ここからサイトの主なメニューです

国立科学博物館部会(第12回) 議事録

1.日時

平成15年7月31日(木曜日) 10時~13時

2.場所

霞山会館 「さくら」

3.出席者

委員

山本委員、樫谷委員、近藤委員、清水委員、那須委員、原委員、堀委員、松野委員

文部科学省

折原社会教育課長、真先地域学習活動推進室長その他関係官

オブザーバー

(法人)
 河上理事、船戸経営管理部長、木内展示・情報部長、前田学習推進部長   その他関係官

4.議事録

(○:委員、●事務局)

(1)国立科学博物館に係る財産処分について

 独立行政法人国立科学博物館船戸経営管理部長より、資料2に沿って、財産処分について説明があり、委員から特段の意見はなかった。

(2)評価フォーマット(項目別評価)の審議について

 各委員から提出されたコメント及び項目別の評価フォーマットについて、独立行政法人国立科学博物館及び事務局より、資料3、参考2、参考3、参考4に沿って説明がなされた後、項目毎に委員からの質問、意見を受け、評価を確定させることとした。
 また、評価委員会と監事及び会計監査人との意見交換について、日程を調整の上、後日開催することが了承された。

<入館者数の状況>

○ 博物館の入場者数は、全国的に減少傾向にあると記載されているが、文部科学省の社会教育調査では、科学博物館に限った入館者数については、年々増加している。

<研究成果の公表、普及の取組状況>

○ 研究者一人当たりの研究論文数が2.7点と低い数字になっている理由が、新館2期の展示準備が忙しいためでは、よく分からない。科博の研究者の多くは、全国的な学会や研究団体の事務局をしている。次年度からは、そうした活動についても、評価に含めて欲しい。

○ 科博の研究レベルは、大学レベルの水準を常に維持されている。大学評価で研究についても評価しているので、その基準が参考になると思う。

(3)評価フォーマット(全体評価)等の審議について

 事務局より、資料4、資料5、資料6、参考1の説明がなされた後、項目毎に委員からの質問、意見を受け、評価を確定させることとした。

<教育普及活動>

○ 「お年寄り」という表現は、「高齢者」とした方がよいのではないか。

● そのように変更する。

<業務運営>

○ 平成15年4月1日から組織改編を行っているので、組織の見直しを行い、組織の改善を行った等の記述を入れるべきである。

○ 職員の勤務状況に応じて昇給との記載があるが、勤務成績を評価する方法や判断基準を教えていただきたい。

● 国家公務員同様に勤務評定を毎年実施しており、その評定に基づき、賞与や昇給に反映させている。

○ 給与額も違ってくるのか。

● 特別昇給というものがあり、毎年職員の15%を目安に特別昇給の対象にしている。勤勉手当についても、2割程度特別に加算している。

○ 給料が減額される場合もあるのか。

● あり得るが、これまでの実績としてはない。

<総評>

○ 例示としてあげられた指標には事業経費の節減が入っていないが、入れる必要はないと考えているのか。

● とりわけ特徴のあるものを抜き出して記載しており、今年度はこれらが特徴的だと考えて記載している。来年はまた別の指標を記載することも考えられる。

○ 指標が年によって変わるということであるが、基本となる指標を決めておき、中身を充実させるとか別の観点で評価するなどによりできるだけ同じ指標を使っていただきたい。

● 毎年良いところだけ取り上げていると信頼性に関わる問題なので、評価委員会に指標となる資料や数値を数多く提出して、その中でどの指標を適用するのかを判断いただければと考えている。

○ 「限られた予算」という記載があるが、多額の予算が措置されているのは事実であり、「限られた」という表現は適当ではないのではないか。

● 表現を工夫することとしたい。

○ 総務省の財務評価では、総入館者数や収入の指摘があったが、その指摘にこたえる記載が必要ではないか。

● 指摘に対する問題意識は持っており、記載を工夫する。

<セグメント別収益の明細について>

○ 展示事業の収益が約4億円で入館者数が約80万人なので、入館者一人当たりで約500円の収入があるということになる。また、入館料収入は1億5,200万円なので、一人当たりの入館料負担は200円弱となる。財務省の執行調査では、運営費交付金を入館者数で割って評価しているが、展示事業については、入館者一人当たりの経費は約500円で、その内、運営費交付金負担分は約300円といった数字が出せるので、参考にしていただきたい。

 最後に、資料3、資料4、資料5、資料6、及び平成14年度財務諸表等について、委員の承認を得た後、散会となった。

-以上-

お問合せ先

生涯学習政策局社会教育課

-- 登録:平成21年以前 --