私の方で、物すごく細かいことであれなんですが、12ページの(4)の事象系統樹の高度化による火山噴火予測の一番最後の一文ですね。2行、最後に、下にくっ付いているところで、「基盤的火山観測網を用いて、相似地震をモニターすることにより」云々と書いてあるんですが、基盤的火山観測網というのは、これは定着しているというか、これはそれでいいんですね。もう前から使っていましたっけ、基盤的火山観測網というのは。基盤的地震観測網は、いわゆるHi-netとか何かのことなので、当然分かるんですけれども、これは具体的には防災科研の観測網のこと。気象庁の。
【市原専門委員】これは防災科研に確認したんですけれど、V-netを使ってやっているということで、この言葉でいいというふうに、担当者は藤田さんですけれど、おっしゃっていました。
【清水部会長】分かりました。いいですか。私だけか、疑問に思ったのは。結構です。
ほかには何か御質問、御意見あったらお願いしたいんですが。
【松澤臨時委員】すごく細かいことなんですが、11ページの下から5行目、「特に東北地方太平洋沖地震の際には、2002年頃開始した長期的ゆっくり滑りと静穏化領域がほぼ同じ場所であることから」と書いてあるんですけど、確かに成果報告もそう書いてあるんですけど、そっちは図があって分かりやすくて、2002年に長期的ゆっくり滑りを起こす前に静穏化したんですね。これもゆっくり滑りと静穏化が同時に起こっているように読めてしまうので、前後関係が分かるように直していただいた方がいいかと思いました。
【清水部会長】これも、そうしたら、松澤委員の方で分かるように、ちょっと図がないのであれかもしれませんけど、お願いします。
ほかにはございますか。じゃ、小原委員。
【小原臨時委員】済みません、自分の研究に関連したところを取り上げていただいて有り難いんですけれども、取り上げ方でちょっと意見したいところがあって、10ページのアのプレート境界滑りの時空間発展の南海トラフの2段落目ですね。深部低周波微動の活動の移動について取り上げられているんですけれども、これ、基本的には、微動域と、それから南海地震の震源域との間のギャップのところに微弱な長期的なゆっくり滑りが発生して、それが西から東に移動していると。それに伴って、それにトリガーされる形で微動が発生しているので、どちらかというと、主語というか、言いたいことは、ギャップのところに発生しているゆっくり滑りの存在について書いていただけると有り難いかなと。これは部会の報告書にも、一応、微動の移動と、それからゆっくり滑りの移動については両方書いてあるんですけれども、こちらの方では微動の移動が取り上げられているので、どちらかというと、その逆の方がいいかなと。それについては、私の方でまた修文案を作成しますので、御検討ください。
【清水部会長】どうもありがとうございました。じゃ、それはまた小原委員の方で修文案をお願いしたいと思います。
ほかにはよろしいですかね。これ、用語集も含めてでしたっけ。用語集もあるんですが、これも含めて多少お気付きの点があれば。
余り時間をとってもあれですから、もし今すぐなければ、これは今日お持ち帰りいただけるんですよね。
【浦谷地震火山専門官】はい。
【清水部会長】もう一回、中の本文と、あとは用語集も含めて、それからフィギュアキャプションも含めて御覧いただいて、特に自分の専門に近い分野を特に御覧いただいて、それで例えば修正意見であれば、修文案を付けた形で事務局の方に頂ければと思いますけれども、いつまでというのはまた後から、事務局の方からお願いしますけれども、一応、そういう方針でよろしいでしょうか。
最終的には、主査と、あとは宮澤委員と市原委員と相談しながら、事務局と主査の方で判断をするという形にさせていただきたいんですけれども、よろしいでしょうか。
もう一回、皆さんにメールで確認はしますよね。これ、ちょっと済みません、事務局から方針についてお願いしたいんですけど。
【浦谷地震火山専門官】そうですね。今日お持ち帰りいただいて、それで、今日のバージョンにつきましてはまたメールで送付いたしまして、1週間程度で修文意見を頂ければと思います。来週、14日頃までを目途に修文意見を頂ければと思います。
【清水部会長】分かりました。そういうことですので、1週間、一応、修文の意見を受け付けて、それで事務局と私の方と、あと、取りまとめ委員と相談して、最終案というのを一応、皆さんの方に提示をさせていただきますので、それを最終的に御確認いただいて、成果の概要とするということにさせていただきたいと思いますけれど、よろしいでしょうか。
小原委員、いいですか。
【小原臨時委員】修文の基になるのは、今日配付された資料の電子ファイルを後で送っていただけるということですね。
【浦谷地震火山専門官】そうです。
【清水部会長】よろしいですかね。
それでは、一応そういう方針にさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
それでは、最初の議題はこれで終了ということでお願いします。

[議事2.地震火山観測研究における年次基礎データ調査について]

【清水部会長】次の議題、2番目です。地震火山観測研究における年次基礎データ調査についてということですが、これもまず事務局から説明をお願いいたします。
【浦谷地震火山専門官】資料2を御覧いただければと思います。毎年、地震火山研究分野の予算、また、人員の調査を行っておりまして、これらは連続したデータとして推移を見るために、実施機関に御協力いただいて取りまとめております。平成26年度からは、いわゆる地震学・火山学を専門としない関連した分野の方にも計画に参加してもらっておりまして、これらの関連分野から関わっていただく方にも調査を実施しております。
また、一昨年度からは、地震・火山の分野別に調査をさせてもらっていますし、さらに、観測点の維持・管理にも携わり、火山噴火現象の解明・火山噴火予測研究を実施している研究者の数についても調査しております。
本年度は、さらに関連した分野につきまして、それぞれの分野からの研究者数を把握できればと思っております。具体的には、めくっていただいたところにございますが、研究者の人数につきまして、関連分野の研究ですけれども、分野別に、歴史学・考古学分野、地質・岩石学分野、人文・社会科学分野、工学分野、それぞれの分野別に研修者の数について調査を実施したいと思っております。
3ページ目が、実際に作業をお願いするときの依頼先になります。依頼先に関しましては、実際に作業をする上で変更になることもございますけれども、そこは御了承ください。また、依頼先の変更がございましたら、事務局まで御連絡いただければと思います。
昨年度実施した内容につきましては、参考資料2に事務連絡を参考までに載せておりますので、御覧いただければと思います。
以上です。
【清水部会長】今、説明いただきましたけれども、今年度も年次基礎データを行うということと、基本的には昨年度行ったものと同じような形になりますが、関連分野について、これは、だから、今現在の実施機関と、予知の公募研究に携わっている方の中からその数を調査するということですが、括弧の中、1枚めくった裏にある、分野別で歴史学・考古学、地質・岩石、人文・社会、工学分野というふうに、今、事務局の方では分野を分けていただいていますけれども、これでよろしいですかね。例えば、この分け方についても御意見を頂ければと思うんですが。これ、個人的には、歴史・考古学と人文・社会の人文というのは、大丈夫なんでしょうかね。社会は違いますけどね。
【浦谷地震火山専門官】済みません、これは建議に載っております文章をそのまま使っておりますが、分野の分け方については御意見があれば頂ければと思います。
【清水部会長】多分、これ、実際に我々よりもこの分野の研究者の方が判断はよく分かると思うので、調査依頼を掛けたときに、またそういう意見が出てくる可能性がありますよね、どちらに入れるんだという。そのときにちょっと考えていく必要はあるだろうと。ごちゃごちゃにならないように、一応、ある基準を設けて分けるというふうにしていただかないといけないと思うんですけれども。
よろしいでしょうか。特に御意見なければ、一応、今年もこういう形で年次基礎データを、調査を行うということにさせていただきたいと思います。
これは追って、この後、皆さんのところに行くわけですね。各機関に。
【浦谷地震火山専門官】はい、そうです。
【清水部会長】いつぐらいのスケジュールですか。
【浦谷地震火山専門官】今週か来週初めには実施機関の方に依頼させていただきまして、3週間程度で回答していただければと思っておりますので、9月の末ぐらいには提出頂くというように考えております。
【清水部会長】9月中ということですね。
【浦谷地震火山専門官】はい。
【清水部会長】ということですので、御協力をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

[議事3.「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の平成28年度年次計画の修正について]

【清水部会長】では、特に御質問なければ、次の3番目の議題の方に進みたいと思います。3番目は、「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の平成28年度年次計画の修正についてです。これは事務局、お願いします。
【浦谷地震火山専門官】資料は3になります。平成26年から始まりました現在の観測研究計画ですけれども、その際に立てました計画と変わったものについて報告をしております。
今回は担当者の人事異動によるもののみになります。めくってもらいまして、裏面の方ですけれども、担当者の変更ということですので、特に大きな内容の変更ではございません。
【清水部会長】どうもありがとうございました。
今、事務局から説明いただきましたように、変更は人事異動によるもののみということで、特に問題ないと思いますけれど、何かありましたら。よろしいですよね、これは。じゃ、これはお認めいただいたということに……。
【松澤臨時委員】1点だけ。済みません、人事異動に伴うものであれば我々の方もあるんですけれども、年に1回かと思っていたので出していなかったんですけど、これは随時受け付けられるということでしょうか。
【清水部会長】これは事務局、いかがですか。
【浦谷地震火山専門官】大体人事異動が多いのは多分、年度初めになりますので、そのときにいつも報告してもらっているんですけれども、年度途中でも変更がありましたら、随時お知らせいただければと思いますが。
【清水部会長】松澤委員、よろしいですか。
【松澤臨時委員】はい。
【清水部会長】ということですので、もし皆さんの機関でも人事異動があった場合には、一応、都度都度御連絡を頂ければと思いますので、よろしくお願いいたします。
それでは、この議題は一応終了したということで、次に進みたいと思います。

[議事4.平成28年度年次報告【機関別】について]

