ここからサイトの主なメニューです

(別紙)

 上記「3.次期科学技術基本計画において考慮されるべき重要科学技術課題」について,具体的に考えられる事例を以下に述べる。

地球観測:
 
生態系,水,大気,土地利用などの地上観測
人工衛星による観測
海洋調査船やブイ等による海洋観測
南極観測
海底下掘削観測
地震・津波観測 等
   
変動予測と影響予測研究:
 
世界最高速クラスのスーパーコンピュータの開発・維持・利活用・発展
地球温暖化等の気候変動,水循環等の変動・影響予測研究 等
   
対策技術研究:
 
エネルギーシステムの見直し
廃棄物再資源化,バイオマスの複合処理・資源化
燃料電池
核熱利用システム技術開発
環境保全に貢献する航空機技術
   
持続型社会構築研究等の政策研究:
 
持続可能な社会へのシナリオ開発
持続可能な未来社会の実現と個人の生き方,社会活動の在り方の提示
共生型ライフスタイル・アジア的ライフスタイル構築のための社会制度研究
   
地球温暖化研究:
 
地球温暖化にかかる全球的総合観測の推進
過去の変化解明を含む気候変化プロセス研究の高度化
地球温暖化予測モデルの高度化
温暖化による生態系・人間社会への影響評価
生態系等への吸収を含む温室効果ガス抑制技術の開発
観測結果集約,予測に必要なデータセットなど総合的データベースの開発・運用
自然エネルギー(再生可能エネルギー)利用技術の研究開発
   
地球規模水循環変動研究:
 
アジアモンスーン地域を中心とした広域水循環観測の推進
河川・地下水・広域水循環予測技術の高度化
流域ごとの水資源管理システムの開発
水循環変動基礎資料総合的データベースの開発とネットワーク運用
   
生物多様性・生態系研究:
 
生態系機能・生物多様性に関する全球観測進
生態系メカニズムおよびそのサービス機能の解明
環境変動・有害化学物質による生態系影響の評価
生態機能を利用した環境再生基盤技術の開発
希少絶滅種の維持に関する研究
環境資源保存やエコゲノム研究など多様性保全のための基盤的研究の推進
   
自然共生型流域圏・都市再生技術研究:
 
都市・流域圏環境における大気・水質その他状況把握と変化観測研究
流域圏環境と共生する都市形成に関する総合的分析と政策提案
都市・流域圏における生態系影響評価手法の開発
   
非持続型の消費・製造形態からの離脱による循環型社会システム設計:
 
循環・再生・共生の世界モデルの構築にむけたビジョンの提言
劣化しない地球と有限性を前提とした経済学の創生と経済社会システムの設計
物質・エネルギー収支と環境負荷の定量的解析手法の開発
エミッション低減,物質循環,適正な処理を推進する要素技術の開発
   
人の健康や生態系に対する化学物質リスク総合評価・管理技術研究:
 
有害化学物質による陸域・沿岸・海洋汚染の総合観測と実態把握
微量化学物質などハザード要因の高感度・高速・簡易計測技術の開発
生態系における有害化学物質の総合的挙動解析
有害化学物質の環境生態・人体影響評価,特にハイリスクライフステージへの影響
物質変換時の有害化学物質排出削減技術開発(グリーンケミストリー)
持続可能社会における化学物質総合リスク管理技術とシステムの開発
化学物質に係る予防原則の有効性検証と経済社会影響の分析
   
自然・人為災害による人命及び財産の損失軽減:
 
火山噴火,地震,津波など自然災害についての予測とその周知及び対応手法についての研究
台風,集中豪雨,洪水などの気象予測とその周知及び対応手法についての研究
事故災害から生じる大気,海洋,河川,地下水等汚染の拡散防止,回復技術の開発
自然・人為災害に対するリスクマネジメント研究
アジアを中心とした自然災害観測(モニタリング)予測・警報ネットワークの構築と運用
   
環境分野の知的研究基盤の充実:
 
上記研究の基盤となる地球規模でのモニタリングの促進
高性能環境計測機器開発と,モバイルなセンサーなどによる環境計測システムの開発
環境資料の整備と環境試料,環境標準物質の供給
地域自然環境調査の統一的推進
観測結果などの総合データ集約利用システムの構築

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