ここからサイトの主なメニューです

人間力戦略研究会報告書(抄)

若者に夢と目標を抱かせ、意欲を高める −信頼と連携の社会システム−

平成15年4月10日
人間力戦略研究会

2 人間力の定義

 人間力に関する確立された定義は必ずしもないが、本報告では、「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」と定義したい。

 具体的には、人間力をその構成要素に着目するならば、
1  「基礎学力(主に学校教育を通じて修得される基礎的な知的能力)」、「専門的な知識・ノウハウ」を持ち、自らそれを継続的に高めていく力。また、それらの上に応用力として構築される「論理的思考力」、「創造力」などの知的能力的要素
2  「コミュニケーションスキル」、「リーダーシップ」、「公共心」、「規範意識」や「他者を尊重し切磋琢磨しながらお互いを高め合う力」などの社会・対人関係力的要素
3  これらの要素を十分に発揮するための「意欲」、「忍耐力」や「自分らしい生き方や成功を追求する力」などの自己制御的要素
などがあげられ、これらを総合的にバランス良く高めることが、人間力を高めることと言えよう。

 また、人間力は、それを発揮する活動に着目すれば、
1  職業人としての活動に関わる「職業生活面」
2  社会参加する市民としての活動に関わる「市民生活面」
3  自らの知識・教養を高め、文化的活動に関わる「文化生活面」
に分類される。

 本研究会においては、経済の活性化の観点から、特に人間力の職業生活面を中心に検討を行うこととしたい。

 人間力は、学校、家庭、地域及び産業等のそれぞれの場を通じて段階的・相乗的に醸成されるものであり、人間力強化のためには、学校、家庭、地域及び産業等という四者間の連携・協力が不可欠といえる。

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