【清水部会長】次は4番目で、これは平成28年度の年次報告の機関別についてです。まず、事務局から説明をお願いします。
【浦谷地震火山専門官】資料4-1、4-2を御覧いただければと思います。例年どおり、機関ごとにオンライン入力システムを用いまして、平成28年度の成果の概要について報告していただきたいというふうに思っております。依頼の方は年明けの1月下旬から2月上旬頃を予定しております。
日程の案につきまして、4-1の下の方にございますが、今年度はレビューの調査依頼もさせていただいており、平成28年度の成果の概要について、レビューのときに入力してもらったおりますけれども、それ以降の成果について報告いただければというふうに思っております。2月中旬から下旬頃に締め切りということです。
来年度につきましては、4月、5月の地震火山部会で機関別の取りまとめ、また、6月から7月の地震火山部会で成果の概要の取りまとめということを予定しております。
以上になります。
【清水部会長】どうもありがとうございます。
機関別についてですけれども、何か御質問、ありますでしょうか。よろしいでしょうか。
もしなければ、資料4の案を本年度の年次報告【機関別】の取りまとめの方針ということにさせていただきますけれども、よろしいですね。もしこれもお気付きの点があったら、またメール等で御意見頂ければと思いますが、多分、特にないと思いますので、この形でさせていただきたいというふうに思います。
ということで、実は皆さんの御協力というか、先ほどの成果の概要のところで想定していたものよりも大分短く終わりましたので、どうしましょうかね。休憩とりますかね。当初の予定よりも30分ぐらいまだ早いんですけど。どうします?少し休みます?じゃ、少し休憩をとりたいと思いますが、そこに時計がございますけれども、あの時計で15分ぐらいですね。だから、あと10分ぐらいですけれども、休憩をとりたいと思います。以上です。

(休憩)

【清水部会長】それでは、一応15分になりましたので、再開したいと思いますが、再開する前に、最初に、先ほど休憩のときに平田委員からちょっと御指摘いただいたんですが、平成28年度の年次報告の機関別の取りまとめについては、実は今回レビューを書くために、28年度の成果について、一応、現時点までのというか、ちょっと前までの成果を既に皆さんに入れていただいているんですよね。ですから、恐らくこれ、ウエブで入れるときに、多分、もう入っている状態なんですよね。
【浦谷地震火山専門官】はい。
【清水部会長】ですから、これ、またゼロからもう一回入れるんじゃなくて、少なくとも途中までの進捗は入っているはずなので、それに書き足すような形で入れていただくということでよろしいですか。
じゃ、加藤委員。
【加藤専門委員】今、事務局案の様式のところの(8)のところに既にその説明が入っていまして、「また、平成28年度はじめに成果を入力している場合は、それに追加して成果を入力してください。既に入力した成果を修正しても構いません」というような説明を付けたいと思いますし、システムの方にもそのような説明書きを書きたいと思いますので、問題はないと思います。
【清水部会長】済みません、どうもありがとうございます。ということですので、よろしくお願いしたいと思います。
あと、先ほどの成果の概要で、後ろの方に用語集がございますが、用語集についても、それぞれ御自分の専門の方、専門に近いところの用語をもう一度御確認いただいて、修正意見があれば、文章を直した形で事務局の方にお送りいただけると有り難いというふうに思いますので、併せてよろしくお願いしたいと思います。

[議事5.地震火山観測研究レビュー委員会の審議状況について]

