ここからサイトの主なメニューです

防災科学技術委員会(第25回) 議事録

1.日時

平成27年12月15日(火曜日) 15時00分~17時00分

2.場所

文部科学省 3階 3F2特別会議室

3.議題

  1. 地域防災対策支援研究プロジェクトの中間評価について(非公開)
  2. その他

4.出席者

委員

田中主査、岡田委員、国崎委員、桑野委員、河本委員、鈴木委員、寶委員、武井委員、西村委員、福永委員、福和委員、松澤委員

文部科学省

谷地震・防災研究課長、出口地震・防災研究課長補佐、松室防災科学技術推進室長、田中防災科学技術推進室長補佐 他

5.議事録

【田中防災科学技術推進室長補佐】  それでは、始めさせていただきます。
このたびは、お忙しいところ御参集いただきましてありがとうございます。
本日でございますが、委員19名中12名、御出席いただいております。定足数を満たしております。
会議の開催前に、事務局からお知らせを申し上げます。本日、桑野委員に御出席いただいておりますので、一言、御挨拶いただければと思います。
【桑野委員】  東京大学生産技術研究所の桑野と申します。専門は地盤工学でして、インフラの維持管理ですとか、あるいは地盤防災等を主な研究対象としております。委員を拝命いたしましてから、今まで何度も委員会の御連絡を頂いておりましたけれども、今回初めての参加ということで、大変申し訳なく思っております。微力ながら、お力になれればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
【田中防災科学技術推進室長補佐】  よろしくお願いいたします。
それから、10月に事務局側に人事異動がございまして、文部科学省研究開発局地震・防災研究課長が森澤から谷に異動いたしましたので、御挨拶申し上げます。
【谷地震・防災研究科長】  谷でございます。10月の1日ですからもう3か月近くになりますので、御挨拶遅れまして大変申し訳ございません。先生方には非常にお世話になっておりましてありがとうございます。平素からの御協力に感謝を申し上げたいと思います。当委員会では、これからまた、今、プロジェクトの評価を中心にやっていただいておりますけれども、年度内もまたインテンシブに1月、2月とやっていただくということで大変な御負担をお掛けしますけれども、どうぞよろしくお願いいたします。事務局としてもしっかり努めていきたいと思いますので、届かないところ、あるいはもっとこうすればいいのではないかというようなお話も含めて、どんどん遠慮なくおっしゃっていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
< 資料確認 >
それから、本日の議題1でございますが、研究評価に関する案件のため非公開とさせていただきます。
それでは、以降の議事の進行は、田中淳主査にお願いいたします。
< これより非公開 >
< これより公開 >
田中主査】   それでは、その他というところで何か事務局の方からございますでしょうか。
【田中防災科学技術推進室長補佐】  それでは、その他としてというよりも今後の予定に関してでございますが、次回、26回の委員会でございますが、スケジュールのところで申しましたとおり、1月13日に実施をいたします。午後3時から、本日と同じですがこちらの3階の2特別会議室で開催をいたします。それから1月18日の月曜日、これは午後1時半からの予定ですが、評価チームによるヒアリング、それから2月の9日火曜日、これも午後1時半からを予定しておりますが、27回の委員会。それから2月の16日、一応予備日ということになっていますが、そちらも午後1時半からということで予定をしております。評価チームのヒアリング以降の会場につきましては、また追ってお知らせをいたします。
事務局からは以上でございます。
【田中主査】  もう一つ、今お手元に配らせていただきました図がございます。これは今回、上から3つ目、網掛けが掛かっている部分、地域防災対策支援研究というプロジェクト、これは29年が終了予定のものの中間評価をしていただいたというところでございます。これを少し見ていただいた理由は、1つ上にあります都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクトというのが28年度末をもって終わります。したがいまして私どものミッションとしては、この事後評価をやるということが1つございます。ちょっと主査としてお願いさせていただいたのは、このスケジュールを見ていただきながら、都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクト、これが終わってしまうのももったいない。今後例えばこういうことをやった方がいいのではないかというのが、せっかくこれだけの先生方にお集まりいただきますので、少し御発言を頂き、そして使えるか、使えないか、採用するか、採用しないか、どう組み合わせるかはまた事務局の御判断だと思いますが、是非お知恵をお借りできればと思っています。我々も出た球に対して事前評価、中間評価、事後評価というだけではなく、少しでも我々の持っている知見とかスタンスというものからよりよいプロジェクトを生み出し、そして達成を進めて支援をしていくというのが仕事のような気がいたしますので、ちょっとこれを議論させていただきたいと思っています。ちょっと突然ですので、これはまた次回少しお時間があるようでしたらお諮りをしたいと思っておりますので、きょうは頭出しということで、アイデアがあればということで御意見を頂ければなと思っております。
以上でございます。
それでは、全ての審議事項及び御連絡が終わったようでございますので、以上をもちまして閉会をいたします。皆様ありがとうございました。


―― 了 ――


お問合せ先

研究開発局地震・防災研究課防災科学技術推進室

(研究開発局地震・防災研究課防災科学技術推進室)

-- 登録:平成28年03月 --