ここからサイトの主なメニューです

人材委員会(第23回) 議事要旨

1.日時

平成16年1月23日(金曜日)15時~17時

2.場所

文部科学省ビル10階第3・4会議室

3.議題

  1. 技術者の養成・確保について
  2. その他

4.出席者

委員

小林主査、大久保委員、小野委員、岸委員、郷委員、鳥井委員、中嶋委員、中津井委員、西野委員、山野井委員

文部科学省

有本科学技術・学術政策局長、丸山大臣官房審議官(研究振興局担当)、河村科学技術・学術政策局政策課長、川原田振興企画課長、大槻教育課程課長、西澤専門教育課創造教育振興室長、倉持基盤政策課長、川端計画官、平下国際交流官、舟橋企画官、今井総括上席研究官(科学技術政策研究所)、大橋工学院大学理事長

5.議事要旨

(1)技術者の養成・確保に関する検討の視点について

倉持基盤政策課長より資料2、資料3に基づいて説明。大橋工学院大学理事長より資料5に基づき説明の後、質疑。主なやりとりは以下の通り。

(以下、○は委員、△は事務局等の発言)

○ 日本技術者教育認定機構(以下、JABEE)の認定は学部教育のみが対象か。また、専門学校も技術者の供給拠点の一つであると思うが、こういったところに対してJABEEとして認定をすることはできるのか。

△ ほとんどの国では、技術者の基礎教育に対する認定は学部対象となっており、JABEEにおいても、現在は認定の対象を学部にしてある。なお、修士段階でも認定を受けられるシステムを研究中である。また、専門学校は特定の技能・技術を短期間に習得できるようにする場であり、大学は将来の変化に対応できる基礎力を養う場として、それぞれに仕分けがあるものと認識している。JABEEの認定においては、まさに後者のような将来の変化に対応していく力というものをプログラムの中で身につけているかがポイントとなっている。

○ アメリカの場合には、技術者についてはPE(Professional Engineer)という使い方をしており、PhDというのはアカデミックな場面での用語である。博士課程に重点を置いて議論すると、技術者の養成・確保という意味においては、日本だけ突出した、あるいは世界と全く違った考え方をしていることになる。

○ 技術者について議論する上では、「技術者」という言葉でどこまでをカバーするのか、ある程度整理しておく必要がある。

○ 専門学校と大学とがボーダーレス化しつつあるような中で、十分大学と同じような教育を行っていると主張する専門学校が出てきた場合、JABEEとして認定することは考えられるか。

△ 我々としては、国際的通用性の観点から、技術者ないしエンジニアというものを、大学で修得した学士レベルの知識をもとに新しい技術を創造できるような教育を受けた人という形で限定したいと考えている。そういった意味では専門学校はその条件を満たさないと認識している。

○ 技術者と言った場合、社会の中には自然科学系の技術だけではなく、経済学とか、不動産鑑定、あるいは会計士に求められるような技術など、いろいろな技術があるわけで、この委員会ではそういった自然科学系以外のものも含めて、社会の発展のために議論しているのか。それとも、自然科学系に限定しているのか。

○ これまでの検討においては、科学技術・学術、すなわち自然科学のみならず人文・社会科学も含めて審議を行ってきているので、基本的には技術者についての議論になった途端に自然科学に限定することはない。ただ、この点については先ほど申し上げた通り、「技術者」という言葉の使い方の問題を整理する必要がある。我々の委員会として、どこまでの分野をカバーするのか、どこかに集中するのか。集中するとすればどういう優先順位でどこに集中して議論するか、これは皆さんと御相談しながら決めていきたい。

○ 2点補足したい。大橋理事長の説明では、エンジニアというものを広くとらえているが、その中にもProfessional Engineerといっている部分があり、日本では技術者という言葉と、技術士という資格を分けている。技術士について言えば、専門学校の卒業生に対しても、第一次試験は必須となるが門戸は開かれている点は理解して欲しい。
 また、WTOのGATSという職業は、技術者に限らず、医師、建築士、会計士、弁護士など多様な職種が含まれるが、今後、この委員会においてどれだけの分野をカバーするかは別として、本日は、WTOのGATSで言うところの技術者というカテゴリーについて議論しているものと認識している。