【清水部会長】それでは、再開させていただきますが、次は5番目の議事なんですが、地震火山観測研究レビュー委員会の審議状況についてということです。残りの時間、まだ結構皆さんの御協力で早く進んでいますので、時間的には少し余裕がありますので、レビューについて御議論いただければと思います。
まず最初に、事務局の方から説明をお願いします。
【浦谷地震火山専門官】まず、参考資料3と4を御覧いただければと思います。参考資料3がレビューの作成方針と進め方、また、4が執筆担当者についてですけれども、これは前回4月に開催されました地震火山部会で両方とも承認いただいているところでございます。
6月4日にレビュー委員会の委員の方に執筆を依頼いたしまして、地震・火山噴火予知協議会の協力を得まして、7月20日までに第1次草案の原稿を執筆して頂きました。それで、その後、8月5日にレビュー委員会を開いて、1章から5章のレビューの原稿について御議論、御審議いただきまして、その資料が5-1になります。1章から5章までのレビュー草案になります。これにつきましては、委員の皆様に資料を事前配付させていただいておりまして、修正意見・コメントを見え消しで入力しております。これにつきましては、本日、修正意見が妥当かも含めて御議論いただければと思いますが、今日は、主に資料5-2ですが、レビューの草案の総括的評価になります。こちらも事前配付させていただきまして、また意見・コメントを少し入れておりますが、本日は特にこちらを中心に御議論いただければと思います。
資料5-3は参考資料になりまして、こちらは事務局の方で取りまとめたものですけれども、こちらは特に本日は御議論いただく予定ではございませんが、修正等ありましたら、後ほどでも結構ですので、また御意見を頂ければというふうに思っております。
事務局からは以上です。
【清水部会長】どうもありがとうございました。今、事務局の方からレビューの進捗と、今日皆さんに御議論いただくことについての概略の説明がございましたけれども、これから時間がとにかくありますので、きょう、本当は主に、先ほど事務局から言われましたように、資料5-2、総括的評価を中心に皆さんの御意見を頂きたいと思っているわけですが、時間があるので、その前に資料5-1についても、一応、加藤委員の方から、特に「はじめに」の部分でしょうかね、ところを少し説明をいただいて、皆さんの御意見を頂ければと思いますので、どうしましょうかね。加藤委員の方にお任せしますので、説明の方をお願いします。
【加藤専門委員】じゃ、レビュー委員会の方から説明したいと思います。今、事務局から説明がありましたように、前回の地震火山部会でレビューの作成方針と構成の案を認めていただきましたので、レビュー委員会で7月下旬までに担当者から原稿を提出していただいて、レビュー委員会で内容を審議しました。今回提出させていただいた資料5-1ですが、これは8月5日のレビュー委員会で審議した結果、それぞれ担当の皆様が修正した文章そのままのものです。ですから、レビュー委員会で再度内容チェックはしていないものです。
それから、総括的評価の方ですが、これについては、レビューの本文というか、前半の原稿ができないと、それで総括的評価をするわけにはいきませんので、8月5日のレビュー委員会では、目次の案、構成の案だけをレビュー委員会で認めていただいて、前半の5章、前の文章を見て、今回、レビュー委員会の主査代理の西村委員と私で総括的評価を作成いたしました。
では、まず、1章から5章まで簡単に説明しますが、これは担当が書いた原稿、私が見た感じではまだもう少し直さなければいけないところがあるように思いますが、今回、細かいところまで議論しても時間がないと思いますので、最初の方、1章、2章、3章あたりだけでも内容を説明した方がいいと思いました。
まず、1章、ローマ数字の1ですけれども、ここはまず背景、これまでの観測研究計画のことについての説明があって、その後、本レビューの目的、つまり、現行計画というのは、これまでの地震・火山噴火の予知を目指す計画から、地震や火山噴火の予測は当然入るわけですけれども、それに限定せずに、地震・火山に関する理解を災害軽減に結び付けるための研究をするというような、新しい研究計画がうまくいっているかどうか、それについてレビューして、次の計画にもつなげるという目的について目的を明確にしたということです。
第2章、ローマ数字の2ですが、これは災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究の基本的な考え方ということで、まず、地震火山観測研究のこれまでの経緯、これは背景と一部重なるところがありますけれども、これまでの観測研究計画、地震や火山それぞれの観測研究計画でどのような達成があって、地震・火山災害にどのように貢献してきたかということが書かれています。
2の本計画の基本的な考え方では、前計画の途中で東北地方太平洋沖地震が発生したことなどによって、新しい計画がどのような考え方で作られてきたか、これは建議の記述にかなりならって書いていますけれども、そういったことが書かれています。
ローマ数字の3、第3章ですけれども、地震火山観測研究計画の変更についてですが、1は、東北地方太平洋沖地震の発生を受けて実施した前計画の見直しと現行計画の策定ということで、東北地方太平洋沖地震が発生した後に、前の観測研究計画の外部評価でどのようなことを指摘されたか、それから、東日本大震災を踏まえた今後の科学技術・学術政策の在り方について、ここで地震・火山研究などについてどのようなことが指摘されたかなどを紹介して、そういったことを受け止めて新しい現行計画が作られたということを書いています。
それから、ローマ数字の3の2の、御嶽山の噴火を受けて実施した観測研究体制の見直しと取組ですが、これは現行計画が始まった後に、戦後最悪の火山噴火災害となった御嶽山の噴火を踏まえて、地震火山部会でどのような議論があって観測研究計画、それから観測研究体制にどのような見直しがあったかということをまとめたところです。
このあたりはレビューの本文に入る前の、この計画の考え方や背景として重要なところだと思いますので、ここについてもし御意見があれば、伺えればと思います。
【清水部会長】ありがとうございました。今、レビュー委員会の方の加藤主査の方から、一応、このレビューの初めの部分、「はじめに」と、基本的な考え方、それから計画の変更についてという、これまでの背景と本レビューの目的のところが説明されましたけれども、御意見といってもなかなか今すぐには難しいかもしれないですけど、こういう中身、もしお気付きの点があったら御意見を頂きたいんですが、どうしましょうかね。何かありますかね。
とにかく項目立ては既に御議論いただき御承認いただいているので、そういう意味では中身ということになるわけですが、加藤委員、例えば、1、「はじめに」とか、2が基本的な考え方というのは既に皆さんの御了解いただいているんですけれど、その中を1ポツ、2ポツで分けているというのは、これは加藤委員の判断で分けたんですかね。
【加藤専門委員】そこまでたしか承認いただいていたと思うんですけれども。そうですね、参考資料3の4ページに構成が出ていますので、これはたしか変更していないと思います。
【清水部会長】済みません、分かりました。今の参考資料3の4ページ目に構成がありまして、これに従っている書いているわけですので、構成についてはこのままということで。そうすると、中身についてですね。
【加藤専門委員】そうです。
【清水部会長】もし御意見があればお願いしたいと思います。
【加藤専門委員】ちょっと補足しますと、レビュー委員会でもここは一回、8月5日の会議のときに議論しました。1章、2章と3章の1までは余り意見がなかったというか、細かい修正だけでほぼ原案どおりですが、3の2、御嶽山噴火を受けたところはかなり大きく変更しています。
【清水部会長】済みません、ちょっと申し訳ない。私もちょっと記憶にないんですけど、これ、御嶽山のところ、どういうところを大きく変更したんでしたっけ。
【市原専門委員】私、担当だったんですけれど、前回、まず、長くて、東北地震に比べて2倍ぐらいの長さがあったということで、あともう一つは、それぞれ検討項目、5か条あったのを、各項目、箇条書きに分けていたのを、それが長くなっている原因でもありましたので、箇条書きを外して書き直しました。
【清水部会長】どうもありがとうございます。そうでしたね。確かにものすごく長かったと思います。これを少しまとめていただいているので、これは事務局、レビュー委員会はまだこの後も引き続いてあるわけですよね。
【浦谷地震火山専門官】はい。レビュー委員会につきましては、また来月開催いたします。
【清水部会長】ですから、これは例えば、今すぐ御意見なくても、これももう一回読んでいただいて、御意見を頂ければ、次のレビュー委員会には反映できるという。
【浦谷地震火山専門官】はい、そのようにいたします。
【清水部会長】ということでございますが、今、この場で何かお気付きの点があったらお願いしたいと思いますけど、よろしいですかね。
もし今すぐなければ、きょうの検討の中心ですけれども、次の資料5-2の総括的評価、これが一番大切なところだと思いますが、ここについて、そうしたら少し丁寧に加藤委員の方から説明いただきながら、皆さんの御意見を頂きたいと思います。よろしくお願いします。
【加藤専門委員】総括的評価ですが、ここは今、部会長から御指摘があったように、次の計画につながるところですので、注意深く読んでいただければと思います。先ほど申し上げたように、ここも構成だけは8月5日のレビュー委員会で承認していただきましたが、文言などは少し変えて、タイトルなどは少しは変わっていますが、基本的には構成はレビュー委員会で承認されたものと変わっていません。
最初から説明しますけれども、まず、6の総括的評価、現行計画策定までの経過ということで、地震予知・火山噴火予知計画の主な成果、東日本大震災、現行計画の策定とあります。実はここはレビュー委員会で目次を、構成を承認していただいたんですが、実際書くと、最初の1章、2章に書いたこととかなり重複しているところがあって、やや迷っているところです。ひょっとすると、もっとずっと短くしてしまってもいいのかもしれないです。先ほど言いましたように、1章、2章と重複感があるので、前の計画、地震・火山が統合した計画あたりから書いてもいいのかなと思っていますので、そのあたりについて御意見頂ければと思います。
次の2の、現計画の成果と課題ですが、これは言ってしまえば、これまでのレビューの1章から5章までの要約に近いものと思ってください。まず、優先度の高い地震・火山噴火に対する総合的な取組ということで、建議で総合的に取り組むべきとされた東北地方太平洋沖地震、南海トラフの巨大地震、首都直下地震、桜島火山についての取組がどういった成果が出たかについてまとめています。
結論としては、最後の段落にあるように、やはり4つの対象については研究の進展や取組の熟度などでかなり違いがあるのは事実で、実際やる面ではいろいろ課題も多いのですけれども、これら4つの対象というのが日本にとって非常に重要なものでありますし、災害科学の発展に貢献できる可能性が高いのは今後も変わらないと思いますので、今後もどういうふうに取り組むかというのを十分考えた上で、総合的な取組は必要なのではないかというのが結論です。
次の拠点間連携共同研究ですが、ここは関口委員に作っていただいた文章をほぼそのまま採用しています。これまでこの研究計画の中核の一つであった東京大学地震研究所と、自然災害に関する総合防災学の共同利用・共同拠点である京大防災研が連携して、地震・火山学の成果を災害軽減に役立てるために実施してきたものですが、これも主に理学研究者や工学の研究者がこれまで十分に連携をとっていなかったというのは事実で、実際、こういうことを始めてみると、お互いにやっていることが十分分かっていなかったということが非常によく分かってきました。だから、そういう状況ですので、まだ研究としては萌芽的なものが多いと思いますが、これから発展して、災害軽減に貢献できるような成果が期待できるので、これは続けていくべきだろうというふうに考えています。
次は、低頻度大規模地震・火山現象ですが、これも新しい計画になって力を入れてきた部分で、特に史料、考古データ、地質データ、これらを収集して低頻度大規模地震・火山現象の解明や予測に役立てようということで、新たに歴史学や考古学の研究者に参加してもらったということです。データの収集は着実に進んでいて、それは非常に時間が掛かるものですから、今後も着実に進めるべきだろうというふうに考えています。それと同時に、そういった蓄積されてきたデータを有効に活用するための手法の開発も重要になるだろうというふうに思っています。
