戻る


学位規則

第1章   総則

   (趣旨)
第1条   学校教育法(昭和22年法律第26号。以下「法」という。)第68条の2第1項から第3項までの規定により大学(短期大学を除く。以下同じ。)又は大学評価・学位授与機構が授与する学位については、この省令の定めるところによる。


第2章   大学が行う学位授与

   (学士の学位授与の要件)
第2条   法第68条の2第1項の規定による学士の学位の授与は、大学が、当該大学を卒業した者に対し行うものとする。

   (修士の学位授与の条件)
第3条   法第68条の2第1項の規定による修士の学位の授与は、大学院を置く大学が、当該大学院の修士課程を修了した者に対し行うものとする。
   前項の修士の学位の授与は、大学院設置基準(昭和49年文部省令第28号)第4条第3項の規定により前期2年および後期3年の課程の区分を設けない博士課程に入学し、大学院設置基準第16条に規定する修士課程の修了要件を満たした者に対しても行うことができる。

   (博士の学位授与の要件)
第4条   法第68条の2第1項の規定による博士の学位の授与は、大学院を置く大学が、当該大学院の博士課程を修了した者に対し行うものとする。
   法第68条の2第2項の規定による博士の学位の授与は、前項の大学が、当該大学の定めるところにより、大学院の行う博士論文の審査に合格し、かつ、大学院の博士課程を修了した者と同等以上の学力を有することを確認された者に対し行うことができる。

   (学位論文の審査の協力)
第5条   前2条の学位の授与に係る学位論文の審査に当たっては、他の大学院又は研究所等の教員等の協力を得ることができる。


第3章   学位授与機構が行う学位授与

   (学士、修士及び博士の学位授与の要件)
第6条   法第68条の2第3項の規定による同項第1号に掲げる者に対する学士の学位の授与は、大学評価・学位授与機構の定めるところにより、短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者又は次の各号の一に該当する者で、大学設置基準(昭和31年文部省令第28号)第31条の規定による単位等大学における一定の単位の修得又は短期大学若しくは高等専門学校に置かれる専攻科のうち大学評価・学位授与機構が定める要件を満たすものにおける一定の学修その他文部科学大臣が別に定める学修を行い、かつ、大学評価・学位授与機構が行う審査に合格した者に対し行うものとする。
      大学に2年以上在学し62単位以上を修得した者
      専修学校の専門課程を修了した者のうち法第82条の10の規定により大学に   編入学することができるもの
      外国において学校教育における14年の過程を修了した者
      その他前3号に掲げる者と同等以上の学力がある者として文部科学大臣が別に   定める者
   法第68条の2第3項の規定による同項第2号に掲げる者のに対する学士、修士又は博士の学位の授与は、大学評価・学位授与機構が定めるところにより、同号に規定する教育施設に置かれる課程で大学評価・学位授与機構がそれぞれ大学の学部、大学院の修士課程又は大学院の博士課程に相当する教育を行うと認めるものを修了し、かつ、大学評価・学位授与機構の行う審査に合格した者に対し行うものとする。

   (学位授与の審査への参画)
第7条   前条の学位の授与の審査に当たっては、大学の教員等で高度の学識を有する者の参画を得るものとする。


第4章   雑則

   (論文要旨等の公表)
第8条   大学及び大学評価・学位授与機構は、博士の学位を授与したときは、当該博士の学位を授与した日から三月以内に、当該博士の学位の授与にかかる論文の内容の要旨及び論文審査の結果の要旨を公表するものとする。
第9条   博士の学位を授与された者は、当該学位を授与された日から1年以内に、その論文を印刷公表するものとする。ただし、当該学位を授与される前に既に印刷公表したときは、この限りでない。
   前項の規定にかかわらず、博士の学位を授与された者は、やむを得ない事由がある場合には、当該博士の学位を授与した大学又は大学評価・学位授与機構の承認を受けて、当該論文の全文に代えてその内容を要約したものを印刷公表することができる。この場合、当該大学又は大学評価・学位授与機構は、その論文の全文を求めに応じて閲覧に供するものとする。

      (専攻分野の名称)
第10条   大学及び大学評価・学位授与機構は、学位を授与するに当たっては、適切な専攻分野の名称を付記するものとする。

      (学位の名称)
第11条   学位を授与された者は、学位の名称を用いるときは、当該学位を授与した大学又は大学評価・学位授与機構の名称を付記するものとする。

      (学位授与の報告)
第12条   大学又は大学評価・学位授与機構は、博士の学位を授与したときは、当該学位を授与した日から三月以内に、それぞれ別記様式第一又は別記様式第二による学位授与報告書を文部科学大臣に提出するものとする。

      (学位規定)
第13条   大学は、学位に関する事項を処理するため、論文審査の方法、試験及び学力の確認の方法等学位に関し必要な事項を定めて文部科学大臣に報告するものとする。
   大学評価・学位授与機構は、第6条に規定する学位の授与に係る要件及び審査の方法等学位に関し必要な事項を定めて文部科学大臣に報告するとともに、これを官報に公示するものとする。

 

ページの先頭へ