ここからサイトの主なメニューです
資料1−1

小型超音速実験(無推力)に係る研究開発評価票

構成員名:


 小型超音速実験(無推力)に係る研究開発は、CFD空力設計技術の実用性の実証とシステム統合技術の獲得を目指した次世代超音速機技術の研究開発の一部として、小型超音速実験機(無推力)を開発し、飛行実験を実施しました。
*CFD:Computational Fluid Dynamics(計算流体力学)

小型超音速実験(無推力)に係る研究開発の目的:
  (1) CFD逆問題設計法による自然層流翼設計とその実証
(2) クランクドアロー翼、エリアルール胴体、ワープ翼の設計技術の獲得
(3) 無人機による飛行実験技術の蓄積

小型超音速実験(無推力)に係る研究開発の目標:
  (1)
a.   超音速三次元翼のCFD逆問題設計ツールを開発し、設計ツールの妥当性を検証する。
b. 空気抵抗(摩擦抵抗)を低減する自然層流翼設計法を開発し、効果を確認する。
(2)  空気抵抗(圧力抵抗)を低減するクランクドアロー翼、エリアルール胴体、ワープ翼の各設計法を実験機に適用し、効果を確認する。
(3)  無人超音速機に対して、ピギーバック方式によるロケット打上・分離システム、所定の試験飛行条件における空力データ取得方法、パラシュート・エアバック方式による回収システムを開発し、システムの妥当性を実証する。

 以下の評価にあたっては、科学技術的な面だけでなく、社会的・経済的な観点も考慮して記入してください。必ずしも全ての項目について記入いただく必要はありません。
  なお、記入にあたっては、可能な限り、評価者が前提とした観点及び条件等を具体的に記入してください。

1. 研究開発の成果
  (1) アウトプット
   小型超音速実験(無推力)に係る研究開発で得られた成果が、その目的及びそれに基づく目標に対し、どの程度達成できたのかについて評価してください。
 評価にあたっては、既存技術の利用及び新規技術の開発の方針等、開発の進め方も考慮してください。
(2) アウトカム(波及効果を含む)
   小型超音速実験(無推力)に係る研究開発で得られた成果が、次世代超音速機技術の研究開発に対し、現時点で、どの程度効果を持つものと期待されるかについて評価してください。
 評価にあたっては、次世代超音速機技術の研究開発に活かすことが可能となるように、データの蓄積等を行ったかも考慮してください。
 また、本研究開発で得られた成果の公表に努めたか、波及効果について現時点で注目しておくべきものがあるかも併せて評価してください。
(3) 成否の原因に対する分析
   小型超音速実験(無推力)に係る研究開発を通じて明らかになった技術的課題、生じた事故・不具合等に関し、成否の要因分析が実施され、飛行実験に係る研究開発の遂行に活かされたか、次世代超音速機技術の研究開発等への教訓として有効なものとなっているかについて評価してください。
 評価にあたっては、技術的な面及びマネージメント(リスク管理、スケジュール管理、資金管理等)の面の両面を考慮してください。

2. 研究開発スケジュール
   小型超音速実験(無推力)に係る研究開発が計画段階において予定されたスケジュールに基づき効率的に実施されたか、スケジュールの変更を行った場合は、研究開発成果の先進性を保つ観点等から適切な検討を行ったか、その他特段の問題点が認められるかについて評価してください。
 評価にあたっては、海外施設の利用による効率性も考慮してください。

3. 研究開発資金
   小型超音速実験(無推力)に係る研究開発が計画段階において予定された予算に基づき、効率的に実施されたか、予算の変更を行った場合は、費用対効果の観点等から適切な検討を行ったか、その他特段の問題点が認められるかについて評価してください。
 評価にあたっては、海外施設の利用による効率性も考慮してください。

4. 研究開発の推進体制
   小型超音速実験(無推力)に係る研究開発が効果的かつ効率的に進められるように考慮して推進体制が構築され、機能したかについて評価してください。
 評価にあたっては、大学及び企業等との人材交流及び共同研究等での連携、役割分担及び責任体制の明確さも考慮してください。

5. その他
   その他、航空科学技術全体から見た本研究開発の意義、目標設定の妥当性等についてコメントがありましたら記入してください。


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