次、内陸地震ですが、これは現行計画の実施中に、長野県北部の地震や熊本地震など、重要な地震が発生しました。これは既知の活断層で発生したもので、活断層の評価について課題を投げ掛けるような内容、地震であったと思います。つまり、活断層を部分的に破壊するような場合をどのように評価するか、それから、隣接するような断層帯が複雑な活断層帯の地震発生予測の問題など、理学として地震学として非常に重要な研究テーマを示した研究だと思います。内陸地震については、こういった研究も含めて、長期的な予測を目指した研究で、それから経験的なものだけではなくて、物理モデルの構築も目指す研究を今後も続けていくべきだろうというふうに考えています。
次の、地震と火山の相互作用ですが、これも熊本地震のときに破壊域が阿蘇カルデラの中まで延びているということで、阿蘇の火山活動が懸念されているわけですが、そういった事例も含めて、今後も地震と火山の相互作用の研究は続けていくべきだろうと思います。
次、海溝型地震ですが、これは、新しい地震予知計画になった後のモニタリングと物理モデルによりプレート境界滑りの推移を予測するという研究は、地震発生予測を目指しているこの計画の非常に重要な部分であるのは今後も変わらないと思いますので、継続して実施していくことが重要であろうと思っています。
また、海溝型地震の中では、スラブ内地震も重要で、東北地方太平洋沖地震の後のアウターライズ地震の懸念がなくなったわけでもありませんし、2015年の小笠原西方沖地震のように、非常に深い地震でも被害を起こすことがあるということで、海溝型のプレート内の地震についても研究が重要であるというふうに考えます。
次のページに行って、地震先行現象・地震活動評価ですが、現行計画では、先行現象の統計的な評価に重点を置いた研究が進められていて、評価というのが着実に行われています。地震の予測というのはやはり目指すべき目標の一つと思いますので、この研究も今後も続けていく必要があると。統計的な評価だけではなくて、物理的なモデルとの統合も目指して行っていくべきだというふうに思います。
次、火山現象のモデル化と噴火事象系統樹は、西村委員、お願いしていいですか。
【西村専門委員】火山現象のモデル化は、6ページですね。こちらについては、1ページ弱でまとめました。着実に観測研究を進めていますので、基本的にはそれを今後も進めていくということと、最後の方に書いてあるところは、事象が小さなものから大きなものまであるということがありますので、実際に災害の軽減をするための対策として情報をどのように発信するかなどについても今後考えていかなければいけないというようなことをまとめて書いてあります。また、観測システムの有効的な配置なども重要であろうということでまとめました。
噴火事象系統樹については、前回の建議の研究計画でもその有効性が認められておりますので、今回も着実に進めております。これも着実に進んでいて、基本的には重要であろうということをまとめております。
そして、最後の段落の方では、観測網が整備されている観測火山、あるいは余りされていない火山は、十分こういったものができますけれども、そういった観測網がないところでも使えるような事象系統樹を作成していくことが重要であるということでまとめております。
以上です。
【加藤専門委員】次、災害誘因予測のための研究ですが、これは現行計画になって特に力を入れた部分の一つですが、地震動や津波の事前予測、また、即時予測、それから火山に関しては降灰の予測などが行われて、かなりの成果が出たと思います。これは災害の軽減に直接役に立つ研究でありますが、我々がやっているのは基礎的な研究で、こういうのが十分活用されて災害軽減に役立つためには、行政機関等で実用化されることに非常に価値があるので、大学、研究機関、それから行政機関、こういったところが十分に連携した上で研究を進めることが重要と考えています。
それから、地震動などの予測に関しては、災害軽減に結び付くためには、建造物にどのような影響を及ぼすか、そういった研究をすることが非常に重要で、そのために地震研究所と京大防災研の拠点間連携研究を行ってきたわけですが、こういった部分についても、主に工学との連携についても非常に重要であろうと。今後も続けていくべきであろうというふうに考えます。
次、災害事例、災害発生機構、災害情報の研究ですが、ここも新しい研究分野で、特に人文・社会科学の研究者に多く参加していただいて、研究を進めてきたところです。最近でも東北地方太平洋沖地震であるとか、御嶽山の噴火、熊本地震などで地震・火山災害が発生して、それらの事例研究などを進めることによって、地震や火山噴火といった自然現象がどういった災害に結び付くかを理解するような研究が行われてきました。そういった研究を通して、地震・火山の現象理解をどういうふうに役立てるかというのを今後も考えていかなければいけないと思っています。
こういった研究というのは、今、体制の整備のところに入っている、社会との共通理解の醸成と災害教育、そういったところとも非常に密接に関連していくものと思いますので、これも防災に関する研究者と連携して、地震・火山の理解を役立てる研究を今後も進めていくべきだろうというふうに考えます。
次、3番目の計画推進体制の強化。最初は、地震本部との関係と火山観測研究の一元的推進体制ということです。最初に地震本部の関係ですが、現在もこの研究計画というのは国の調査研究の中で基礎的な部分を担うということが優に位置付けられていますので、今後も地震本部との連携を強化して、我々が行ってくる研究を役立てていただくようにすることが重要と思います。
一方、火山に関しては、我々の研究計画のようにボトムアップ型の研究は重要なわけですが、それを社会に役立てるための組織的な体制というのが十分に整備されていないということは考える必要があって、これは我々だけで解決できる問題ではないですけれども、ここについて今後考えていく必要はあると思います。
次、本計画の推進体制ですが、これは現在行っているように、地震火山部会で責任を持つのは当然ですが、ここで実際、計画の進捗状況などを把握して、成果の取りまとめを行っているわけです。ただし、ここは常に機能しているわけではありませんから、実際のところは地震・火山噴火予知研究協議会の企画部であるとか、拠点間連携共同研究委員会が常時活動して、研究の進捗状況であるとか、研究分野間との連携などを考えているわけです。ということで、予知協議会であるとか拠点間連携共同研究委員会の機能がしっかり働くように考えていくことが重要と思います。
次、基盤的な観測の維持、発展ですが、地震・火山の観測研究においては、基盤的な観測が非常に重要なのは当然でして、特に地震においての基盤的観測網が非常に大きく貢献してきました。今後、海底における観測網、南海トラフ及び日本海溝沿いですが、こういったものが今後、整備中のものも含めて整備されると、これまで以上に海底で発生する地震等についての理解が進むと思われます。発生が予測されている南海トラフの巨大地震については、達成に至るまでの過程を十分に詳細に観測することによって、巨大地震の発生予測可能性を検討する上では非常に重要なデータが得られると思いますので、今後も基盤的な観測網をしっかり維持、充実させていくことが重要と思います。
火山の場合は、地震のような基盤的な観測網が十分にありませんから、大学の観測データがかなりモニタリングのために重要な位置付けになっています。しかしながら、国立大学でそういった観測網を十分に維持するのはなかなか苦しくなっている状況がありますので、火山の観測網を今後どうするかというのを十分に考えていく必要があると思います。
最後に、臨時観測のことが書いてありますが、地震や火山噴火の発生直後には当然、発生域の近くで臨時観測を行いますし、それから研究的な臨時観測も行っています。そのための観測機器を常に整備しておくことが重要というふうに考えています。
データベース・データ流通ですが、これは定常的な観測網で得られているデータを流通することであるとか、研究的な臨時観測のデータ、それから解析結果などの成果を広く公開することは、研究の加速のために重要とは思います。それは原則的にはデータや解析結果を公開する方向に進めるべきですが、そのためにはかなりのコストが掛かるということを十分考える必要があって、この研究計画でもデータベースの充実というのは重要な項目ではありますが、必ずしも思うようには進んでいかないというのは、やはりデータベースを作るというのは特に大学の研究者にとってはなかなか評価されない部分もあるわけで、そのために十分なエネルギーを使うということを今後、どういうふうに体制を作っていくかというのを考えていく必要があると思います。
技術開発ですが、この観測研究計画は昔から技術開発を研究の柱の一つとしていましたし、技術開発を、新しい観測や解析をすることによって研究が進むのは当然ですから、今後もこれを重要な項目として研究を進めていく必要があると思います。
次、教育・人材育成ですが、大学において博士課程進学者が減少しているのは、必ずしも地震学、火山学だけではないので、国として博士課程進学者が増えるような対策というのをとることは期待されていますけれども、期待したいと思いますけれども、地震学や火山学の研究者を――地震学や火山学の魅力を伝えるための努力も、我々研究者として必要というふうに思っています。
それから、教育に関しては、大学だけではなくて、研究開発法人や、国や地方自治体などで実施されていることとの連携をとることによって、若手研究者の確保を考えていく必要があると思います。
次、社会との共通理解の醸成と災害教育ですが、これは先ほども述べましたけれども、地震学や火山学の成果を災害軽減に役立てるためには、地震や火山の噴火がどういったものであるか、それがどのような災害を引き起こすかというのを、一般の方々であるとか、自治体等の防災関係者に知ってもらうことは極めて重要であるので、これは体制の整備というところに入ってはいますけれども、研究的な面もありますので、今後ますます力を入れていく必要があると思います。
最後、現計画の総括的評価と今後の展望、まとめですが、「統括的」となっていますけれども、「総括的」が正しいです。新しい計画というのは、地震・火山の予知だけを目指すのではなくて、それも含めて地震学や火山学の成果を災害軽減に役立てるための研究を進めてきたわけです。そのために、関連研究分野の研究者に参加してもらうようになったと。そういった体制はある程度整ってきたと思います。
もう一回研究をまとめますと、地震・火山現象の解明と予測については、低頻度大規模地震などで歴史研究者や考古学研究者、地質学研究者の協力を得て研究を進めてくることが重要。それから、内陸地震やスラブ内地震に関しては、主に長期的な評価などが重要と考えます。それから、海溝型のプレート境界地震については、データ同化手法などの開発などによって、観測データのモニタリングとモデリングを統合して、地震発生予測を目指すという方向を継続するべきだろうと思います。
災害誘因予測の研究については、強振動や津波や火山噴火による降灰などの予測はもちろん重要ですし、そういったものを災害軽減に役立てるための関連研究との連携を継続すべきだろうというふうに思います。
推進体制については、関連研究分野との連携はある程度できるような対策はとれてきました。ただ、やはりそれぞれの研究を、異なる研究分野のことを十分に理解するというのはなかなか難しいというのを実感してきたわけですが、ようやく意思疎通ができるようになってきたわけですから、これを継続してよりよい研究を進めていくべきだろうというように考えています。
済みません、関連研究分野と関係機関との連携強化というのは、今のところに含まれていますね。だから、中黒の後の「関連研究分野、関係機関間の連携強化」は消してください。
その次の中長期的な展望というのは、これは建議でも書いたもので、現行計画を作る前に外部評価などで指摘されたことは、中長期的な展望が必ずしも明確ではないという指摘を受けて、建議に書いたことです。どういったことが書いてあるかというと、4つに分かれていて、1番が、地震や火山噴火が引き起こす災害がどのようなものであるかを解明し、国民や関連機関に広く知らせること、2番が、地震や火山噴火がどこでどのくらいの頻度・規模で発生し、それらによる地震動、地盤変形、津波、噴火規模・様式がどのようなものであるかを想定して、長期的な防災・減災対策の基礎とすること、3番、地震や火山噴火の発生直後に、地震動や津波、火砕流や降灰、溶岩流などを予測することにより、避難に役立てること、4番、地震の発生や火山噴火の発生や推移を事前に予測することにより防災・減災対応をとること、これが現行計画の建議に書かれていることですが、前の計画までは4に特に力を入れていたわけですが、この計画では1、2、3についてもかなり力を入れるようになったということです。