○ JABEEの認定対象はプログラムであるが、医師や公認会計士、弁護士などは全部個人の資格として認定されている。技術者についても、個人の資格として整理する方がすっきりするのではないか。
 研究者と技術者は、クリエイティビティ(創造性)で分けられるものではなく、知の活用においても、世界にない新しい組み合わせを考え出すということもありうる。研究者と技術者は技術系である以上、専門性は共通に求められるが、技術者に決定的に必要なことは、技術を生かすために社会あるいは市場を常に意識することである。
 さらに、発明・発見されて創造された知を社会の中で価値あるものにしていくには、一つの技術や一つの考え方だけでは無理である。優れた技術者は、結局一人だけで全部できるわけではないので、インテグレーション(統合、融合)の能力を持つ必要がある。資料にある調査結果の中で、自分の専門の周辺分野について知識を広げていきたいという回答をしている技術者は、まさにこの点を経験上理解し、自らに対する反省の意も込めてこういうことを言っているのではないかと思う。技術者の養成においては、このような資質や能力を学生に身につけさせることを意識した教育を行っていただきたい。

△ 科学技術者、研究者、技術者など色々な言葉が出てくるが、一人の人間をその一つに分類することはできない。

○ 資料5の国際的なエンジニアの定義として、「・・・人工物・人工システムの開発、・・・」とある。一人の人間がいくつかのカテゴリーに属しうるというのは当然としても、ここでいう「開発」はdevelopmentであり、researchは含まれないと考えていいのか。

△ 基本的にはそのように考えるが、何か足りない知識が出てきたときに、それに自分自身で取り組めるような力も技術者としては必要であり、そういった意味において、開発の中には研究といった内容も入ってくるのではないか。

○ サイエンティストとエンジニアの他に、テクニシャンという言葉があり、これを技術者と訳しているところもあるような気がするので、この点は議論をするにあたって注意していかなければならない。
 また、技術者の養成・確保を議論する上で、そもそも今の技術者のレベルが落ちているのか。それを考える上で、技術士やJABEEについて定量的な評価をしなければならないが、今回、技術者を取り上げた問題意識が不明確であり、漫然と養成という形になってはいないか。さらに、サイエンティストとエンジニアの線引きはできないという意見は理解できるが、今後議論するに当たっては、もう少し明確に分けたほうがいい。

○ JABEEは個人を評価するのではなく、機関のプログラムを評価するとのことであるが、そこでいうプログラムとは、研究機関が行っている教育のカリキュラムあるいは研究計画なのか、具体的には何を指すのか。

△ 国際的にプログラムという言葉を使っているが、日本語で言えば教育課程のことである。プログラム評価は機関評価とは別個の概念である。

○ 町で開業している医師が、最先端の治療や薬を知っている場合もある。彼らがどうやって最先端の情報に接して身につけているのか、調べて教えて欲しい。

△ 個人的には技術者と医者というものを並べて考えている。すなわち、医者は医業に従事する者であって、健康の専門家であるけれども、自分が知っている知識だけを応用してやるのでは進歩がない。新しい知識を積極的に求める必要があるし、自分の知らない知識に挑戦するような医者こそが、まさしくわれわれが求めている医者である。技術者も同様の気持ちでやらなければならない。そういった意味で、必要に応じて研究の分野に入っていくぐらいの能力は期待されていいと考えている。

○ 医学は人間を対象にしているが、ゲノムの時代といわれる中で、人間以外の全ての生物のいろいろな情報をもとに、今後は生物系のエンジニアリングというものが重要になってくる。今いる技術者の中身をどうするかという問題とは別に、こうした新しい分野における技術者をどうやって養成していくかは非常に大きな問題である。

○ 企業としては、いろいろな尺度で国際的通用性を図る資格のようなものがあれば、人を採用する上での一つの目安になる。資格を付与することは個人のモチベーションにもなってくるので、技術者全体としてのレベルを引き上げることにもつながっていけばよい。

(2)その他

事務局より、次回日程について説明の後、閉会。

(以上)

お問合せ先

科学技術・学術政策局基盤政策課

(科学技術・学術政策局基盤政策課)

-- 登録:平成21年以前 --