ここからサイトの主なメニューです

資料2 第6期スポーツ・青少年分科会における部会及び委員会(改定案)

(※下線部が改定点)

平成23年5月20日
中央教育審議会スポーツ・青少年分科会決定
 (平成 年 月 日一部改定)

1 設置

  中央教育審議会令(平成12年政令第280号)第6条第1項、中央教育審議会運営規則(平成23年2月15日中央教育審議会決定)第4条第1項及びスポーツ・青少年分科会運営規則(平成23年5月20日中央教育審議会スポーツ・青少年分科会決定)第2条第1項の規定に基づき、中央教育審議会スポーツ・青少年分科会に下記の部会及び委員会を設置する。

  各部会及び委員会は、所掌事務に関する所要の調査審議が終了したときに廃止するものとする。

  各部会長又は委員長は、当該部会又は委員会における調査審議の経過及び結果を分科会に報告するものとする。

  青少年の体験活動の推進の在り方に関する部会

    (所掌事務)

  新しい時代に求められる青少年教育の在り方に関し、青少年の体験活動の推進のための方策を中心に専門的な調査審議を行う。  

  スポーツの推進に関する特別委員会

    (所掌事務)

 スポーツ立国の実現に向けた基本的な政策に関し、スポーツ基本計画の在り方を中心に専門的な調査審議を行う。

  学校安全部会

    (所掌事務)

 今後の学校安全の基本的な政策に関し、学校安全の推進に関する計画の在り方を中心に専門的な調査審議を行う。

2 その他

 次に掲げる決定は、廃止する。

(1)スポーツ振興投票特別委員会の設置について(平成13年5月30日中央教育審議会スポーツ・青少年分科会決定)

(2)スポーツ振興に関する特別委員会の設置について(平成19年3月29日中央教育審議会スポーツ・青少年分科会決定

(3)青少年教育特別委員会の設置について(平成20年5月7日中央教育審議会スポーツ・青少年分科会決定)   

(別添1)

第6期中央教育審議会スポーツ・青少年分科会 青少年の体験活動の推進の在り方に関する部会委員名簿

(別添2)

第6期中央教育審議会スポーツ・青少年分科会 スポーツの推進に関する特別委員会委員名簿

(参考)

○中央教育審議会令(平成12年政令第280号)

 (部会)

第六条 審議会及び分科会は、その定めるところにより、部会を置くことができる。

2 部会に属すべき委員、臨時委員及び専門委員は、会長(分科会に置かれる部会にあっては、分科会長)が指名する。

3 部会に、部会長を置き、当該部会に属する委員の互選により選任する。

4 部会長は、当該部会の事務を掌理する。

5 部会長に事故があるときは、当該部会に属する委員のうちから部会長があらかじめ指名する者が、その職務を代理する。

6 審議会(分科会に置かれる部会にあっては、分科会。以下この項において同じ。)は、その定めるところにより、部会の議決をもって審議会の議決とすることができる。

○中央教育審議会運営規則(平成23年2月15日中央教育審議会決定)

 (部会)

第四条 部会の名称及び所掌事務は、会長(分科会に置かれる部会にあっては、分科会長。以下この条において同じ。)が審議会(分科会に置かれる部会にあっては、分科会。以下この条において同じ。)に諮って定める。

2 部会の会議は、必要に応じ、部会長が招集する。

3 令第六条第六項の規定に基づき、審議会があらかじめ定める事項については、部会の議決をもって審議会の議決とする。

4 前項に規定する事項について部会が議決したときは、部会長は、速やかに、会長にその議決の内容を報告しなければならない。

5 前各項に定めるもののほか、部会の議事の手続その他部会の運営に関し必要な事項は、部会長が部会に諮って定める。

○スポーツ・青少年分科会運営規則(平成23年5月20日中央教育審議会スポーツ・青少年分科会決定)

 (委員会)

第二条 分科会は、特定の事項を調査審議するため、その定めるところにより、委員会を置くことができる。

2 委員会に属すべき委員、臨時委員及び専門委員は、分科会長が指名する。

3 委員会に、委員長を置き、当該委員会に属する委員、臨時委員及び専門委員の互選により選任する。

4 委員長は、当該委員会の事務を掌理する。

5 委員会の会議は、必要に応じ、委員長が招集する。

6 委員長に事故があるときは、当該委員会に属する委員、臨時委員及び専門委員のうちから委員長があらかじめ指名する者が、その職務を代理する。

7 委員会は、当該委員会に属する委員、臨時委員及び専門委員の過半数が出席しなければ、会議を開き、議決することができない。

8 委員会の議事は、当該委員会に属する委員、臨時委員及び専門委員で会議に出席したものの過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

9 前各項に定めるもののほか、委員会の議事の手続その他委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が当該委員会に諮って定める。

お問合せ先

スポーツ・青少年局スポーツ・青少年企画課

(スポーツ・青少年局スポーツ・青少年企画課)

-- 登録:平成23年11月 --