それぞれについての評価は既に話しましたけれども、1については、史料や考古データ、地質データなどの研究を大幅に取り入れて、かなりこういった研究を進めるだけの体制はできてきたというふうに思います。
2番については、地震や火山噴火の予測と、それらによる地震動等を想定するということで、災害誘因の予測の研究が現行計画ではかなり進んできたということです。
3番については、そういった災害誘因の予測の研究に基づいて、それを避難に役立てるための防災に関する研究も行われてきたということです。
4番はこれまでどおりですが、研究の進捗はありますが、これはなかなか明確な地震の予測、火山噴火の予測というのは計算できないところがありますが、これは着実に研究を進めていくべきだろうというふうに考えています。
以上です。
【清水部会長】加藤委員、どうもありがとうございました。今、加藤委員の方から、大分丁寧に総括的評価のところを説明いただきましたが、これから皆さんに御質問も含め、御意見を頂きたいと思います。構成については既に大体決められた方向になっていますけれど、一部細かいところでは書いていく過程でより適切に直しているということでございます。主に中身についてですが、何でも結構なんですが、全体的なところでも、個別の細かい表現でも結構なんですが、もし何かございましたらお願いしたいんですけれども、何かありますでしょうか。
じゃ、小原委員、お願いします。
【小原臨時委員】構成というか、中見出しみたいなところなんですけど、12ページの「関連研究分野、関係機関間の連携強化」で、それに点が付いて……。
【清水部会長】それは、だから、関連は削除。
【小原臨時委員】あ、そうか。
【清水部会長】ですよね。
【加藤専門委員】それは削除です。
【清水部会長】完全に削除でいいんですか、これは。
【加藤専門委員】これは……、そうですね。上に書いてあることです。済みません、実はこれを作るときに、推進体制のところに何を書くかというのを箇条書きのものを書いていて、それが残っちゃっただけです。
【小原臨時委員】済みません、じゃ……。
【加藤専門委員】関連研究分野については、上に書いてあります。
【小原臨時委員】ポツは消すわけですね。
【加藤専門委員】はい。消してください。申し訳ないです。
【小原臨時委員】分かりました。
【清水部会長】よろしいですか。
それ以外、特に最初、構成について、今、小原委員のような形の意見でも結構なんですが、何かございましたら、気が付いたところありますでしょうか。
【西村専門委員】11ページの、10ページから始まる「(地震・火山現象の解明と予測の研究)」のところで、火山関係のことを加筆するのは申し訳ないんですが、私の方がちょっと見落としてしまいまして、ここ、書かれておりません。5行ぐらいで、火山研究についての総括的評価と、それから今後の展望を加筆したいと思います。申し訳ございません。
【清水部会長】じゃ、是非それをお願いします。
ほかには。
例えば、最初にちょっと加藤委員の方から御指摘というか、意見があったんですが、最初のところの総括的評価のこれまでの経緯、1ポツの現行計画策定までの経緯のところが、第1章なんかと重複しているということですね。なので、ここではもっと短くした方がいいかもしれないという御意見がありましたけれども、これについてはいかがでしょうかね。昔、前レビューは私も同じような立場で総括的評価と「はじめに」を書いたんですが、そのときも同じようなことを感じたんですが、ある程度の重複はしようがないというか、もっと言うと、とある人から、総括的評価しか読まない人がいるから、総括的な評価だけ読んでも分かるようにしておいた方がいいということを言われたので、ある程度重複を認めたというか、書いたんですが、この辺は、だから、総括的評価を読んでも流れが分かるような、これまでの経緯が分かるような形で省略できるところは省略するということかなというふうに、私、個人的には思っているんですが、その辺をちょっと御配慮いただきながら、短くなるんであれば、より短い方がいいとは思うんですけれども。
加藤委員、いかがでしょうか。
【加藤専門委員】分かりました。総括的評価を読んでも分かるようにというのはごもっともですので、余り無理せずに短くできるところがあれば短くしたいと思います。
【清水部会長】ほかに。
じゃ、平田委員、お願いします。
【平田委員】大変苦労してまとめられたと思うんですが、8ページの3の計画推進体制の強化というところで、最初に、地震のことについては地震本部との関係が書いてあります。それで、地震本部がやっている地震調査研究と、建議の計画に基づいてやっていることの役割分担がここには書いてあって、研究の手法として、地震本部がやっているのはトップダウンで、この計画でやっているのは、研究者の自由な発想に基づくボトムアップ研究であるということは書いてあるわけです。さらに、地震本部でやる調査研究は、基礎的研究であるこの計画の成果を利用するというようなことも、有効に活用されるというようなことも書いてあるので、一応書いてあるんですけれども、もう少しこれをはっきりというか、膨らませた方がいいと思います。
というのは、その後の方に、12ページのところで、中長期的な展望で1、2、3、4というふうに書いたわけですけれども、つまり、現行計画になったときの一番の研究の内容としては、災害誘因の予測をする、ハザードの予測をするというところを含めたわけですけれども、これは従来は地震本部が調査研究でやっていた内容を、この建議の計画でもやるということにしたわけです。同じことを別なものがやって重複しているんじゃないかという批判があることは知っての上でそれをやったのは、地震本部がやっているのは基本的に、もうちょっと研究をすれば成果が上がる、防災に役に立つという研究であって、建議でやっていることはかなり長い間研究をすると役に立つ、基礎的な研究であるというような位置付けにしたわけです。だから、基礎的な研究であるということをもう少し明確にいろいろなところに散りばめた方がいいと思います。だから、単なるハザードの予測というのは、最後は防災に役に立つハザードの予測になるんだけれども、そのためにやらなければいけない基礎的な研究をこの計画でやっていて、それについて成果があって、できればそれは地震本部の調査研究にどういうふうに役に立っているかというところまでレビューで書いていただけると一番いいです。
それは難しいと思いながら言っているんですけれども、例えば、非常に外形的なことですけれども、地震本部の総合基本施策の中で基礎的な研究であるということは位置付けられているので、それをもっと明示的に文献というか、地震本部の総合基本施策の中の基本的な考え方のところの第2章に書いてあるんですけれども、それをちょっとはっきりとどこかに書いていただいた方がいいと思います。
それから、例えば、地震本部の総合部会で毎年この計画について報告していただいて、審議もしていますから、基本的には地震本部の全体の計画の中でこの建議の計画も位置付けられているというふうになっていると思います。
それで、理想的には、様々な100を超える課題でやっている成果の幾つかが、実際に地震本部の調査観測計画というか、地震本部の調査観測にうまく引き継いだような例というのが幾つかあれば一番よくて、例えば、社会科学的な研究なんかには割とすぐに引き継ぐ可能性――まだ実際にはそういうものがないとしても、それを目指している、芽が出ているようなところを少し見えるように書いていただくのがいいかなと思います。
それで、私の立場はちょっと微妙なんですけれども、この建議でやっている計画に対して、地震本部がどう思っているかというのを公式な席でヒアリングをするような機会を作っていただければ、調査委員長と政策委員長か、あるいはそうじゃなくても実際にやっている人たちのヒアリングを受けてというのもあってもいいかなと思います。地震本部側はこの計画に対してヒアリングをしていますから、一応、相互的にあってもいいかなとは私は思うんですけれども。これは課長と相談していないから、そういうことをやっていいかどうかは難しいですけど。
【谷地震・防災研究課長】全く問題ありません。
【加藤専門委員】ありがとうございます。総合基本施策のことと総合部会のことは5章に書いてあるんですけれども、ここでもできるだけ短く書けるかどうか、ちょっと考えてみます。
ヒアリングのことは、私がある程度できることは、地震・火山噴火予知研究協議会とか、そちらの方でとか、あと、年度末の成果報告シンポジウムとか、そういったところの利用はある程度考えたいと思っています。
【清水部会長】平田委員の御意見と、あと、加藤委員の回答ですけれども、このことに関してでなくても結構ですけれども、何かありますか。
じゃ、井口委員。
【井口臨時委員】2ページの2の現行計画の成果と課題なんですけれども、一番最初に優先度の高い地震・火山噴火に対する総合的な取組、2番目に拠点間連携が出てくるんですけれども、これを最初に持ってきたというのはどういう理由なんでしょうか。今さっきの平田委員の話にも関連するんですけど、やっぱり基礎的な研究だというふうに平田委員は言われていて、そうすると、まずベースになる基礎的な部分のところをまとめておいて、その上で総合研究グループというか、あるいは拠点間連携でもいいんですけれども、そっちの方へという格好じゃないかなというふうに思っていて、この間も戦略室でちょっと議論した話なんですけど、やっぱり総合研究グループ、総合的な研究の取組って、ある意味この研究計画の中では今回初めてやったところであって、それをとにかく最初に始めましょうというところで、研究の進捗度としてはむしろ基礎的な部分に比べて遅れている部分だと私は思うんですね。それをあえて持ってきたというのは、どういう意図でしょうか。
【加藤専門委員】ここは悩ましいところでして、実は単純にレビューの1章から5章までの順番に従いました。これはレビュー委員会で目立つ取組なので、前に持ってきた方がいいということでこうしたんですが、私は井口委員のおっしゃることも非常に分かって、実は26年度の成果の概要のときは実施項目の1から4の後にこれを持ってきたんですよね。だから、どっちでもありだと思うんですよ。だから、ここは皆様の御意見で変えてもいいかなとは思っています。
【清水部会長】今、井口委員の方から、構成に関する意見なので、これはかなり結構根本的に重要な御意見なんですが、これについてはいかがでしょうかね。ただ、一応、今計画のある意味目玉的なもの――拠点間連携もそうですし、優先度の高い。恐らくこれはまた最後の方の話になるんですが、総括的評価のところのまとめみたいな、今後の展望が実は次の建議――多分作ると思いますけれども、次の建議のある意味骨格になっていくんですよね。なので、そういう意味では、この辺のところの構成も結構重要で、次の建議につながるような書き方になるので、これをうんと目玉にして本当はやるのか、あるいは、基礎的な成果を非常に書いて、今後の課題というか、もっとこれからより力を入れて取り組むべき事項として優先度の高いのと拠点間連携をさらに書くのか、その辺の戦略にもよってくると思うんですけど、何か御意見があったらお願いしたいんですけれども、平田委員、何かありますか。
【平田委員】私は、原案みたいに、つまり、総合的な研究を基礎的な研究として始めたという心意気を示すには、こういう順番でもいいかなと思います。この中身を見ると、非常に理学的なことから災害誘因と災害の発生機構まで全部を、例えば、南海トラフ、首都直下、桜島というふうにまとめられているので、それほど違和感はなかったので、これでもいいかなとは思います。
【清水部会長】どうも御意見ありがとうございます。
ほかには、このことに関していかがでしょうかね。
井口委員。
【井口臨時委員】私もこれでもいいと思います。これ、一番重要なところで、今後の、次に建議があるとしたら、こういうような取組が重要であるというようなところの核になる部分だろうと思うんですけれども、そうであれば、その書き方として、やっぱり最後に総合的な取組を継続すべきであろうというふうにまとめてあるんですけれども、多分、総合的な取組を継続すればいいということではなくて、恐らく最初は取り掛かりじゃないですか。最初の5年間は取り掛かりだという位置付けにしてあって、じゃ、次の5年をやったときに、次の5年は一体何をやるべきかということを多分見せていかないと、続けましょうと言うだけで、世の中の理解が得られるんでしょうかというところがちょっと気になりますね。ちょっとそれを何か見せたいですね。
