ここからサイトの主なメニューです

資料2 幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について(答申案)

目次

4.課題の背景・原因
(1)社会全体や家庭・地域の変化
(2)学習指導要領の理念を実現するための具体的な手立て
(3)教師が子どもたちと向き合う時間の確保や効果的・効率的な指導のための条件整備
5.学習指導要領改訂の基本的な考え方
(1)改正教育基本法等を踏まえた学習指導要領改訂
(2)「生きる力」という理念の共有
(3)基礎的・基本的な知識・技能の習得
(4)思考力・判断力・表現力等の育成
(5)確かな学力を確立するために必要な授業時数の確保
(6)学習意欲の向上や学習習慣の確立
(7)豊かな心や健やかな体の育成のための指導の充実
6.教育課程の基本的な枠組み
(1)小・中学校の教育課程の枠組み
 1.小・中学校の授業時数の現状と国際比較
 2.小学校の授業時数
 3.中学校の授業時数
(2)高等学校の教育課程の枠組み
 1.高等学校教育の共通性と多様性
 2.年間の授業週数、週当たりの授業時数等
 3.必履修教科・科目の在り方
(3)学校週5日制の下での土曜日の活用
(4)発達の段階に応じた学校段階間の円滑な接続
(5)教育課程編成・実施に関する各学校の責任と現場主義の重視
7.教育内容に関する主な改善事項
(1)言語活動の充実
(2)理数教育の充実
(3)伝統や文化に関する教育の充実
(4)道徳教育の充実
(5)体験活動の充実
(6)小学校段階における外国語活動
(7)社会の変化への対応の観点から教科等を横断して改善すべき事項
 (情報教育)
 (環境教育)
 (ものづくり)
 (キャリア教育)
 (食育)
 (安全教育)
 (心身の成長発達についての正しい理解)
8.各教科・科目等の内容
(1)幼稚園
(2)小学校、中学校及び高等学校
 1.国語
 2.社会、地理歴史、公民
 3.算数、数学
 4.理科
 5.生活
 6.音楽、芸術(音楽)
 7.図画工作、美術、芸術(美術、工芸)
 8.芸術(書道)
 9.家庭、技術・家庭
 10.体育、保健体育
 11.外国語
 12.情報
 13.専門教育に関する各教科・科目
 14.道徳教育
 15.特別活動
 16.総合的な学習の時間
(3)特別支援教育
 1.特別支援学校
 2.幼稚園、小学校、中学校及び高等学校等における特別支援教育
9.教師が子どもたちと向き合う時間の確保などの教育条件の整備等
(1)教職員定数の改善
(2)教師が子どもたちと向き合う時間の確保のための諸方策
(3)効果的・効率的な指導のための諸方策
(4)教育行政の在り方の改善
10.家庭や地域との連携・協力の推進と企業や大学等に求めるもの
(1)家庭や地域との連携・協力の推進
(2)企業や大学等に求めるもの

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --