ここからサイトの主なメニューです

はじめに

 本部会は、総合科学技術会議「地球観測の推進戦略」(平成16年12月27日付け意見。以下「推進戦略」という。)を受けて平成17年2月に文部科学省科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会に設置され、地球観測の推進に関する重要事項について調査審議している。平成17年度には、「推進戦略」を踏まえて、主に各府省及び独立行政法人が実施する地球観測に関する事業について、平成18年度概算要求の状況に基づいて「我が国における地球観測の実施方針」(以下「実施方針」という。)を作成した。
 また、平成18年度には、地球観測に関する専門的な見地から我が国における地球観測の課題等を整理した「我が国における地球観測の在り方」(以下「在り方」という。)を取りまとめるとともに、これを踏まえて平成19年度の「実施方針」を作成した。なお、利用ニーズ主導の統合された地球観測システムの構築を目指して戦略的重点化を図り、我が国が有する地球観測に係る資源を有効に活用する方針を具体化する観点から、地球観測等事業において分野間又は府省・機関間の連携を促進する施策について重点的に調査審議した。
 平成20年度の「在り方」では、「推進戦略」及び「全球地球観測システム(Global Earth Observation System of Systems:GEOSS)10年実施計画」(以下「10年実施計画」という。)を踏まえて、第1部において「推進戦略」で示された基本戦略に基づく地球観測等事業の在り方を提言するとともに、第2部において地球観測に関する専門的な見地から我が国における地球観測の課題等を整理している。
 第1部では、平成19年度の実施方針を踏まえて、「利用ニーズ主導の統合された地球観測システムの構築」という基本戦略に沿って、分野間及び府省・機関間の連携を促進する取組の在り方を提言している。また、平成19年11月に地球観測に関する政府間会合(Group on Earth Observations:GEO)第4回地球観測サミットの開催が予定されているといった国際的な動向を踏まえて、「推進戦略」で示された「国際的な地球観測システムの統合化における我が国の独自性の確保とリーダーシップの発揮」、「アジア・オセアニア地域との連携の強化による地球観測体制の確立」という基本戦略に沿って、GEO及び地球観測に関連する国際機関・計画に対する我が国の貢献と国際協力の在り方を提言している。
 第2部では、喫緊のニーズに対応した重点的取組、基盤的研究開発の推進及び個別の分野における地球観測の推進について、地球観測の現状と今後の課題を整理している。
 本部会では、この「在り方」に基づき、平成20年度の「実施方針」を作成することとしている。「在り方」の提言が、各府省・機関において、平成20年度概算要求などに適切に反映されることを期待する。

次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