【清水部会長】非常に貴重な御意見、ありがとうございます。
私も全く同じに思って、これを拝見して思ったけど、これはただ言うのは易しいんだけど、実際にこれをおまえ書けと言われたら、非常に困るなと思いましたけれども、私もやっぱりこれを見たときに、最後のまとめなんかを見ると、今後もこの方向で進める、とにかく大きな一歩を踏み出したって、そのとおりだと思うんですが、この方向で進めると言うだけで、余りそこにもうちょっと具体的に、例えばどの辺をどう変えてとか、どこを強化してとかというのがあると、もっと本当はいいのかなとは思いましたけど、なかなか建設的な意見を言えと言われると、今はそれが出てこないんですが、これ、基本的にこのまま継続、継続ということになっているので。
【加藤専門委員】そうですね。総合的なところですよね。実施体制について改善するべきところはかなりあるとは思うんですけれども、具体的な課題をうまくここで書けるかというと、なかなか自信がないんですけれども、頑張ってみます。
【清水部会長】物すごく難しいと思うんですけど、ただ、やっぱり井口委員が言われたように、次にどこをこのまま継続で、どこを発展させる、どこは改善とかというのが少し整理されていると、多分いいのかなというのはちょっと思いました。
ほかにはいかがでしょうか。
それと、構成としては、今平田委員が言われたように、例えば、優先度の高い、あるいは拠点間を前に持ってきても、特に違和感はないということですので、このままでもいいのかもしれません。書き方をちょっと考えるということだと思います。
ほかには御意見ありますかね。
どうぞ、宮澤委員。
【宮澤専門委員】10ページの、社会との共通理解の醸成と災害教育に関してですけれども、ここに書かれている、研究成果を効率的に国民や自治体の防災関係者らに伝えるための方法を研究すべきであるというのは、資料が少し戻ってしまうんですけれども、資料5-1の何章か分からないんですが、4ページに書かれている内容に対応していると思います。具体的には、4ページの上4分の1ぐらいから、科学技術・学術審議会で建議された、東日本大震災を踏まえた今後の科学技術・学術政策の在り方についての4つ目の中黒ですね。「科学的見地から、自然災害に対して地方自治体が適切な防災対策を取ることができるよう、助言を行う取組が必要である」と。これに対応しているのだと思います。もちろん上の3つに関してはそれぞれ全て対応するものがあるんですが、ここで言われているのは、具体的にやはり助言を行う取組が必要であるということで、もう一度資料5-2の10ページへ戻ると、そういった助言を行う、あるいは研究内容を効率的に伝えるための方法を研究すべきであるとしています。さらに同じようなことに関して、今後の展望のところ、12ページの下3分の1ぐらいで、「(1)については」のところに書かれていますが、その段落の一番最後に、「効率的な伝え方の方法の検討を進められた」、「このような研究はますます重要になる」というように、やはり伝えることに関する研究はするけれども、先ほどの科技審で建議されたような「助言を行う取組が必要である」には必ずしも対応していないように思えます。なので、今後に関して、次の建議を見据えたときにどこまで書けるかは分かりませんが、例えば、組織的にそういった助言を行う取組を行うことが重要であるというのが恐らく今後踏み込んでいくような内容だと思いますが、いかがでしょうか。
【清水部会長】どうぞ。
【平田委員】我々の計画の規模でどこまで組織的な取組ができるかというのは、やはり限界があると思うんです。地震学や火山学の研究成果を伝えるための研究は当然すべきですが、それを実際に伝えるというのは、幾つかのケースでできるけれども、例えば、何十、何百の自治体に同じようになんてとてもできないと思いますので、やはり研究みたいなことが主体になると思っています。
【清水部会長】じゃ、宮澤委員。
【宮澤専門委員】例えば、とある自治体を特定して、そこに対して実際に助言を行うという取組を、飽くまで研究の一部として行うということ。実際に社会科学系でそういった取組が、研究ですけれども行われている場合があると思うので、そういったものを想定すればいいんでしょうか。
【加藤専門委員】そうですね。特に大学の活動の場合は、なかなか分離できないところはあると思うんですけれども、基本は研究だと思います。
【清水部会長】これも大変重要な問題ですけれども、どこまでこの計画でやれるかというのは確かに大変難しい。ただ、10ページのこれを見ると、今の災害教育のところの真ん中辺ですけれども、これまでは、「個々の研究者の努力に負うところが大きく、計画全体として組織的に行ってきたものではなかった」と書いてあるので、これを見ると、なかったからこれが課題で、今後は組織的に行うのかなと思うと、そうではないということですね。
【加藤専門委員】そうですね。なかなかここは難しいんですけれども、組織的といっても、少なくとも個々の研究者だけに負担を負わせるんではなくて、特に人文・社会系の研究者が入ってきましたから、そういった方にどうやったらいいかというのをちゃんとアドバイスしてもらって、その手法を、例えば、地震・火山噴火予知研究協議会などでほかの方に伝えることによって、組織的といっても、かなり限界はありますけれども、今よりはかなり改善はされるのではないかというふうに思っております。
【清水部会長】そうすると、例えば、組織的にはなかなか難しいけれども、今よりも支援体制――今、個々の研究者が個人的にやっているわけですよね。それを例えば支援するようなシステム、つまり、分かりやすく伝えるというだけじゃなくて、それをサポートするような、そういうシステムに対することも今後少し考えていくみたいなことはできるんでしょうかね。
【加藤専門委員】はい。あの……。
【清水部会長】余り言い過ぎると、だから、本当にこれ、書いちゃって、やるって言って、実際なかなか難しいとは思うんですが、火山は、今、内閣府のあれが指導して、防災協議会というのがあって、法定何とか協議会、火山のがあって、それぞれの火山に研究者が入って、自治体も入った形で、そこでふだんからある程度顔の見える関係で啓発活動もやり、有事の際にはそこで新たに判断するというふうになってきているので、火山は若干そこは、これも予知計画でやるべきことではないと思いますけれども、なので、その辺、例えば、地震は少し支援する、あるいは名古屋大学なんかがやっている東海地域で少しそれをやっている取組を予知計画のグループとしてもう少し支援するとか、テストケースで少しやるとかというくらいは少し書けるかもしれないんですね。
【加藤専門委員】はい。考えてみます。
【平田委員】さっきの5-1の4ページにある科学技術審議会の建議の指摘は、地震学全体に対してこういうことが言われたので、これは建議の計画だけではなくて、地震本部のやっている地震防災に関する研究も全部含めてだと思います。だから、この建議の中では、研究者がこういう取組をする研究をしていただいて、それを幾つか試みにやってみることを学問的な体系にして、類型化して、そういった知識を地震本部に提供するということで、実際に全国の自治体に対してこういった助言を行うということ自体は、むしろ地震本部がやるべきことだなと私は思います。そのときに、やり方はいろいろなやり方があって、どういうやり方が効果的であるとか、相手がどういう種類の人に対してはどういうやり方があるというようなことを研究ベースで学術的にやるというのが、この建議でまさに期待されていることだと思います。
【加藤専門委員】おっしゃるとおりのことを考えてみます。
【清水部会長】どうもありがとうございます。
それで宮澤委員、いかがですか。よろしいですかね。
【宮澤専門委員】はい。特に先ほどの平田委員が前に発言されたような、地震本部とここの測地学分科会との関係というものをここでやはり明確にして、我々のここのコミュニティーとしては研究を行って、それを地震本部に活用していただくというのが、すみ分けとしてはいいと思いますし、もしそういうふうに明記していただければ、より明快になるかと思いました。
【平田委員】もちろん実践的に自治体に対してアドバイスを研究者が直接することを妨げることではありませんから、それは飽くまで、例えば、社会科学の研究というのは、フィールドに出てコミュニティーに対していろいろなものを働き掛けるということ自体が研究なので、そういう手法は幾らでもありますので、それは何ら妨げることはない。ただ、それを47都道府県全部やるとか、そんなことは到底できませんから、それを研究としてちゃんと成果をまとめて類型化して、全国展開できるような基礎を作るということが重要かなと思います。
【清水部会長】どうも御助言、ありがとうございます。
ほかにはありますでしょうか。
【山岡臨時委員】遅れて来て申し訳ありません。やっとどこを議論しているか分かったんですが、2つあって、1つは、11ページの災害誘因予測等の研究のところを見ると、何となく工学と社会科学にお任せとは言わないけど、やや間にワンクッション空いているような気がするんですけど、途中に何か挟まないとうまくいかないというようなところがあって、この中の研究がちょっとそこから一歩手前に引いているような印象を強く受けたんだけど、結局、これ、連携が大事なのではなくて、ある種の社会実装みたいな話になっていまして、だから、社会の中で、別に工学と連携するとか、人文・社会と連携するんではなくて、そもそも現実に役立っているのはどういうものかということをまず明らかにして、そこで工学とか社会科学というものの協力を得ながら、じゃ、我々の中の研究計画は何かということを考えるというのが本質なのかなというふうに思っています。だから、分野連携というよりは、そのさらに向こうにあるのは、ある種の社会実装みたいなものが向こうにあって、それと我々とをつなぐために工学と何か人文・社会と連携するみたいな、そんな方がいいのかなと思いますね。だから、地震は少しクッションあるけど、火山の方はかなり直接結び付いているところもあるので、そのあたりの表現を工夫することによって、地震と火山の基礎研究と社会との関係が見えてくるかというふうに思いますというのが1つ。
それからもう一つあったな。まずここだけ。そういう印象を持ちました。
【清水部会長】御意見ありがとうございます。ただ、社会実装という言葉こそ書いていないですけれども、でも、そういう思想で書かれていると。例えば、今、11ページのことを言われたけど、7ページの真ん中辺の災害誘因予測のための研究のところを読むと、災害誘因予測の最初の段落の最後のところは、やっぱり行政機関等で実用化されることに価値があるから連携しなきゃいけないとか、あるいはこの災害誘因予測の研究の一番最後のあたりのところに同じようなことが書いてある。災害軽減に役立てるために云々というふうに、推進というふうに書いてあるので、だから、やっぱりそういう社会実装を意識して、こういう連携をより強化するという思想で書かれているとは思うんですけれども。
【山岡臨時委員】思想はそういうふうに……。
【清水部会長】もうちょっと明記した方がいいと。
【山岡臨時委員】うん、まあ、そういう思想で、要するに、工学とか人文・社会と連携するというところの思想的背景は貫いた方がいいかなというふうに思ったところです。
【清水部会長】加藤委員、何かありますか。
【加藤専門委員】考えてみます。
【平田委員】だけど、社会実装というのは、非常に強くあるときには言われるので、ここまでは入れなくてもいいんじゃないかと私も……。
【山岡臨時委員】社会実装という言葉はちょっと言い過ぎかと。それは使わなくても僕はいいと思いますけど。
【平田委員】SIPだとか、PBXとかでは社会実装ということはがんがん言われて、言われたらしようがないけれども、言われるまではなるべくそれは書かない方がいいと私は思うんですけれども。
【山岡臨時委員】別にここで社会実装をしろということではなくて、それにつながることも意識して基礎研究をするというような意味合いだと僕は理解したので、そういうコンテクストで書いてもらえばいいかなというふうに。だから、飽くまで社会実装はするわけではないけれども、やっぱり災害軽減に役立つ何とかというんだとしたら、基礎研究はそことつながることをこういうところにも明記して、工学と人文・社会と連携しますという思想があればいいかなというふうに思いましたという、そのぐらいです。
【清水部会長】どうもありがとうございます。先ほどの宮澤委員の質問とも絡むけれども、やっぱり推本というか、地震本部とのすみ分けみたいなものもあるので、その辺、少し平田委員に御意見を頂きながら。なかなかニュアンスが難しいかもしれない。
もう一つどうぞ。
