ここからサイトの主なメニューです

資料6 教育課程の基準の見直しと併せて検討すべき事項に関する論点案

 教育課程部会の「審議経過報告」や「第3期教育課程部会の審議の状況について」においては、学校教育の質の保証のためのシステムの構築にあたって、教育の目標実現のための基盤整備の重要性、高等学校以下の教育に大きな影響を与える大学入試の改善が指摘されている。

 また、教育課程部会での審議では、例えば、次の点に関し指摘がなされている。

  • 教員の指導力の向上のための方策
  • 学習指導要領の理念を実現するための条件整備の在り方
  • 学習活動の充実に向けて主たる教材である教科書の質・量両面での充実
  • 高等学校教育に大きな影響力をもつ大学入試の改善

論点1 学習指導要領の理念を実現するための基盤の整備

 これまでの議論を踏まえれば、学校教育の質の保証のための手立てとして、人的、物的、経費的な側面について、それぞれ整備・充実の方策が求められるところであり、今後、教育振興基本計画に関する検討の中で議論が深められるものと考えられる。
そこで、ここでは、教育内容・方法の質的充実に直接に関わる工夫改善の方策のうち例えば下記の事項について、具体的な改善策を検討することとしたい。
 いずれも重要事項であるが、これらの事項のうちで、特に重点的に取り組むべき事項はどれか。また、そのための具体的方策や工夫はどうあるべきか。

1.教員の指導力の向上

1)教員の養成や研修の充実

  • 教員養成課程における学習指導要領に準拠した実践的な教育研究の推進
  • 現職教員研修における実践的指導力向上のためのプログラムの充実
  • 教員が身に付けることが期待される資質能力の内容・水準の明確化 など

2)指導方法の改善

  • 習熟度別少人数指導の推進
  • 小学校高学年の教科担任制の推進
  • 思考力、表現力等の育成のための指導方法の確立
  • 優れた指導方法の共有化 など

2.教員の支援体制の整備

  • ボランティア等を活用し、教員の業務を恒常的に支援する体制の整備
  • 事務量の軽減、学校事務の共同化による効率化 など

3.教材や教育設備の整備

  • 教科書の質・量両面での充実
  • 学校図書の充実
  • 理科実験設備の充実
  • 情報化の推進 など

4.教育環境の整備

  • 学校が実施する放課後や休業日における部活動や補充学習の支援
  • 学校が実施する自然体験、社会体験、奉仕体験等に必要な条件整備
  • 放課後子どもプランその他学校外の学習活動の推進とその評価の在り方 など

論点2 高等学校教育との接続の観点からの大学入試の改善

 大学入試の学力検査において、思考力、表現力等を含めた総合的な学力を問うなど、高等学校以下において教育の目標としている学力に関する考え方との整合性を一層重視する必要があると考えられる。高等学校における幅広く調和の取れた教育を進めるため、大学入学者選抜において高等学校の教育活動の成果を適切に評価するための工夫改善をどのように進めるべきと考えるか。

  • ※ 学校教育法の改正により、小・中・高等学校において、基礎的な知識・技能の習得とともに、これらを活用し、課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力等の育成を重視する旨の規定が置かれた。
  • ※ 全国学力・学習状況調査において、「知識」を問う問題とは別に、「活用」について問う問題が出題された。また、国際学力調査においては、知識を活用する力を測定する出題がなされている。
  • ※ 大学側においては、これまで、二次試験において小論文・面接等を実施したり、国立大学協会がいわゆる5教科7科目入試を推進したりするなどの工夫を進めている。

 高等学校の段階の学習到達度の評価は、本来高等学校が行うべきであるが、結果として大学入学者選抜に依存している状況がある。高等学校自身、あるいは第三者機関が、高等学校での学習成果を適切に評価し、それを大学が選抜資料として広く活用するための仕組みを構築することも、課題として考えられるが、どのような仕組みや工夫が考えられるか。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --