ここからサイトの主なメニューです

義務教育公立学校における無償の範囲

  授業料 教科書 通学費 その他(給食費,旅行費等)
日本
徴収しない。
無償。毎年新しい教科書を受け取る。
有償。(ただし,僻地や,低所得家族等の子女には,一部公的助成が行われる場合もある。)
学校給食費は保護者負担(ただし,低所得家庭等の子女は減額又は無償。)
修学旅行は通常実費(ただし,低所得家庭等の子女には,一部公的助成が行われる場合もある)。見学旅行等には無償のものもある。
アメリカ
徴収しない。
一般に無償貸与。
無償。
給食費は保護者負担(ただし,低所得家庭等の子女は減額又は無償。)
カリキュラムの指導に関わる範囲での見学旅行等は無償。
イギリス
徴収しない。
無償貸与。
無償。(徒歩圏外からの通学生対象。通学圏外の学校を選んだ場合は無償は保障されない。)
給食費は保護者負担(ただし,低所得家庭等の子女は無償。)
カリキュラムの指導に関わる範囲での見学旅行等は無償。
フランス
徴収しない。
無償貸与。
有償又は無償。(県により異なる。約3分の1の県では無償。)
給食費は保護者負担(ただし,低所得家庭等の子女に対する支援措置がある。)
学校旅行等自由参加活動の費用は保護者。
ドイツ
徴収しない。
一般に無償貸与。
無償。(通常,一定以上の距離から通学する児童生徒に交通費が払い戻される。)
伝統的に半日制で,児童生徒は持参の軽食をとる。
韓国
徴収しない。
無償。毎年新しい教科書を受け取る。
無償。
給食費は保護者負担(ただし,低所得家庭等の子女は無償。)
修学旅行等自由参加活動の費用は保護者。


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