【山岡臨時委員】もう一つ気になったのは、12ページの一番下なんですけれども、事前の予測の研究について書いてありますが、一番最後に「災害軽減に役立つような予測の実現までには息の長い取組が必要である」、これはいつになったら行くんだという、ちょっとこれを読んだ瞬間に、普通の人はいらっとするんではないかというふうに。
【清水部会長】今、済みません、何ページですか。
【山岡臨時委員】12から13ページ。
【清水部会長】分かりました。
【山岡臨時委員】だから、「役立つような予測の実現までには息の長い取組が必要である」というのは、若干この書き方は普通の方はいらっとするんではないかと思うので、何を言いたいかというと、役立つかどうかは我々の側が一方的に決められるものではなくて、やっぱり社会との対話の中でどう役立つかを考えていけばいいことだから、こういう書き方ではなくて、研究を進めながら役立てる方法も考えていきたいというぐらいの方が私は正しいんじゃないかと思うんですけど、違いますかね。
【清水部会長】いかがでしょうかね。
【加藤専門委員】修正を考えてみます。
【清水部会長】例えば、だから、山岡委員の方から、どういうふうに書いたらよりいいかという、その案を提示いただけると、またそれに基づいて考えられるし、議論もできるんだと思います。
【山岡臨時委員】分かりました。それはまた後ほど。
【平田委員】対案じゃないんだけれども、12ページの(4)は、なかなかできないということなんですけれども、地震の発生を事前に予測することで防災・減災対応をとるというのは、かなり遠い将来でも非常に難しい。つまり、確実に地震が発生するということを言えるようには多分ならないので、我々は発生する可能性が非常に高まったというようなことまでしか言えなくて、つまり、原理的に曖昧な情報しか出せないことを社会がうまく利用するということが本質的に重要なので、頑張れば確実に予知できるようにはならないので、幾ら頑張っても、そこでも確実に言えることは、発生する可能性が高まったということが確実に言えるだけであって、最後、やっぱり確率過程になるというようなことが、社会がどれだけうまく使うことができるかというような、だから、それはもう理学を超えたような議論になるので、だから、この問いは、11ページの4の、火山の方はちょっと今は飛ばしますけれども、それは井口委員に後で言ってもらいますけど、地震だけに言うと、地震の発生を事前に予測することで防災・減災対応をとることというのは、地震発生の精度を上げればこれが自然にできるわけではなくて、精度を上げていっても、それを防災・減災に対応できるような仕組みを社会が作らなきゃいけないので、これは理学を超えたような議論が必要だというところに本当は答えを持っていきたいなと私は思うんですけど、いかがですかね。
【山岡臨時委員】全くそれは賛成なので、そういう意味合いで少し書くといいんじゃないかと思うんですね。だから、ずっと将来にならないと役に立たないというのではなくて、役に立つというのは、社会との対話と言っちゃいけないのかな、との関係の中で見出していくべきであるとか、あるいはここの研究はさらに研究を進めることによって、より確率高く予測できるような事例を増やしていきたいとか、恐らくそんなような内容だと思うんですよね。そこら辺がうまく書けるといいなというふうに思います。
【平田委員】だから、予測の実現までには息の長い取組というよりは、災害軽減に役に立つには社会との息の長い対話が必要であるとか、何かそういうふうなニュアンスでしょうね、きっと。
【山岡臨時委員】そうですね。
【加藤専門委員】では、今の御意見を考えて、ちょっと修正してみます。
【清水部会長】よろしくお願いいたします。
ほかにはございますでしょうか。
もしなければ、体制のところの記述で何か所か出てくるんですけど、例えば、12ページの一番最後の、今後の展望のところの12ページの削除と言ったすぐ上ですね。関連分野何とかって書いたところのすぐ上に、「また、地震火山部会で計画の進捗状況を常時把握することは難しいため、計画に参加するすべての機関が予知協議会に加入することにより」と書いてあって、同じような表現がこの前の方にも出てくるんですけれども、これ、そのとおりではあるんですけれども、私の認識では、そもそも前の建議というか、今の現行の建議か、あるいはその前のレビューのときに、抜本的な推進体制の検討を予知協議会でやるべきである、やってくださいということは書いてあって、それを受けて、たしか予知協の方で検討して、その検討の結果、とりあえず当面は予知協を拡大して、全関係機関はみんな入った形で推進するんだというようなことをやっていると思うので、その辺のことがちょっと分かるような書き方というのはできませんでしょうか。
【加藤専門委員】分かりました。考えてみます。考えてみますというか、予知協で検討した結果というのは当然書けますから、そこは。
【清水部会長】要するに、単に常時把握することが難しいためだけではなかったような気もするんです。
【加藤専門委員】分かりました。
【清水部会長】ほかには何か御意見ありますでしょうか。
じゃ、市原委員、お願いします。
【市原専門委員】さっきの議論を聞いていて、分からなくなって見直していたんですけれど、「予測」という言葉がいろいろな時間スケールで使われていて、ある場所は「長期予測」と長期を断っていて、ある場所は「予測」と書いただけでいつ起こるかという短期予測的に使われていたり、即時予測があったり、そのあたりの言葉を整理して使い分けた方がいいように思いました。
【清水部会長】ありがとうございます。具体的にはどうするんでしょうか。
【市原専門委員】具体的には、例えば、予測はかなりできないとさっき議論になっていたのは、多分、短期的な予測のことを言われているんだと思うんですけれど、プレート境界地震のところでは、当面は長期予測に包括するべきであるみたいなところは書かれていて、長期予測に役立てることを当面の目標とすべきであろうという、長期予測は何となく役に立つレベルでできるんじゃないかという期待感がベースにあるんだと思うんですが、だから、「予測」と書いたときに、もし書くんであれば、短期予測と長期予測を使い分けるとか、何か……。
【清水部会長】そうすると、例えば、それぞれ「予測」の前に「短期」とか「長期」とかというのを付けた方がいいということでしょうかね。どうでしょうね。これ、結構なかなか難しいですよね。
【市原専門委員】難しいと思うんですけど、それを中途半端に使うと、予測といったときに、多分、一般の人は短期予測を期待して、それができなかったからといって、また誤解に基づく非難が起こる可能性があります。
【清水部会長】恐らく確かに一般の方は、読むと多分、「予測」と書いてあったら短期的なことを考える人が多いとは思いますので、例えば、長期の場合には長期というのが分かるように「長期予測」と書くということでしょうかね、そうすると。
加藤委員。
【加藤専門委員】たしか宮澤委員から事前に頂いたコメントでも、「予測」という言葉について何か説明があった方がいいというのはあったと思いますので、それも含めてちょっと考えたいと思います。文脈で明らかなところもあると思うんですけれども、もうちょっと限定した方がいいところは「短期」とか入れるところもあるかもしれないです。考えてみます。
【清水部会長】よろしくお願いいたします。
ほかには何か御意見ありますでしょうか。もし今すぐなければ、これも同じようにもう一回読んでいただいて、御意見があったらなるべく修文案を添える形で、ただ単にけしからんというだけじゃなくて、形で御意見を頂けると、それに基づいてまた次のレビュー委員会の方で検討ができると思いますので、よろしくお願いしたいというふうに思います。
よろしいでしょうか。まだ時間はあるんですが、どうしましょうかね。もしなければ、次に行ってよろしいでしょうかね。
それでは、どうもありがとうございました。それでは、加藤主査、大変だと思いますけれども、済みませんけれども、よろしくお願いいたします。
ということで、レビューについては一応、皆さんからきょう頂いた御意見、それから、これから頂く御意見を踏まえて、引き続いてレビュー委員会の方で検討していただきたいということにしたいと思います。よろしくお願いいたします。
それでは、次の議題ですが、次はその他でしょうかね。そうしたら、その他、事務局の方でお願いします。
【浦谷地震火山専門官】まず、資料6-1を御覧いただければと思います。本年4月の熊本地震に関しまして、余震活動・地殻構造調査、地殻変動調査、火山活動への影響調査、強震動発生特性調査、土砂災害及び地すべり発生機構調査、社会素因による被災支援、地域社会に係る影響調査などの観点による総合的な調査といたしまして、2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査ということで、科学研究費補助金(特別研究促進費)に関して交付を決定しております。
これに関しまして、全部で38名の方が参加されて、本部会の部会長であります九州大学の清水先生を研究代表者といたしまして、15の機関に参加していただいております。細かい内容につきましては、研究計画の概要というのがございますが、研究者分担等書いてございます。これにつきまして、何か清水部会長の方から補足等ございましたら、またよろしくお願いします。
【清水部会長】まず、これは皆さんにお礼を申し上げますが、今現在、皆さんの御協力で、現在も調査続行中でございます。一応これ、単年度、今年度の研究という形で進めておりまして、今月の21日だったかな、22日か忘れましたけれども、静岡で自然災害シンポジウムがあります。そこで一応中間発表という形で、私の方から中間発表をさせていただく形になっておりまして、なおかつ中間報告という形で今、印刷もしているところでございます。
本格的な成果というのはまだこれからなので、特に観測関係は、今現在、データを現地収録のものを収集して、回収して、マージをしている、全部合わせているところですから、本格的な解析はこれからで、恐らく秋の地震学会以降、そういったものが出てきて、これはまたどこかの場で皆さんに御報告することになると思うんですが、今、そういう状況です。
具体的には、今、これは地震のいわゆる理学的なグループだけじゃなくて、工学、それから人文・社会学、それからあと、医学、医療も入っているという形でのグループになっていまして、必ずしもこの研究グループというか、建議の予知のコミュニティーには入っていない方たちも多数参加しておりますが、この建議というか、この予知計画に関係する部分では、例えば、現時点では、地表の断層ですね。地表地震断層について非常に詳しく分かって、今それがまとめられつつありますのと、あとは特に強震動関係で、震源の破壊過程についてかなり詳細に分かってきております。さらに今後、今、データ回収が進んでいますが、余震の微小地震、あるいは余震の解析が進むと、より震源断層の詳細、特徴、あるいは余震活動、地震活動全体の特徴というのが分かってくると思いますので、それについては今後また予知計画の成果の方に反映させるようにできればというふうに考えているところです。一応、そういうことで進めておりますので、よろしくお願いします。
ということですが、あと、事務局の方からあれば、お願いします。
【浦谷地震火山専門官】はい、資料6-1については特にございません。
【山岡臨時委員】今のに関連して。特別研究促進費に関係して、私の方からもちょっとお礼を申し上げたいので、ちょっと不規則ですけどいいですか。2014年の御嶽山の噴火に関しては、特別研究促進費を交付していただいて、多くの方々に御協力を、参加していただきました。それをEPS、「Earth,PlanetsandSpace」という欧文誌で特集を組みまして、そこと、それからあとは個別に幾つかのジャーナルに出していただいたものを入れると、論文としては20編の論文が――それに関係してないのもありますけど、御嶽の噴火の関係では20編の論文が一応公表されたということで、私としては一応後世に残せたかなという。これも科研費を交付していただいたということが非常に大きな推進力になっていると思いますので、大変有り難く、お礼を申し上げたいと思います。今、一生懸命プリフェースを書いているので、もうしばらくするとプリフェースが出て、最終的に終わりということになりますので、もうしばらくお待ちください。
【清水部会長】そうですね。私の方もそうでしたね。今、熊本地震についてもEPSの方で、まだ全部ではないですけど、一部の研究者の方からも報告が上がっている状況でございます。
ということで、もういいですか、山岡委員。
【山岡臨時委員】いいです。
【清水部会長】ということで、事務局、よろしいでしょうか。

[議事5.その他]

【清水部会長】あと、その他でもし何かほかにあれば、お願いします。
【浦谷地震火山専門官】続きまして、資料6-2を御覧いただければと思います。次世代火山研究・人材育成総合プロジェクトについてでございます。
昨年7月の第22回の地震火山部会で、本プロジェクトの創設を進めていることについて説明させていただきました。簡単に経緯を振り返らせていただきますと、一昨年の御嶽山の噴火を踏まえまして、第7期の方の地震火山部会で取りまとめをしていただきましたけれども、それが資料の3ページでございます。これは概要ですけれども、大きく、観測体制の強化・充実と、人材育成、防災・減災への貢献等ということでまとめております。
観測体制の強化・充実等のところですが、1つ目に、御嶽山における継続的な観測研究体制の充実ということで、これまでの地震観測・地殻変動観測を実施して、研究をさらに加速していくほか、遠隔からの観測も含めた火山ガスや火山灰等の分析等の地球化学・地質学的な調査・観測の強化・充実、また、マグマだまりや熱水だまりの位置を規定する火山体の構造に関しまして、地震学的・電磁気学的手法による探査のほか、宇宙線(ミューオン)を利用した火口直下の浅部構造の把握調査が挙げられております。
2つ目として、水蒸気噴火前の先行現象に関する研究の強化ということで、火山災害の防災・減災に資するため、短期的な火山噴火予測のための精度の向上、また、中長期的な噴火の可能性の評価手法の開発、また、観測点設置上の課題として、冬期間や火口近傍といった過酷環境下での安定的・継続的に観測する技術革新が挙げられております。
3つ目としましては、研究的価値の大きい観測データの蓄積を一層図るために重点火山を16火山から25火山に、また、4つ目といたしまして、全国の研究機関の研究者が共同して、集中的な機動的観測研究体制の構築の検討、また、5つ目として、火山観測データの一元的な流通と共同研究の推進が挙げられております。このうち、4つ目の集中的な機動的観測研究体制の構築につきましては、平成26年度の補正予算で観測機器の強化等に着手しております。
次に、人材育成、防災・減災への貢献等ですけれども、1つ目としまして、他分野との一層の連携や国際交流の促進、また、火山学コミュニティー全体での取組等による若手人材の育成・確保と。また、当面の取組といたしまして、地震研究者や計算科学、人文・社会科学分野との連携が記載されております。
また、2つ目といたしまして、研究と人材育成の相乗効果を目指した総合的なプロジェクトの構築を検討とございます。
3つ目として、火山研究者の地域防災への貢献、特に火山防災協議会への地元大学等の研究者等の積極的な参画を期待とございます。いわゆる顔の見える関係を構築するということでございます。
4つ目といたしまして、観測データの流通・公開を一層積極的に推進することで、国民の火山防災に対する理解が一層進むことが期待されるというふうに記載してございます。
5つ目としまして、火山噴火予測のような不確実性を含むような情報の活用の研究の促進ということで、社会科学との連携の一層の強化ということも記載しております。
これらに対応するために、今回プロジェクトを立ち上げて、公募を実施いたしました。
公募の概要につきましては1ページ目にございます。本プロジェクトにつきましては、6月22日に公募を開始いたしまして、先月、審査会を行って、本日、事業選定結果についてのプレスリリースをする予定でございます。
プロジェクトの概要ですが、詳細はちょっと省かせていただきますが、大きく次世代火山研究推進事業というのと、火山研究人材育成コンソーシアム構築事業という2つを両輪として進めていこうということでございまして、平成28年から平成37年度までの10年間で進めていくことにしております。プロジェクトリーダーと、2名のプロジェクトアドバイザーを設置いたしまして、事業を実施していこうというふうに考えております。下の方にアウトプットがございますが、この3つをアウトプットとして進めていこうというふうに思っております。
2ページ目は、本プロジェクトについて、平成29年度の概算要求の資料になります。
簡単ですが、事務局からは以上です。
【清水部会長】どうもありがとうございました。
これは済みません、まだプレスリリースはしていないんですか。
【浦谷地震火山専門官】本日14時にプレスリリースを行っております。
【清水部会長】ということは、もう一応、発表されたということですね。
【浦谷地震火山専門官】はい。
【清水部会長】分かりました。一応、そういうことですけれども、これはどこまで聞いていいのか言っていいのかよく分からないんですけれども、済みません、これはまだ今御説明いただいた程度の発表なんですね。
【浦谷地震火山専門官】事業選定結果については、公表しております。
【清水部会長】具体的に――2つの柱がありますよね。次世代火山研究推進事業とコンソーシアムと2つありますけれども、例えば、それぞれがどんな人たちが中心になってやるなんていうことは、まだ言ってはいけないんですね。
【浦谷地震火山専門官】いや、もう本日のプレスリリースで言われております。
【清水部会長】もしそうであれば、例えば、コンソーシアムの方については、私が伝え聞いているところでは、東北大学が事務局になってやるということですので、もし西村委員の方から何か補足があれば、コンソーシアムについて。
【西村専門委員】大きなカンオキで、いろいろな大学と、それから研究開発法人、国の機関でコンソーシアムを組んで、一体として人材を育成しようという計画ですので、こちらにいらっしゃる委員の方、非常にいろいろなところで御協力いただければと思っております。よろしくお願いいたします。
【清水部会長】どうもありがとうございます。
一応、修士課程を主たるターゲットにして、いろいろ教育プログラムを考えられるんですよね。
【西村専門委員】はい、そうです。
【清水部会長】ただ、その分野が、ここにも書いてあるんですけれども、いわゆる従来の狭い火山の分野にとどまらず、多分、周辺分野の方にも、例えば講師として参加いただきたいというふうに考えていると思いますので、今日ここにおいでの皆さんにも、またそのうちお願いということになるかもしれませんので、是非御協力をお願いしたいということでよろしいんですよね。
ということで、あと、もう一つの次世代火山研究推進事業の方についても、多分、課題が設定されて、今、これからの計画書を作っている段階だと思いますので、この中におられる方も関係されている方がおられると思いますので、どこまで言っていいか分からないので、私、まだ言いませんけど、推進についてはまた皆さんの御協力をお願いしたいというふうに思います。
あともう一つ、ちょっとこの場で少し、これはむしろ事務局の方に検討というか、文科省の方に検討をお願いしたいんですが、このプロジェクトって、データの流通とか一元化流通というのがかなり大きな柱というか、目玉になっていて、今回のレビューのところにも書いてありましたが、やっぱり火山のデータの流通というものを今後促進する必要があるわけですが、いろいろ障害もあるんですよね。このプロジェクトでその辺のところが進めばいいなというふうに私も思っておりますが、そういう流通の在り方みたいなものを検討する場というのは、例えば、この地震火山部会のところでやるという考えと、このプロジェクトの中でやるという考えもあるんですけれども、この辺はいかがでしょうか。これ、課長に伺った方がよろしいかもしれないんですけど。
【谷地震・防災研究課長】これまで火山のデータの流通、公開、一元化というのは、特に清水先生に非常に御尽力を頂いて、大きな方向性は示していただいたというふうに思っています。それを基盤に、このプロジェクトの中で具体化をしたいというふうに思っています。このプロジェクトをドライブする中で、データの一元化というのも課題のAとして、防災科研が中心機関となってやっていただくことになりますけれども、そこにお座敷というか、検討する場を設けて、具体的な細かい、どういうデータをどういう形で流通させて一元化させていくかという議論をする場を設けて具体化していく、実現していくというふうにしたいというふうに考えております。
【清水部会長】ありがとうございます。ちょっと私の方で懸念しているのは、このプロジェクトのグループで、もちろんかなり技術的なこととか、問題となるところというのは議論できるとは思うんですけれども、やっぱりこれ、広く、このデータの流通、一元化って全て、例えば、気象庁も入ったり、全ての省庁、あとは一般の研究者のユーザーも入っているわけなので、何かもう少し広い場で議論をする場というのは考えられないのかというのはちょっと思いますので、少しその辺も含めて今後検討をしていただければというように思います。テクニカルな問題は恐らくプロジェクトで、当事者でできると思うんですけれども。引き続いてちょっと御検討の方をよろしくお願いしたいと思います。
ということで、ほかに何か御意見あったら、御質問あったらお願いしたいんですけれども、この件に関して。よろしいでしょうか。
もしなければ、一応今日の議題は、大分早いですけれども、1時間ぐらい早いと思うんですけれども、用意された議題は大体これで終わったと思うんですが、よろしいですかね。
もしなければ、事務局から今後の予定について。
【浦谷地震火山専門官】次回の部会につきましては、改めて日程調整をさせていただきまして、御連絡させていただきます。
なお、本日の資料につきましては、お手元の封筒に入れて、机上に残していただければ、事務局から後ほど郵送させていただきます。
また、諸手当の請求に関して確認いただく紙を机上に置かせていただいております。御確認の上、机上に残しておいてください。
以上です。
【清水部会長】それでは、どうも長い時間、ありがとうございました。じゃ、これで第25回の地震火山部会を終了いたします。どうもありがとうございました。


お問合せ先

研究開発局地震・防災研究課

(研究開発局地震・防災研究課)

-- 登録:平成30年04月 --